1. Home
  2. 暮らし術
  3. 東京でひっそりスピリチュアル
  4. 増上寺:江戸城の裏鬼門は人間の「信仰心」...

東京でひっそりスピリチュアル

2024.06.08 公開 ツイート

増上寺:江戸城の裏鬼門は人間の「信仰心」で封じられている 桜井識子

神社仏閣を中心に、東京都内のスピリチュアルなおすすめスポットをまとめた書籍、桜井識子さんの『東京でひっそりスピリチュアル』。神様とお話しできる桜井さんだから書けた、驚きの新事実が満載の本書から、代表的なスポットをいくつかご紹介します。

*   *   *

増上寺:東京タワーが間近にのぞめるお寺

広大な敷地のお寺です。さんだつもんをくぐって境内に一歩入ると、その瞬間にどこからか、すがすがしく爽やかな香りがす~っと寄ってきました。その香りは仏様の波動を濃厚に帯びている特別なお香のようで、一瞬にして癒やされました。

心地よい歓迎をしてくれるお寺です。ほんわかとほのかに香る程度ですから、意識して受け取ろうとしなければわからないかもしれません。

三解脱門をくぐった正面には大殿があり、その後方には東京タワーがそびえています。私が行った時は大殿が補修中で覆われていたので、残念ながらお堂の外観は見られませんでしたが、そうでなければ一幅の絵のように見えると思います。

増上寺と東京タワー

大殿には阿弥陀如来ぞうが安置されていました。仏様までちょっと遠いのですが、1体しか置かれていないため、意識は集中しやすいです。質問をすれば、大きな阿弥陀さんが出てこられて、丁寧になんでも教えてくれます。

先に境内の説明からしておきますと、大殿の地下は「宝物展示室」になっていました。階段のところに「徳川将軍家墓所拝観共通券1000円」と書かれていて、徳川家墓所が拝観できることをここで知りました。予想外だったので、ヤッホー! と大興奮です。

というのは、増上寺は江戸城の裏鬼門だったという情報だけで、下調べなしで訪れていたからです。さすがに徳川家墓所があることは知っていましたが、まさか見られるとは思っていませんでした。なので、ここで一気にウキウキモードになりました。

江戸城の裏鬼門を守る増上寺

さて、ここで鬼門についてです。鬼門は知識として知っています。陰陽道おんみょうどうで、丑寅うしとら(北東)の方角は鬼が出入りする場所として、忌み嫌われてきました。鬼門と正反対の方角である未申ひつじさる(南西)も裏鬼門として、鬼門と同様に扱われてきました。

平安京の鬼門封じにえいざん延暦寺が建てられたということで、江戸城の鬼門封じ東叡山寛永寺が寛永2(1625)年に建てられました。神田明神も江戸城の鬼門封じとして、元和2(1616)年に移転させられています。そして、ここ増上寺は裏鬼門の守りだそうです。

調べてみると、幕府をひらく前に現在地に移転させられていて、江戸幕府がひらかれた2年後(1605年)に大造営が開始されています。この経緯から、裏鬼門となっているのはたまたまかな? と思いました(個人的見解です)。天海僧正が鬼門封じをしたり、江戸城にパワーを注入したりするのはもう少しあとだからです。

 

鬼門の方角に寺社を置くと、なぜ鬼門封じになるのか? というのが、私の疑問でした。鬼が神仏を怖がって、鬼門から入ってこないというのであれば、新しく建てたり移転させたりしなくても、すでにある神社仏閣で十分だと思います。鬼門の方角といっても、範囲はものすごく広いので、寺社はいくつもあるわけです。

けれど、鬼門封じとしてわざわざ特別に置くということは、鬼門封じの術か何かを、そのお寺、もしくは仏様に特別にかけるのかな? と考えてみたりもしました。その呪術パワーで鬼門を押さえるというか、鬼門を封じるというか、鬼門を消すのかもしれません。実際に何がどのように作用しているのか、そこを知りたいと思いました。

人間の信仰心が「魔」を跳ね返す

阿弥陀さんの説明によれば、鬼門は人間の「信仰心」で閉じることができるそうです。

「えええーっ!」と、考えてもみなかった答えにビックリしました。鬼門に置かれた神社仏閣の神様や仏様を信仰する人がたくさん集まることで、鬼門を消すと言うのです。それで大きい寺院や、人気がある寺社を鬼門にもってくるそうです。

着物で参拝をする女性のイメージ写真

この前年に私はたまたま、人間の信仰心には巨大なパワーがあるということを学びました。ですから、この説明も仕組みはすんなりと理解することができました。

信仰を持った人々がたくさん神社仏閣に来れば、神仏を敬い慕う気持ちがそこにいっぱいまります。常にその場に、その思いと言いますか、よい念がたっぷりとあるわけです。その清らかでピュアな、波動の高い信仰心の集まり(塊)が「魔」を寄せつけず、跳ね返すのです。つまり、お寺を置いたからといって、そのお寺が鬼門封じとなるわけではなかったのですね。勉強になりました。

関連書籍

桜井識子『東京でひっそりスピリチュアル』

生まれ持った霊能力に加えて修行により霊格を上げ、 神様とおはなしができるようになった桜井識子さん。 そんな桜井さんが、東京都のスピリチュアルなおすすめスポットを紹介して 大きな反響を呼んだ『東京でひっそりスピリチュアル』が文庫となって登場です! 持ち運びやすくなって参拝のおともにますますぴったり。 本書をポケットやバッグに入れて、パワー絶大な首都の神様仏様にぜひ会いに行ってみてください。

{ この記事をシェアする }

東京でひっそりスピリチュアル

神社仏閣を中心に、東京都内のスピリチュアルなおすすめスポットをまとめた書籍、桜井識子さんの『東京でひっそりスピリチュアル』。神様とお話しできる桜井さんだから書けた、驚きの新事実が満載の本書から、代表的なスポットをいくつかご紹介します。

バックナンバー

桜井識子 神仏研究家、文筆家

1962年広島県生まれ。霊能者の祖母・審神者の祖父の影響で霊や神仏と深く関わって育つ。1000以上の神社仏閣を参拝して得た、神様仏様世界の真理、神社仏閣参拝の恩恵などを広く伝えている。神仏を感知する方法、ご縁・ご加護のもらい方、人生を好転させるアドバイスなどを書籍やブログを通して発信中。最新単行本『ごりやく歳時記』のほか、『桜井識子の星座占い』『東京でひっそりスピリチュアル』『ごほうび参拝』『神様仏様とつながるための基本の「き」』『おみちびき死んだらどうなるの?など著書多数。

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP