1. Home
  2. 生き方
  3. 真木あかりの恋愛占い
  4. 2023年1月の恋愛運

真木あかりの恋愛占い

2022.12.31 更新 ツイート

2023年1月の恋愛運 真木あかり

2023年の1月は全体的にスロースタート。情熱を司る火星が13日まで、コミュニケーションを司る水星が18日まで逆行する関係で、情熱が内にこもって不完全燃焼気味になったり、メールやLINEのやりとりに時間がかかったりしやすいでしょう。「そういう時期」と思って、ゆったり構えていることがまずは大事なのかなと思います。月末には調子が戻ってきます。世の中全体として、愛情面に求められるものは自分らしさ。女らしさ、男らしさといった固定概念に寄りすぎたアプローチは、思ったよりも伝わりにくいかもしれません。

 



★おひつじ座
3.21~4.20

【恋愛運】

自由でとらわれない雰囲気がある時期。本来ならSNSやアプリでの交流やご縁に追い風が吹くときなのですが、ネットやコミュニケーションを司る水星が月の大部分で逆行しているので、コミュニケーションには時間がかかると思っておくといいでしょう。「頑張っているのに報われない」と思ったときは、運気の流れに乗れている証拠。……ということは、良くなればあとは一気にスムーズにいく可能性も高い、ということなんですよね。

 

【カップルの人】

フランクなかかわり方がベストな時期。愛やコミュニケーションを深く掘り下げるよりも「なんかいい感じ」くらいのライトな感覚を共有するといいでしょう。一緒に趣味を楽しむ、友達カップルと一緒にみんなで集まるといったこともプラスとなります。軽やかな付き合い方を楽しんで。ジェンダーにとらわれない自由な発想は、強く主張するよりも「こうしたほうが楽しいよ」という提案で。

 

【シングルの人】

「まずは友達から」などとライトなつながりを作るつもりでいるとうまくいくことが多そう。返信の速さやコミュニケーションの量ばかりで脈アリ/ナシを判断しようとすると、ぴったりの人を見極めにくいかも。タイミングが合わないな、全然連絡くれないってことは「ナシ」かなと心配が募ったときは、「月末まで様子見」という作戦でいるとこの時期の恋愛運に沿った動きができるでしょう。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

情熱や誠意、愛する気持ちが少し空回りしているように感じやすいかも。頑張っても頑張っても、手応えがない日々というのはしんどいですね。月の下旬には停滞感が強そうなのですが、仕事つながりでお付き合いに至ったおふたりで、しばらく合えずにいる方であれば、仕事で再会できる暗示も出ています。仕事に打ち込む姿が、お相手の心を打つことも。

 

★おうし座
4.21~5.21

【恋愛運】

時間をかけて恋が前に進む時期。あなたを取り巻く環境が非常にゆっくりとしていることに加え、あなた自身もいつも以上に慎重です。おうし座の人はもともとが「本当に相手を愛し続けられるかどうか」という点においてかなり慎重なのですが、この時期はその傾向がいっそう強まるのでしょう。ただ、普段は見えない相手のお気持ちがふと、垣間見える瞬間もあるだろうと思います。

 

【カップルの人】

仕事観、キャリア観に共通点があるふたりだと、スキルアップについての考え方や努力したい方向性が共有でき、愛が深まっていく予感。もどかしさもまた、お互いが一番の味方であることを再確認する要素となるでしょう。一方、お互いの仕事へのスタンスがまるで違う場合、多忙さが溝につながりやすいかもしれません。いつもより丁寧にコミュニケーションを取り、仕事の話よりもプライベートの話を共有したほうが楽しい時間になりそうです。

 

【シングルの人】

仕事で「この人、すごい……!」と感銘を受けた経験が恋につながるかもしれません。自分にはなかった仕事観、人と向き合う姿勢など、尊敬の気持ちがいつしか愛に変わるのでしょう。年上の人がやけに頼もしく、素敵に見える時期ではありますが、自分にないものを過度にすごいと思っている」可能性もなくはないでしょう。月の後半は、自分の気持ちをしっかり判断できるようになる時期。愛なのか憧れなのか、セルフチェックしてみるといいでしょう。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

仕事つながりのおふたりであれば、これまで以上に思いが高まっていきます。ただ、どんどん前に進むという時期ではありません。じわじわと噛みしめるように、今を味わうときだからです。不安な気持ちが高まっても、自分らしくない行動に出ると不本意な結果に陥ることもあるかもしれません。もどかしさを感じたときは、お相手ではなく自分と向き合うときと思ってみて。

 

★ふたご座
5.22~6.22

【恋愛運】

持ち前の好奇心や「問題を見つけ、それをとことん追求する力」がスパークします。この時期の愛は行動や言葉よりも、あなたの内側での動きが最も活発になります。表立って何かをすることは少ないので、落ち着いたオトナの余裕と受け取られることも多いでしょう。相手によって「おっとりしている」「行動力が今ひとつ」などと判断は変わるかもしれませんが、あなた自身は考えることが楽しいのだろうと思います。

 

【カップルの人】

「愛とは何か」「今の時代、結婚する意味とは」などと、愛を巡ってさまざまな思考を積み重ねていくとき。あくまで自分のなかで、自分を納得させるためにあれこれ考えるようになります。パートナーの行動や言葉から知的な刺激を受けたいという気持ちも強まるため、どこかパートナーの考えや行動を「ジャッジ」したくなるのかもしれません。ただ、恋はふたりで感じるもの。面白い/面白くないとジャッジするよりも「面白くする」と自分の課題に落とし込んでみると、発展性のある関係にしていきやすいでしょう。

 

【シングルの人】

自分にとって「アウェー」のコミュニティに身を投じてみると、チャンスがつかみやすいときです。異業種・異職種の人が集まる場所に行ってみる、いろいろな国の人が集まるパーティーに参加するなど、さまざまなカルチャー楽しんでみるといいでしょう。合コンのように、接点も何もない人たちとの食事会や飲み会もプラスに。世界を広げてくれるような人に注目を。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

お相手から、あるいはこの恋から学ぶことが多いとき。「恋とはこういうもの」というこだわりがさっぱりとなくなり、純粋に「好き」だけで動けるようにもなるのでしょう。ただ、思いが高まりすぎると「ダメになってもいいから真実が知りたい」「危険とわかってはいるけれど、動かずにはいられない」などと極端な発想に向かいがちな時期でもあります。自制心は少し、意識しておいたほうがよさそうです。

 

★かに座
6.23~7.23

【恋愛運】

体も心もつながりたい、愛を確かなものとして実感したいという気持ちがにわかに強まってきます。言葉よりも、ぬくもりと安心感を求めたくなるのです。その願いが真摯であればあるほど失うことへの怖さが募っていくので、仮に今がうまくいっていたとしても「もし突然ダメになったら……」などとネガティブな想像ばかりしてしまうかも。事実と想像は切り分けることを意識したほうが、気持ちも現実も楽であろうと思います。

 

【カップルの人】

連絡しても返事が帰ってこなかったり、Yes/Noが曖昧なまま待たされたりと、コミュニケーション面で停滞感を覚えることが多いかもしれません。ただ、それも一時的なこと。相手の気持ちが見えないときも、月の下旬になれば改善すると思っておいて。束縛めいたことは、言わないほうがベター。そんなに重たい言葉を選んだつもりはなくとも、重さを伴って伝わりやすい時期です。

 

【シングルの人】

今、心にぽっかりと穴が空いたほうな寂しさを感じている人は、そうした気持ちにつけ込んでくるような相手を引き寄せやすくなっているので要注意。体の関係から始めてしまうと、高確率で望まない状態が続いていきやすいでしょう。いいなと思っても、まずは信頼関係を築くことを目指してからと決めておくといいでしょう。曖昧な関係が続いている人は、そろそろ解消のとき。あなたが本当の意味で幸せになるために、まずは身辺の整理整頓をしたいですね。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

相手への思いが一層高まっていきます。会えないことを受け入れざるを得ない状況にある人は、そのことがこれまで以上につらく感じられるかも。ライバルがいる場合は嫉妬の度合いも高まり、苦しいほどの感情になることも。お相手に将来の約束を取り付けたり、ちゃんと行動に移してくれているかどうか確かめたりするのは、お相手を追い詰めるだけかもしれません。もし思いが高まりすぎて自分らしくない行動に出てしまっているときは、まずは深呼吸を。ちょっとだけ恋から離れてみるのも、いい関係を続けていくためには必要なのだろうと思います。

 

★しし座
7.24~8.23

【恋愛運】

恋愛運が上昇。といっても、この時期のしし座は決して、いわゆる「恋愛運がいい時期」から連想されるような、フワフワとした感覚はあまり強くないでしょう。どちらかというと地に足のついた愛であり、真面目な思いやりであり、自分も相手も尊重しようという「決意」なのだろうと思います。未来なんて見えなくても、愛するという強い石を持てる人も、多いはずです。

 

【カップルの人】

生活の随所に愛を感じるとき。あなたがお相手を愛する気持ちが高まるのはもちろん、お相手の気持ちもしっかりと感じ取ることができるでしょう。ただ、もし子どもっぽい甘えが先に立つばかりだったり、「大事なことと打ち明けたいけどれど、それで終わってしまったりするのではないかと不安すぎて話せない」などといったテーマがあったりする場合、生活の思わぬところで衝突が起こり、それらの課題に向き合わざるを得なくなるのかも。そのときは、心を決めて。

 

【シングルの人】

真剣にお付き合いができる人とだけ、つながるときです。逆にいえば、遊びだったりお試しだったりといった軟弱な関係を求める人は寄ってこないので、そうした意味で「チャンスが少ない」と感じることもあるのかもしれません。その場合は、信頼できる人からの紹介がベター。先輩や親友に紹介をお願いするのは、いい選択であろうと思います。お互いに良い関係を作っていけるお相手であれば、とんとん拍子で話が進むはず。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

「きちんとしたいのに、できない」「白黒はっきりつけたいのに、かわされてばかり」といった、突き詰められない気持ちを持っている人は、それが許せない、耐えられないといった気持ちにつながりやすいかもしれません。自分の未来を確実なものにするために、相手を静かに追い詰めるようなことを言ってしまう暗示も。もしもきちんと話し合いたいと思っているなら、今月はちょっと“待ち”の姿勢でいたほうがベター。2月11日以降に場を設けたほうがいいでしょう。

 

★おとめ座
8.24~9.23

【恋愛運】

言葉よりも行動、の時期になるだろうと思います。もちろん「言葉も行動も」というのがベストというのは申し上げるまでもないことですが、それは月の下旬以降のお話。中旬までは、愛は行動に宿るものと思っておくとよろしいかと思います。そして「言いたくてもうまく言えない」「伝わっているかどうかわからない」という気持ちが生まれたときは、そこでうまいことやるエネルギーが今は行動に集中しているのだと思ってみると、よろしいのかなと思います。

 

【カップルの人】

お相手のためにしてあげられることが多そうです。家事をかわりにやってあげたり、仕事を手伝ってあげたりと、あなたの細やかな心配りがいつも以上に光ることでしょう。ただ、先回りして進めてしまうとズレが生じやすいときです。せっかくの思いやりも「いや、そこまでは……」となってしまったら、ちょっぴりもったいないですね。特にあなたのほうがしっかり者である場合はなおさらです。「こうしてあげたい」というアイデアは、まず相談する。そのことをぜひ、頭の隅にでも留めておいてください。

 

【シングルの人】

困っている人に助け舟を出したり、仕事や勉強を教えてあげたりといったことが恋のきっかけになりやすいときです。すぐに進展する時期ではありませんので、今はまだ「これが恋につながるかもしれないなんて、何も想像できないな」などと感じられるかもしれませんが、「助けてあげてもいいな」と思うときは、どんどん動いてみるといいでしょう。あなたが動くことで、運命にも変化が起きます。巡り巡って、ご縁につながるでしょう。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

あれこれ世話を焼いてあげたくなるでしょう。日常のなんでもないこと──ありあわせのものでパッと料理を作ってあげたりとか、居心地のいい空間を作ってあげたりとか──をお相手と共有できたら、という思いが強くなるときです。できない場合はもどかしさばかりが募るかもしれませんが、月の下旬には会話も増えてくるでしょう。それとは別に、元恋人と再会しそうな暗示も出ています。心当たりがある方は、そこから始まる物語もあるかもしれないということを、ちょっと頭の隅にでも入れておいてください。

 

★てんびん座
9.24~10.23

【恋愛運】

恋愛を司る金星が恋を後押しし、幸運を司る木星がパートナーシップを後押しするという、ラッキースターふたつのサポートが恋愛運を盛り上げる月。ただなんとなくモッサリとした雰囲気で、なぜか周囲の反応を気にしたり、プライドが邪魔をして素直に振る舞えなかったりといった具合で停滞感を覚えやすいでしょう。ベースの運としては良いのだということを念頭に置いて、どんなときも楽しんで。

 

【カップルの人】

愛情運は問題ナシ。楽しい時間が多く持てますし。絆がいっそう強まりつつあることも実感できる瞬間がいくつもありそうです。ただ、家族への紹介のことを考えると迷いが生じたり、まわりの人からの反応はと思ったり、お相手以外のことを考えてモヤモヤ。でも、あなたはそれらがノイズであることもわかっているはず。結婚はふたりだけの問題ではない、というのもまた事実ではあるけれど、その前に愛あってこそ乗り越えられるのですよね。そこにフォーカスしたほうが、モヤモヤも消えやすいはず。

 

【シングルの人】

いつ恋が始まってもおかしくない

という状態です。1ヵ月を通して調子はいいのですが、特に22日の新月前後はひときわ強い追い風が吹くでしょう。この2年ほどはなぜかホンネでぶつかることをためらってしまっている人も多いと思うのですが、そろそろ飾らない恋心で人と接していきたいと思う人も多いのではないでしょうか。もしそうであれば、いきなりホンネ全開でなくとも「ちょっとだけ出してみる」という作戦がよさそうです。0か100かの2択ではありません。32くらいのホンネだって、運が優しく背中を押してくれる星回りです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

嬉しいことが多そうです。パートナーシップによって得られる幸せがあるのなら、今のあなたは確実にそこに向かって、進んでいるのだろうと思います。そして、こんなことを言えば嫌なお気持ちにさせてしまうかもしれないのですが、新しい恋の可能性も見えてきています。もちろん選ぶも選ばないもあなたの自由です。ただ、幸せへの道は決して1本ではないということを、覚えておいていただくといいのかなと思います。

 

★さそり座
10.24~11.22

【恋愛運】

ホッと安心できる関係性を何よりもまず求める時期。そのとき、あなたは自分が大事にしている「責任感を持つこと」「相手のために尽くすこと」といった行動を、相手に求めたくなるだろうと思います。ご自分もそれらを大切にしますし、それらが揃ってこそ、愛だというわけです。この時期にあなたが求める安心感は、経済力や包容力といったものばかりでなく、誠実さと密接にリンクしているのでしょう。

 

【カップルの人】

おうちデートや、お互いのルーツと関連した場所──出身校や、昔アルバイトした施設など──へのお出かけが愛を深める予感。おたがいのが大切にしてきたものをあれこれ話すなかで「こういう経験をして、こう考えるようになったんだ」と理解が深まる人は多いでしょう。相手のために世話を焼いてあげる機会も増えそうです。前向きに力を貸してあげるといいだろうと思います。

 

【シングルの人】

昔一緒に働いていた人や同級生など、過去の一時期をともにした人との再会をきっかけに、始まる物語があるかもしれません。同期会やOB会のようなものがあれば顔を出してみるといいでしょうし、近況が気になる人に連絡を取ってみるのもいいでしょう。SNSは多少ハプニング含みですが、いいきっかけを作ってくれそうです。この時期は進展がゆっくりですから、すぐに返信がなくても焦らなくて大丈夫。「つながれたらラッキー」くらいに思って、前向きでいたいところです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

現実的な生活の優先順位が高くなるので、恋は二の次とならざるを得ないかも。寂しいと思われるかもしれませんが、目の前のことに没頭することで辛さから離れ、自分のペースを取り戻すこともできそうです。ずっとお相手に会えていなかった人は、思わぬタイミングで再会も期待できそう。出かけた先で見かける、SNSで見つけるなど、ちょっとフィールドを広げた先に嬉しい瞬間が。

 

★いて座
11.23~12.21

【恋愛運】

軽やかな行動力に愛の力が乗ってくるとき。楽しく行動を起こした先に、期待するような嬉しさがプラスされていくでしょう。行動行動ってうるせぇな!! と思われたら恐縮なのですが、コロナ禍も手伝って行きたいけれど行けなかった場所、会いたいけれど会えなかった人など、すぐにいくつか思い浮かぶのではないでしょうか。それらにパッとトライしてみると、運命のトリガーを引くことになるのではないかと思います。

 

【カップルの人】

デートが楽しい時期です。まだ寒い日々は続きますが、近場のお出かけいくつか計画してみるといいでしょう。月の前半は正直、コミュニケーションにおいてちょっとイラッとくるところもあるかもしれませんが、後半には落ち着いてくるでしょう。最近、はからずも衝突が増えている人は、気持ちがデリケートになっている日は敢えてひとりで過ごすというのも“アリ”な選択と言えるだろうと思います。

 

【シングルの人】

これはいて座の人にとっては朗報であろうと思いますが、5月まではずっと恋愛運にあたたかな追い風が吹き続けます。この運は「自分から行動を起こしてこそ、動く運」であることは覚えておく必要があるのですが、この星回りを使わない手はないでしょう。さて、1月は趣味つながりでいいご縁が期待できそうな時期です。本が好きなら読書会に参加するなど、興味関心をベースに、まずは友達を増やすつもりで楽しんでみるとよさそうです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

相手の顔色ばかりをうかがう時期が続いていたり、大丈夫じゃないのに「大丈夫だよ」と言い続けてきたりした人は、しんどいなか頑張っていらっしゃいましたね。10月末くらいからそうした傾向にありましたが、1月中旬からは状況が良くなっていくだろうと思います。愛ある言葉も、日常にあふれるかもしれません。ただ、お気持ちを抑圧しているのもストレスが溜まります。本当は心配事がパキッと晴れれば一番ではありますが、気分転換の時間もどうぞ大事になさってください。

 

★やぎ座
12.22~1.20

【恋愛運】

全体的に「マイペースで過ごしたい」「自分の時間を大切にしたい」という気持ちが高まる時期に。恋は二の次とまでは申しませんが、最優先にしてしまうといささか、気持ちが乗り切れない部分があるようです。まずは自分を整えてこそ、いい恋もできると思っておくと良さそうです。部屋の掃除をするなど、身近なところを整えるのも開運につながります。

 

【カップルの人】

コミュニケーションが滞りがちで「連絡をしても返信がない」「話が噛み合う感じがしない」など、どこかぎくしゃくしたものを感じるかも。それでも、6日から8日あたりにかけてはパートナーシップにおける努力が実る暗示が出ています。ただ、お互いが背中合わせで別の方向を見ているような関係になってしまっている場合は、ちょっとした口喧嘩で感情的に終わらせてしまうような可能性も出てきます。年始からネガティブなことを申し上げたくはないのですが、もどかしいときほど、深呼吸をひとつする余裕を大切になさってください。下旬にはコミュニケーションも回復してきます。

 

【シングルの人】

アプリ等での新規開拓はもどかしい気持ちばかりが募っていきそう。「どの人も、結局似たりよったりかも」的にどこかドライな気持ちが先に立ちますし、メッセージを送っても反応が薄かったりと、心が折れそうになることも。逆に、リアルな知り合いのほうが発展しやすいむきもありそうです。古い友人・知人との再会は、期待する価値はあるだろうと思います。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

連絡が思うようにとれなかったり、予定が変わったりと落ち着かない時期に。ただ、全部がダメダメというわけではないはずです。つながりを感じる瞬間も、たしかにあるのが今月です。なお、あなたに守るべき家族がいる場合、今月はちょっと冷静に、お付き合いを続ける価値について考えることになるでしょう。「お互いのために別れたほうがいいのかな」と思ったときは、まずは「自分のためには、どうなのか」をよく考えてみるといいでしょう。

 

★みずがめ座
1.21~2.19

【恋愛運】

愛いっぱいの1ヵ月。恋愛や愛情を司る金星が、3日から27日まであなたの星座に滞在し、恋を後押ししてくれます。金星は美を司る星でもあり、この時期はあなたらしい美しさが人に伝わりやすい時期とも言えるでしょう。見た目だけで惹かれる人ばかりではないとは思いますが、たとえばパーソナルカラー診断や骨格診断を受けてみるなど、自分の魅力を引き出すような努力は効果的と言えそうです。22日の新月も、いいスタートにつながりそうです。

 

【カップルの人】

お相手の愛を感じるハッピーなムードです。迷いやためらいがあったとしても、行動に移してみることで関係はどんどん良くなっていくでしょう。近場へのショートトリップはいい思い出が作れそう。思いつきを実行に移すなど、勢いで試してみてもいいかもしれません。特に、マンネリ化を感じている人ほどガツンと新しい行動を起こしてみると、出会ったあの頃のような情熱も戻ってくるだろうと思います。

 

【シングルの人】

モテ期と言って良いでしょう。「今日の自分はちょっといけてるぞ」と思えるくらいにおめかしをして、いろいろな人と接点を持ってみるといいでしょう。複数の人が候補に上がってくることもあるだろうと思いますが、曖昧な態度を続けるのはNG。どちらも微妙なまま終わってしまいかねません。相手の出方を待つよりも、たくさん会話を重ねて「この人」と思える人に心を決めるといいはずです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

愛を感じる時期。言葉は少なくとも、思い通りにならないことがあったとしても、愛はたしかにあるのだと実感できることが多いでしょう。ただ、この時期は情熱も高まるだけに、「もっとこうしたい」という欲が高まってきます。それゆえに、愛はあっても──いえ、あるがゆえに、でしょうか──フラストレーションが高まり、悪くするとお相手と衝突に至ることもあるかもしれません。「雨降って地固まる」にできるときではありますが、けしかけるようなことはいけませんよ。

 

★うお座
2.20~3.20

【恋愛運】

恋は内にこもったような状態に。気持ちはあってもうまく表に出せなかったり、好きなのに避けたりと、自分のなかで矛盾を抱える人も多いのかもしれません。友達とならなんでも話せるのに、とフラストレーションも溜まるかもしれませんが、27日からは恋の季節に入ります。それまでの、ちょっと不器用な助走期間と思ってみるのもいいかもしれません。

 

【カップルの人】

親や親友に紹介したり、未来のことを話したりといった「ふたりの今後」についての話はイマイチ進みにくい予感。そういった予定がある人は、月の下旬になればスムーズに話が進むので、それまでは保留にしておくと良さそうです。現実がバタバタと動いていって少々甘やかなムードには欠ける時期ですが、ちょっとリッチなディナーをするなど潤いを感じる工夫もできたら素敵です。r

 

【シングルの人】

友達と盛り上がったり、家族とガンガンにやりあったりと身近な人とのやり取りは増えるのに、恋だけがエアポケットに入ったような感覚があるかも。ただ、27日以降はモテ期なので、そこから本気を出すと決めて自分磨きに徹するのもいい時間の過ごし方となるはずです。片思いの人は7日前後にちょっぴり関係が前に進むなど、嬉しい転機があるかもしれません。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

年明けのバタバタに押されて、自然と恋が後回し状態に。もちろん大事ではあるのですが、時間は有限。悩みに絡め取られて何もできない、といった時間は減って、それゆえに気楽な気持ちになるだろうとは思います。そういった状態になって初めて、自分がこの関係で傷ついていることに気づく人も。傷つかない関係、つまりは障害のない恋に、関心が向き始める人も多そうです。

関連書籍

真木あかり『2023年上半期 12星座別あなたの運勢』

ウェブや女性誌で大注目の占い師、真木あかり先生による、2023年上半期(1月〜6月)の星占いです。ウェブマガジン「幻冬舎plus」で公開されている全体運に加えて、本作品では「仕事運」「恋愛運」などカテゴリー別の占いもお楽しみいただけます。全体の流れに加えて月ごとの運気の動きも詳しく解説いたします。 購入者特典として、2023年上半期の流れがわかる「注目日カレンダー」もお楽しみいただけます。(完全版のみの特典です) ◆恋愛運・仕事運では月ごとの運勢の動きも徹底解説 ◆12星座別「今がつらいあなたへ」メッセージを収録(「おわりに」より) スマホやPCに入れていつでも持ち歩ける、心のお守り本です。

{ この記事をシェアする }

真木あかりの恋愛占い

人気占い師・真木あかりさんによる恋愛占い。カップルの人・シングルの人・障害のある恋に悩んでいる人と、3つの状況別に、毎月の恋愛運を占います。(毎月最終日に更新します)

15日公開で真木あかりさんのコラムもお楽しみいただけます。

バックナンバー

真木あかり

大学卒業後、フリーライターを経て占いの道へ。『辛口誕生日事典 2018』『悪魔の12星座占い』(宝島社)など著書多数。LINE占い「チベタン・オラクル」監修。個人鑑定も行っている。

Blog http://makiakari.hatenablog.com/
Twitter @makiakari

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP