1. Home
  2. 生き方
  3. 真木あかりの恋愛占い
  4. 2024年2月の恋愛占い

真木あかりの恋愛占い

2024.01.31 公開 ツイート

2024年2月の恋愛占い 真木あかり

愛を司る金星は、月の前半はやぎ座にあり、月の後半はみずがめ座に移動します。やぎ座は社会性を司る星座、みずがめ座は平等と博愛の星座。よって、この時期はお互いだけを見つめてどんどん進展していく愛というよりは、社会のなかでの愛の成立、多種多様なつきあいのひとつとしての愛、といった雰囲気が強まるでしょう。とんとん拍子に進むというよりは、じっくりと時間をかけて、仕事や人間関係のバランスを大事に育んでいくという意識がスムーズな恋の味方なのだろうと思います。

 

 

 



 

★おひつじ座
3.21~4.20

【恋愛運】
仕事がかなり忙しい時期。特に月の前半はキャリアに前向きな動きが起こりやすいですし、月末にも地道な努力が報われる展開が待ち受けています。恋においても自然と、キャリア観が相容れるか、お相手のワークスタイルに共感できるかどうかが無意識のうちに気になってくるかもしれません。

【カップルの人】
仕事のやりがいが大きい時期だけに、優先順位の一番上は常に仕事に。パートナーがワーカホリックの場合は一緒にいる時間が減ったり、仕事でドタキャンしたりされたりと、接点が減るかもしれません。ただ、互いのキャリアを理解し、応援し合える関係なら真摯に打ち込む姿が相手の心を打つことも多いでしょう。ただ、仕事に共感できていない場合は衝突の可能性はいつも以上。この時期の恋のケンカは、ヒートアップしがちです。関係を続けたいなら、早めに折れてみたいですね。

【シングルの人】
周囲から結婚について聞かれるなど、ちょっとプレッシャーを感じやすい星回り。でも、ご縁というものはベストなタイミングで訪れるということは覚えておけると素敵です。“そのとき”は、意外と早く訪れるかもしれませんよ。恋の予感はごくごく身近なところに。上司や取引先の人、友人など、「まさか」の人がストライクゾーン内に入ってくる可能性がありそうです。いいなと思ったら、少しずつ少しずつ距離を縮めていくのがよさそうです。

【障害のある恋に悩んでいる人】
先の見えない恋は「終わりにしてしまおうか」という考えがちらほらと浮かんでくるとき。お相手が現状維持を望んでいる場合は特に、誠意ある態度や意思表明を求めたくもなるでしょう。「このつらさをどうにかしたい」と身近な人に目を向けるのもいいけれど、中途半端な関係のままで心の穴が埋まることはないというのは、あなたも十分わかっておいでですね。寂しさに流されることがあったとしても、ちゃんと自分に戻ってきましょうね。

 

★おうし座
4.21~5.21

【恋愛運】
ずっと理想としていた状態が、気づけば意外なほど身近に……という展開が見られるかも。「理想が叶うはずがない」「どうせ頑張ってもムダ」などと、先回りして幸せをあきらめるよりも、「うまくいくかも」という思いも忘れずにいたいところです。下旬からは進展がゆっくりになりますが、ピンポイントでいいのは24日から26日にかけて。ここまでの努力が報われる暗示が出ています。

【カップルの人】
今まではなかなか気持ちに折り合いをつけられずに来たことが、自然に受け入れられるようになるなど心境の変化が起こりそう。相手が変わるというよりも、自分のなかで「こだわりすぎなくてもいいや」と思えるようになったりするのだろうと思います。これは決して、諦めではありません。「自分が我慢すれば丸くおさまる」といった、その場しのぎでもありません。考え尽くした、悩み抜いた、磨かれきった、その結果の「理解」なのだろうと思います。

【シングルの人】
肩の力がふっと抜けて、不思議な楽観が心に宿る予感です。「なぜ」「どうして」と、うまくいかないことへの問いが頭のなかでぐるぐるしていた人も、張り詰めた気持ちをふわっと緩めることができるでしょう。それが心の余裕につながり、これまでとは異なる出会いを招くことになりそうです。もし可能であれば、月の中旬までは趣味でも仕事でも「世界を広げる」ようなことをしてみませんか。中旬以降は仕事が多忙に。惹かれる人がいても、進展はゆっくりになる見通しです。

【障害のある恋に悩んでいる人】
「つらくても愛する意味」がわかるときです。だから出会ったんだ、だから愛したんだとここまでの流れに納得がいく人も多いでしょう。愛の純度が高まる分、相手からもそうした純度の高い愛を感じたくなる傾向も。ただ、仕事面でとても忙しい時期でもあり、ズバリそちらで気持ちがいくばくか、紛れます。愛を確かめたり深読みしたりするような苦しさからは、距離を置いておけるだろうと思います。

★ふたご座
5.22~6.22

【恋愛運】
一度ひとつのことにこだわり始めると、そこから抜け出せなくなるのが1月下旬から2月中旬にかけてのふたご座の恋。今、心配事をかかえている方は、しんどい気持ちも強まっていることと思います。頑張っていらっしゃいますね。思いを向ける方向を変えにくいのであれば、その強さを分散させるのもおすすめです。推しを愛でるなり、趣味や仕事に没頭するなりと、恋以外のことに分散させてみませんか。そのほうが、恋も不思議とうまくいくはずです。

【カップルの人】
結びつきがいっそう強まっていくとき。スキンシップを増やしたり、ふたりきりで語らう時間を多めに取ったりと、コミュニケーションをはかれると素敵です。ただ、お相手に疑念がある場合は、嫉妬心や執着心を燃やしすぎるとギクシャクする原因に。気分が穏やかでいられないときは、敢えて「合わない」のもいい選択になりそうです。月の後半は開放的に。未知のことにふたりでチャレンジしてみてもよさそうです。

【シングルの人】
気取らないトークが魅力のあなたですが、月の中旬頃までは「何を言うか」よりも「何を言わないでおくか」が大事に。特に、デリケートな気持ちを敢えて秘密にしておくことで、「もっと知りたい」という気持ちを抱かせることができるよう。月の後半は持ち前の好奇心が冴え渡るとき。面白そう、と思った場所や人が、今まで経験したことのないような恋に至るかもしれません。

【障害のある恋に悩んでいる人】
失うことの怖さが、これまで以上に強く感じられそう。ただ、自分で自分を追い込んでいる部分もあるので、「たられば」で考えすぎないことも大切です。ライバルがいる場合も、対抗心を燃やしすぎずにやって参りましょう。ときに「バレたっていい」なんて気持ちも浮かんでくるかもしれませんが、一時の衝動で行動しないほうがいいはずです。月末、「これからのふたり」について、何らかの結論が見えてくる人も。

★かに座
6.23~7.23

【恋愛運】
月の前半はパートナーシップ運が好調に。この時期、主導権を握っているのはあなたですから、積極的にお相手と言葉を交わしてみるといいでしょう。月の後半は若干、思い込みが強くなる予感も。相手の言葉を深読みしたり、行動に実際以上の意味づけをしてしまったりすると、結局は自分が一番つらいということに。好きであれば、考えてしまうのも当然のこと。だからこそ、そうした自分に気づいて軌道修正していけるといいですね。

【カップルの人】
17日までは結婚に至るチャンスが巡ってきやすい星回り。お相手が今ひとつ煮えきらない場合は特に、13日までに話す機会を持ってみるといいでしょう。もちろん強く出過ぎるのは良くありませんが、今まではできなかったような深い、デリケートな話もできるはずです。ふたりに合ったパートナーシップを、あなただけが決めるのではなく、ふたりで一緒に探していけるといいですね。

【シングルの人】
17日まではチャンスが多そう。あなたの気持ちと呼び合うように出会いの機会も生まれますから、行動範囲を広げてみるといいでしょう。気になっている相手がいる場合は、あなたがリードするつもりで話しかけたり、お誘いしてみたりするとよさそうです。なお、相談事を持ちかけたり、持ちかけられたりすることもグッと距離を縮めるきっかけに。仕掛けられそうなことがあれば、積極的に挑戦してみてはいかがでしょうか。

【障害のある恋に悩んでいる人】
月の前半は順調です。愛を感じる瞬間は多いでしょうし、ホンネで話せる暗示も出ています。相手を気遣って、ずっと心のなかにしまってきた大切なことも、今なら伝えたり、質問したりできるのだろうと思います。この時期、気をつけたいのは関係が明るみに出ること。「このくらい、大丈夫なはず」と気を緩めてしまうと、よくありません。楽しい時間ほど、少しの自制心を大切にしましょう。

★しし座
7.24~8.23

【恋愛運】
月の上旬は人の役に立てる時期。「手伝おうか」「ついでにやっておいてあげるよ」などと、日常生活の雑事をサポートしてあげると、それが進展のきっかけになったり、絆が強まったりする予感です。もしかすると、あなたが手伝ってもらう側で、いい感じの雰囲気になるのかもしれません。「手伝おうか?」などと声をかけられると、つい「悪いからいいよ」などと言い返してしまいがちな人もいらっしゃるでしょうか。この時期は「ありがとう!」と返すようにしてみると、愛に追い風が吹きます。

【カップルの人】
助け合いを意識するといい時期。お相手のせいでちょっと面倒な事態が勃発したとしても「お互いさまだよ」と気持ちよく許してあげると、これまで以上に絆が強まっていくはず。その他、今月はいつも以上に会話も増えそう。話し合いや相談は、積極的に機会を設けてみるといいでしょう。冷静に話し合いたいなら月の前半、衝突も恐れず本気で向き合うなら月の後半がおすすめ。10日前後、新たな「約束」を交わす人も。

【シングルの人】
出会いが期待できるのは9日から10日にかけて、それから17日以降です。結婚も自然と視野に入ってくるような素敵な人と出会える可能性が高いでしょう。背伸びすることなく、さりとて相手を甘えさせるでもなく、対等な視線で恋が始まるのがこの時期の特徴。気持ちを伝えるなら、5日から23日までの間で伝えてみると、あなたの気持ちがしっかりと伝わるはずです。

【障害のある恋に悩んでいる人】
おそらくですが、あなたはご自分で思っている以上に、たくさんのことをお相手に「してあげられている」のだろうと思います。欲をいえばきりはありませんが、「できないこと」を数えるよりも「できること」に目を向けていけたら素敵です。月の中旬以降、愛を感じる瞬間が訪れる暗示もあります。こんなことを申し上げたら叱られてしまうかもしれませんが、新たに気になる方ができる、という可能性もあるでしょう。

★おとめ座
8.24~9.23

【恋愛運】
月の前半はハッピーが弾けるとき。これまであれこれ考えすぎて守りに入っていた人も、いよいよ「機が熟す」予感です。カップルも、恋を探している途中の人も、今は悩みのなかで右往左往してしまっている人も、自分らしさを取り戻していきましょう。特に月の前半は、自分から行動を起こしてこそうまくいきます。勇気を出して、一歩踏み出してみませんか。月末、恋に限った話ではありませんが、ここまで頑張ってきたことが実りそうな予感も。頑張った自分に、感謝したくなる人は多いはず。

【カップルの人】
デートが盛り上がる好機です。今、ふたりが一番ワクワクする場所を話し合って足を運んでみるといいでしょう。初めて出会った頃のようなときめきが戻ってくる人は多そうです。やるべきことが多く、ちょっとバタバタしそうな月でもあるのですが、ひとりで頑張ろうとしすぎなくて大丈夫です。ときには「手伝って!」「お願い!」とお相手の力を借りることが、愛に前向きな動きをもたらしてくれるだろうと思います。

【シングルの人】
1月下旬に到来したモテ期が17日まで継続中。このモテ期は、待ちに徹していると「なんかちょっといい感じ?」くらいで終わることも。望んでいた出会いや、好きな人との接点をつかみたいのであれば、自分から動くことがトリガーになります。話しかける、人が集まる場所に顔を出す、グループで遊びに行くなど、あなたがワクワクするようなことにはできるだけ多くトライしてみてください。同じノリを共有して笑い合えるような人がいたら、その人が“運命の人”になりうるかも

【障害のある恋に悩んでいる人】
「今から会えない?」「通話できる?」と連絡が来るなど、情熱的な展開が起こりやすいのが月の前半。少し心の距離ができてしまっている人も、LINEでメッセージのラリーが続くなどいい時間が過ごせるでしょう。“この先”が気になっても、“今この瞬間”を楽しむことは何より大事です。逆に言えば、“今この瞬間”すらも楽しめない状態になってしまっているようであれば「自分のために、お別れを選ぼう」という気持ちになってくるかもしれません。

★てんびん座
9.24~10.23

【恋愛運】
9日から10日にかけては恋に新展開がもたらされそうな予感。恋を探している人には新たな出会いが、カップルにはとびきりワクワクするような時間がもたらされる可能性が高いでしょう。ただ、月の上旬は守りに入りがちな心境の時期。「確信が持てない」などと起こったことにピンと来ない、一歩踏み出す勇気が出ない人も多いでしょうか。ただ、心が動いたなら運も動きます。その場合、月の後半になって一気に動きが出てくるでしょう。

【カップルの人】
月の上旬は家族イベントが多そう。「一緒に住もうか」という話が出たり、親に紹介する流れになったりと、相手の真剣さを改めて感じることになるかもしれません。お互いにとってベストなパートナーシップを、よく話し合って決められると素敵です。そこまで関係が深まっていないふたりの場合は、おうちデートが盛り上がるでしょう。月の後半は弾むような楽しい雰囲気に。テーマパークにスポーツ観戦、ライブなど、ドキドキを共有できるイベントは恋を後押ししてくれるでしょう。

【シングルの人】
月の前半は、「灯台下暗し」という言葉があるように、恋のチャンスはごくごく身近なところにありそう。幼馴染とか同級生、ずっと一緒に仕事をしてきた人など、親しい人の良さに気づけるときです。逆にいえば、単独参加した婚活パーティーや、さして親しくもない仲間と参加する合コンでは、守りに入るばかりであなたの良さが伝わらない暗示も。月の後半は開放的な気持ちになれるので、新規開拓はこの時期がおすすめです。

【障害のある恋に悩んでいる人】
家庭をつくることへの思いが強まる時期だけに、それが叶わない関係だと足元がグラグラするような不安に陥ったり、フラストレーションを感じたりするのかも。その不満を相手にぶつけると、出口のない言い争いになりやすいので注意したいところです。棘のある言葉よりも、その奥にある「好き」という気持ちを、ストレートに伝えたほうが関係はよくなりやすいよう。それでも、月の後半は愛を感じる瞬間も多いでしょう。

★さそり座
10.24~11.22

【恋愛運】
月の前半は社交が盛り上がる時期。仕事でもプライベートでもアクティブに行動を起こし、それが恋を後押しするスパイスになるかもしれません。月の後半は守りに入りがちに。「もう不安にさせるような人は嫌」と、一緒にいるとホッとする人に目が向くことも多いでしょう。安心したいだけなのか、愛なのかは区別する必要はあるでしょうが、さそり座のあなたなら間違えることはないのだろうと思います。愛と思える人しか、心には入れないはずですから。

【カップルの人】
月の後半はお出かけが盛り上がりそう。近場のスポットでのカジュアルデートは好奇心の分だけ、思い出をたくさん作れそうです。月の後半は「一緒にいたい」という気持ちが強まるとき。お互いにひとり暮らしの場合、この時期に半同棲状態になったり、「そろそろお互いの親にあいさつを」という話が出たりしやすくなるでしょう。そこまで進展しているわけではない場合、出会う前の思い出の場所を、お互いに案内し合うといいでしょう。自分は知らない相手の姿を推し量ることで、愛や理解が深まっていくはず。

【シングルの人】
恋は会話をきっかけに盛り上がりを見せるとき。「私も同じ!」「私も同じ習い事やってた!」などと、共通項をきっかけに盛り上がる時期ですから、いいなと思う人がいれば前向きに会話をしてみるといいでしょう。あなたの質問力が、盛り上がりにプラスとなるはずです。月の後半は秘密主義があだとなり、お相手に「脈ナシかな?」などと思わせてしまう予感も。できれば「嬉しい」「楽しい」はマメに伝えて、一緒に前を向けるといいですね。

【障害のある恋に悩んでいる人】
深い話はスルッと避けられてしまうものの、気取らない雑談で盛り上がりそう。メッセージのやり取りも、今までよりずっとスムーズなはずです。お相手の子ども時代の話や故郷のこと、家族のことなども話題にのぼるでしょう。「だから好きになったんだな」「だから、この人はこういう考え方になったんだ」などといった思いが、揺らがない愛の土台になるでしょう。あなたも、家族の話をしてみてもいいだろうと思います。

★いて座
11.23~12.21

【恋愛運】
大いなる楽観の星のもとに生まれたいて座さんですが、この時期に追い求めるのは「現実」。フワフワした恋の喜びとはまた別のところで「この人と一緒になると、生活はどうだろう」とか「この年齢差だと、どんなリスクが考えられるだろう」などとシビアに関係性を見つめる、冷静な自分がいます。ただ、それは「相手に養って欲しい」とか「下方婚は嫌」といった、打算的な発想ではありません。お互いに笑える未来があるだろうかという、限りなく前向きな目線なのだろうと思います。

【カップルの人】
金銭感覚の違いや、美的センスの差に「!」とアンテナが立つ予感。といっても、これは相手がいけないとか、あなたが計算高いというわけではないはず。その違いを埋めるのか、それとも提案によって良くしていくのか、あなたの想像のなかにはさまざまな楽しいシミュレーションが繰り広げられることになるでしょう。ただ、仮に「無理!」と思ったときは、急速に冷めてしまう可能性もあるでしょう。まずは、しっかり話し合えると素敵です。

【シングルの人】
新たな出会いが多いとき。特に期待できそうなのは、たとえば仕事関連の研修やセミナーなど学びの場。SNSつながりでも、自分の身近にはいないような面白い人との出会いが期待できそうです。ただ、友達関係にはすぐなれても、そこから恋に進展するきっかけが今はつかみにくいよう。先を急ぐよりも、まずは友人・知人としてたくさんコミュニケーションを取ることが、将来の発展につながっていくはずです。

【障害のある恋に悩んでいる人】
この世に相手の存在があること、相手を思うと強くなれること──など、愛の喜びはたくさん思いつくものの、会えないことや先が見えないこと、関係が現状維持のまま年齢が上がっていくことなどのデメリットに思考が持っていかれがちに。ただ、それもあなたの飾らないホンネなのですから、自分を責めたりはしないほうがいいでしょう。「終わりにするべきかも」などと冷静な発想が浮かんでいた人にとっては、納得のいくかたちで踏ん切りがつくはず。

★やぎ座
12.22~1.20

【恋愛運】
17日までは恋の季節。普段はなかなか勇気を出せずにきた人も、月の前半は「よし!」とばかりに自分の幸せをつかみ取るべく行動を起こすことができるでしょう。自分磨きは何よりの恋の後押しになります。運は「先取り」が基本ですから、春に着たい服を買ったり、春の新色コスメを買ったりするのもいいでしょう。第一印象がよくなるばかりでなく、自分への自信という意味でもプラスとなるはずです。

【カップルの人】
月の前半は愛と情熱の時期。お相手の愛情を再確認したり、いてもたってもいられず相手のために動いたりと、相手の存在感がますますあなたのなかで増していきます。この時期はケンカも起こりやすいのですが、お互いの気持ちが確かなものであれば「雨降って地固まる」になるはず。だからといって何を言ってもいいというほど単純なお話でもないのですが、今だから言葉にできるホンネも多いのでしょう。月の後半は愛の「見極め期」に突入。今まで見えなかった、価値観の違いに気づけるかも。

【シングルの人】
あなたが知らないところで、あなたの存在が「目に焼き付いて離れない」などと感じている人がいそうです。見た目ばかりで判断する人もいないでしょうが、小綺麗にしておくとその分、人の視線を集めたり、「あの人は話しやすそうだから、声をかけてみよう」と思われたりするのだろうと思います。ずっと恋をお休みしている人であれば、髪型を変えるだけでも大分流れが変わってくるはず。おでこを出すヘアスタイルが◎です。

【障害のある恋に悩んでいる人】
「愛されているな」「大切に思ってくれているんだな」と実感できるとき。お相手以外に、それとなくアプローチしてくる人もいるのかもしれません。誰の手を取るかは、あなたしだいです。そんななか、今月末は「自分の心の、一番深いところを見る」ようなことも起こるのかもしれません。その結果、「もう愛し尽くした。やりきった」と、恋を終わりにすることを考える人もいるでしょう。その場合は、悲しみや喪失感ばかりではなく「出会えてよかった」という、満たされた感謝の気持ちも、同時に生まれているのだろうと思います。

★みずがめ座
1.21~2.19

【恋愛運】
1月、水面下で起こっていたことが次々と全貌をあらわにしていきます。「自分で自分がわからない」とモヤモヤしていた人は気持ちをちゃんと言葉にできるようになりますし、フラストレーションばかりを感じていた人は、解消に向けたアクションを起こすことができるでしょう。愛することに積極的になれなかった人も、月の後半には動き始めることができます。「何もしなかった時間」が、大いなる「傷ついた魂を癒やす時間」だったのだと再確認する人も多そうです。

【カップルの人】
話したいことが次から次へと心に浮かんできます。うまく言えなかった気持ちも、今ならぴったりの言葉が見つかるのでしょう。「何を今更」と思っても、気持ちは言葉にしなければ、相手に伝わることはありませんね。伝えることがトリガーとなって、愛に新たな転機がもたらされる暗示も出ています。月の後半は特に、お相手の愛を再確認するようなシーンも、幾度も訪れるのだろうと思います。

【シングルの人】
17日から3月12日まではモテ期。持ち前の魅力がいつも以上に輝くのみならず、あなたの努力や言動が注目を集める暗示も出ています。人づてに「??さんがあなたのことが気になっているらしいよ」などと聞こえてくることも。いろいろな人とかかわって、チャンスをつかんでいけると素敵です。イメチェンも◎。憧れていたヘアスタイルやファッションに挑戦することで自信が生まれ、それがさらに魅力を後押しすることもあるでしょう。

【障害のある恋に悩んでいる人】
いろいろな人と話すなかで「幸せになれる恋をしたっていいんだ」という気持ちが生まれるかも。今の関係のみならず、自分が本当に幸せと感じる愛やパートナーシップに関心が生まれるのです。月の後半、思いもよらない人からお誘いを受けるなどして、新たな幸せのストーリーが始まる人も。寂しさを埋めるための宿木ではなく、本当に手にしたかった幸せを一緒に作っていける──そんなふうに思えるのであれば、気持ちの整理をつけて次に進んでみませんか。

★うお座
2.20~3.20

【恋愛運】
多様な人間関係に囲まれる、にぎやかな2月のスタート。自分とは違う生き方やパートナーシップ観に、目からウロコが落ちる人も多いでしょう。恋というのは大事なテーマですが、たくさんある人間関係の一部なのだと、改めて感じることも多そうです。そういう時期だけに、お互いの気持ちを深く掘り下げるというよりは、ライトな交流が向くでしょう。フレンドリーで風通しのいい関係が、築かれていきます。

【カップルの人】
カップルで仕事関係のイベントに参加したり、ホームパーティーを開いていろいろなゲストを呼んだりと、たくさんの人のなかでふたりの関係を強めていけるとき。ふたりきりで過ごすのも素敵だけれど、仲間と談笑するなかでお相手の気配りに惚れ直したり、知人からお相手の話を聞いたりと、いろいろな角度からお相手を理解できるのだろうと思います。月の後半は、ちょっと気持ちがデリケートに。「ひとりでいたい」と思うときは、離れて過ごすのも前向きな選択となります。

【シングルの人】
中旬までは友人・知人からの紹介でいいご縁が巡ってくるとき。できるだけ早いうちに「こういう人がいたら紹介して」と周りに伝えておくといいでしょう。カギは、いいパートナーシップを築けていたり、シングルでものびのびと楽しく生きていたりする人にお願いすること。そういう人につないでもらったご縁は、伸びやかに可能性を広げてくれるはずです。23日以降は社交的に。ただ、1ヶ月を通して、この時期は進展がゆっくりです。急がずにやっていきましょう。

【障害のある恋に悩んでいる人】
なんとなくモヤモヤ、思い悩んでしまいがちに。何か悪いことが起きるというよりも、あなたの心がデリケートに傾きやすい時期だからです。無理はせず、心をいたわって過ごしましょう。この恋を相談できる友達がいる場合、その人が恋の対象となるなど意外な展開も。それもいい選択となるはずですが、話を進めるならばまず、しっかりとお別れを告げるところからです。

 

 

 

関連書籍

真木あかり『2024年上半期 12星座別あなたの運勢』

◆ウェブや女性誌で大注目の占い師、真木あかり先生による、2024年上半期(1月~6月)の星占いです。ウェブマガジン「幻冬舎plus」で公開されている全体運に加えて、本作品では「仕事運」「恋愛運」などカテゴリー別の占いもお楽しみいただけます。全体の流れに加えて月ごとの運気の動きも詳しく解説いたします。◆購入者特典として、2024年上半期の流れがわかる「注目日カレンダー」もお楽しみいただけます。(完全版のみの特典です)◆恋愛運・仕事運では月ごとの運勢の動きも徹底解説◆12星座別「今がつらいあなたへ」メッセージを収録◆スマホやPCに入れていつでも持ち歩ける、心のお守り本です。

{ この記事をシェアする }

真木あかりの恋愛占い

人気占い師・真木あかりさんによる恋愛占い。カップルの人・シングルの人・障害のある恋に悩んでいる人と、3つの状況別に、毎月の恋愛運を占います。(毎月最終日に更新します)

15日公開で真木あかりさんのコラムもお楽しみいただけます。

バックナンバー

真木あかり

大学卒業後、フリーライターを経て占いの道へ。『辛口誕生日事典 2018』『悪魔の12星座占い』(宝島社)など著書多数。LINE占い「チベタン・オラクル」監修。個人鑑定も行っている。

Blog http://makiakari.hatenablog.com/
Twitter @makiakari

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP