1. Home
  2. マンガ
  3. 解剖医・今宮准教授の推理
  4. 解剖医・今宮准教授の推理【蓮池浄土 第6...

解剖医・今宮准教授の推理

2024.01.15 公開 ツイート

解剖医・今宮准教授の推理【蓮池浄土 第6回】4人の被疑者 沢田ひろふみ

前回から読む)

(次回へ続く)

関連書籍

小松亜由美『誰そ彼の殺人』

【漫画原作】仙台、杜乃宮大学・法医学教室。解剖技官の梨木楓は、上司で准教授の今宮貴継とともに警察から届く死体を日夜、解剖する。彼らが直面するのは、沼の中の顔面破壊・手足切断の死体、温泉での不審死体、ひき逃げされ放置された女子高生など悲惨な人間の最期だ。事故か、殺人か。二人は細胞の一つ一つまで検分し、犯人さえ気づかぬ証拠にたどり着く。

沢田ひろふみ/永井一章/小松亜由美『解剖医・今宮准教授の推理 1』

俺は探偵じゃない。解剖屋だ! <episode1.>仙台の国立大学・杜乃宮大学医学部法医学教室。解剖技官・梨木楓は、上司である若き准教授・今宮貴継とともに日夜、警察から運び込まれる身元や死因が不明の死体を解剖している。ある日、彼らに、温泉旅館で不審死した東京の出版社の文芸編集者の不審死の知らせが届き、現場に駆けつける二人。そこには、かなり肥満した男の悲惨な異状死体があった。事故か殺人か――。待望の漫画単行本化、第1巻!!

{ この記事をシェアする }

解剖医・今宮准教授の推理

凄腕でサディスティックな解剖医・今宮貴継(いまみやたかつぐ)と、助手の解剖技官・梨木楓(なしきかえで)は、日夜、警察から運び込まれる身元や死因が不明の死体を解剖する。声なき声をあげるこの遺体は、事故か殺人か。細胞の一つ一つまで検分し、犯人さえ気づかぬ証拠にたどり着く……。『誰そ彼の殺人』(小松亜由美、幻冬舎文庫)を完全漫画化!!

バックナンバー

沢田ひろふみ

1964年生まれ。漫画家。主な作品に『山賊王』、『遮那王義経』(第28回講談社漫画賞少年部門受賞、2004年)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP