1. Home
  2. 暮らし術
  3. ホロスコープ歳時記
  4. 【東洋二十四節気 星占い1月6日~】「小...

ホロスコープ歳時記

2023.01.06 更新 ツイート

【東洋二十四節気 星占い1月6日~】「小寒」の時期の運勢 小池雅章(青山五行)

四季折々の暮らしに欠かせない歳時記。昔から伝わる、季節の行事にあわせた暮らし方には日々の健康や開運・幸せになる知恵がたくさんつまっています。

そしてこれはあまり知られていないことですが、歳時記のもととなる二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行には密接な関係があるのです。

本連載では、1月6日から始まる「小寒」の時期の過ごし方について、12星座を前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」でアドバイスします。

 

*   *   *

天体のビッグイベントが続く、2023年前半

初候  1月6日~9日    芹乃ち栄う(せりすなわち さかう)

次候  1月10日~14日 泉水温をふくむ(しみず あたたかをふくむ)

末候  1月15日~19日 雉始めてなく(きじ はじめてなく)

明けましておめでとうございます。

昨年の「冬至編」では少しばかり脱線したものの、皆様、それぞれに年を越されたようで何よりでございます。本年も、連載「ホロスコープ歳時記」をご贔屓(ひいき)のほどよろしくお願い申し上げます。

2023年最初のリリースとなります「小寒編」でありますので、ここは真面目にこの3月の、大きな天空イベント、土星と冥王星の星座移動に触れてみたいと思います。

 

先ずはその年を表すとされる春分図、日本の首都は東京ですから、東京の春分図を見ますと我が国の春分からの一年の流れが窺えます。

この時全ての天体は東半球に集まっております。

日本を表す牡牛座は経済を表す2ハウスにあり、その守護星である金星は1ハウスにありますので、独自路線が功を奏し、経済も好調な暗示となります。そして、不満やコンプレックス、密約を暗示する12ハウスに土星、月、海王星、太陽、水星と集まりますので、秘密裏に物事が運んでゆくという暗示も高まります。しかしながら、木星が上昇星となっておりますので、経済は豊かになって行くという嬉しい特徴があるのです。

 

 

3月7日に乙女座にて満月が形成され、いよいよ大きな変化の時が近づきます。

この満月とほぼ同時に、土星が魚座に入って行きます。

土星の魚座滞在は2025年5月25日までですが、魚座はミステリアス、神秘、宗教、海、石油などを表し、そのような範囲に多くのプレッシャーがかかります。それでも最終的には安定に向かうといった流れが始まるでしょう。

 

 

そして3月24日、2023年のメインイベントである冥王星の水瓶座入座となります。

これは2044年1月19日まで継続しますが、逆行のために6月12日には再び山羊座に戻ってしまいます。そして再び水瓶座に入るのは2024年1月21日からとなります。

ですからここでは、冥王星水瓶座時代の予告編のようなものが始まり、今後20年の世界の予兆が見えるかもしれません。

 

水瓶座は先端科学、通信システム、情報の流れ、などを暗示いたしますので、冥王星山羊座時代に起きた社会体制の破壊と変化が、今度はそのような分野で始まる事になります。

いっぽう東洋二十四節気では「小寒 大寒」が即ち「寒の入り 寒中」で、節分までの一ヶ月が いわゆる「寒」の季節となります。一年で最も寒い季節の到来ですから、充分な体力を身につけておきましょう。

 

 

今年の干支、卯(うさぎ)はどんな意味がある?

今年は(東洋歴では2月の立春からです) うさぎ年であります。

「卯」 という漢字は 双葉を表すという説もあり、また、十二支は植物の成長過程を表したものとも伝えられております。つまり今年は芽吹きが始まるといった嬉しい年なのであります。

そのようにこれから成長が始まる時ですから「卯」には艶っぽいと言ったイメージが備わっております。

 

時刻でいえば卯の刻は朝の5時から7時で、その対向が酉の刻の17時から19時

昔はどちらも薄明時で、朝方はまだ床にいる時、そして夕刻はそろそろ床に入る時を指しましたので、この卯と酉はどちらも艶っぽい時間という事でありました。東洋占術では「咸池(かんち) 桃花」といった色気を表す言葉にあたります。

ですから、卯の生まれ、卯の年、卯の月、卯の日、卯の刻のどれかにでも生まれた人は、生来、色っぽさや人気運などをお持ちなのです。実際の鑑定においても、そのような傾向が見受けられます。

 

ちなみに十二支には強さの順番がありまして、最強は「子 北斗の帝王」次に「南の午」「西の酉」 そして「東の卯」となりますので、「卯」は一見よわよわしそうですが、これがどうして、なかなかのしたたかさもあるようです。

 

年の初めでございます。

皆様のいやさかをご祈念しながら二十四節気の運気を記して行くことにいたしましょう。

二十四節気星占いでみる、1月6日~1月19日の運勢

 

牡羊座前半生まれ=春分生まれ

良き年の始めとなりました。この期間、トップクラスの好運気をあなたは纏うようです。可能性が大きく開かれ、未来に対して希望も生まれます。頭脳の働きも秀でたものがある時期となりますので、考えを突き進めて行く事が可能となります。多くの選択肢があなたの前に提示されますが、まずは一つに絞り込んで、それに没頭して行く事が運気を開くでしょう。ここでは人間関係は順調ですし、なおかつ人気運も上がり、素晴らしい年を予感させる出来事が沢山あることでしょう。

 

牡羊座後半生まれ=清明生まれ

少しばかり緊張する満月が7日に形成されます。ここでは公私間の緊張というか葛藤が生じそうですが、迷わず社会性を重視して、仕事や公的立場を選ぶ事をお勧めいたします。プライベートを楽しむのはそれからで充分間に合います。この期間は、あなたの社会的な存在感が増して行く事になりますので、周囲からの要請に応えて吉となります。まだまだ、上を目指して行ける「のびしろ」がたっぷりと備わっておりますので、努力したらその分は必ず報われて行くでしょう。

 

牡牛座前半生まれ=穀雨生まれ

新年早々、しっかり者のあなたにしては浪費しがちになっているようですが、これもまた良き経験となります。このような傾向は13日頃までで解消され、その後は順当に戻って、尚且つ金運の高揚も始まります。ここでも貯めるとかご自身の為だけに使うというよりは、周囲の人にも振舞う事が運気を更に上昇させるものとなります。人付き合いには惜しみなくお金を出す事も、運気アップの重要な秘訣となる期間です。基本的にはこれといった問題もなく過ごせる、良き時となるはずです。

 

牡牛座後半生まれ=立夏生まれ

これまでの努力が実を結び、一応の結果となってあらわれるようです。そして、ここからまた新たなスキルの習得が始まる時となります。この期間はあなたの自信が形作られていきますが、実績を踏まえた上にプラス何かを載せて行くという事が必要です。新たな工夫も大事で、それを生み出す能力も兼ね備えていますから安心して取り組んでください。ここで作られた評価は長く続くものとなりますので、周りの人々からの評判というものにも敏感であるべき時です。あなたの「できる人」というイメージを固定させて行きましょう。

 

双子座前半生まれ=小満生まれ

人気運が戻って参ります。ここ暫くは低迷しがちだった恋愛運も含めた人気運が戻って参ります。特に13日頃からは急激にその人気運が高まり、あなたの魅力も自然と輝く時が始まります。特に仕事関係の方々からは、大きな評価と協力が寄せられ、運気は大きく開いて行くことになるでしょう。やはり幸運の鍵は人間関係にあるようです。この期間は社会的人間関係が数年に一度の広がりを見せますから、これから数ヶ月は積極的に人付き合いを進めて行きましょう。

 

双子座後半生まれ=芒種生まれ

経済の流れの変化が始まりそうです。それは特に悪化するという意味ではありません。これまでのお金に対するあなたの考え方が変化して行く期間だということです。どのように変わるのかは人それぞれですが、これまでの遣い方や貯め方に違った方向性が出てくることや、根本的に価値観が変わって行くようなことまで、色々な変化が生じそうです。例えばご自身の労働から得るお金と言うものから、投資などといったものに変化するか、またその逆もあるかもしれず、色々と考えてゆかねばならない時のようです。

 

蟹座前半生まれ=夏至生まれ

あなたの社会的な評価が上昇を迎える時となります。これは数年ぶりの事で、今後、数ヶ月は継続して行きますから、その目を意識して行動する事が更に運気を上げるために必要な時期なのです。あなたは身内意識が強く仲間を大事にするという美点がおありですが、ここでは公平と言うことが非常に大切になってきます。周囲からの協力を得る為にも、この期間は仲間意識から一歩踏み出して、広い視野でやっていくということが重要な課題となります。パブリックといった感覚が必要な時であります。

 

蟹座後半生まれ=小暑生まれ

7日に形成される満月は、あなたにとっては大きな影響があります。これまでを振り返り、全ての面でリフレッシュすることになるでしょう。考え方、好み、健康など多くの分野で新たな試みに挑戦する時です。それには日常の細かいところから意識的に改善して行く事が大切で、特に対人関係やパートナーシップにおいては、より良き関係を目指す為にも色々と考えなければならないということであります。あなたのちょっとした動作や仕草を変えてみるのも良いでしょう。きっと今までとは違った風景が見えてくるはずです。

 

獅子座前半生まれ=大暑生まれ

大きな自信が生まれる時です。これまでやってきた事が間違っていなかった事に気がつきます。これは仕事以外の人との付き合い方においてもいえる事であります。この期間、人間関係はとても良好で、多くのメリットもそこから生じてきます。ここでは仕事から恋愛関係まで、思った以上に上手く運ぶという暗示になっています。これも、これまでのあなたの行動の結果ですから、大いに楽しんで良い時です。そしてこの喜びが、更に大きな関係性を作る事になり、プラスの循環となって行くでしょう。

 

獅子座後半生まれ=立秋生まれ

新年から気を使わねばならぬものが人間関係であります。特に対人関係にて、相手があなたにマウントをとりがちな時となるようです。ここでは対抗する事はしないで、不本意ながらも「長いものには巻かれろ」的な態度でスルーしてゆく事が最良であります。これは特に仕事の面で現われそうな暗示で、特に上長に逆らう事などは、無益な試みとなりますのでご注意ください。ルーチンをひたすらこなす事が課題となりますが、あと数ヶ月で状況は大きく変わってきますので、今はじっと辛抱して、期待を持って過ごす事です。

 

乙女座前半生まれ=処暑生まれ

仕事の高揚期となります。忙しいといった意味ではなく、仕事の進展と近未来の可能性が大きく広がって行く時だということであります。この暗示によって、あなたの評価やポジションは大きく変動して、気がつけばワンステージ上に位置していたという事になるでしょう。ここで重要なものが周囲の協力です。この期間の一番強い星の教示が、周囲から良き協力を得られるという事ですから、一人で為そうとするよりは、複数で組織的にやって行くことが、より良き結果に繋がるはずです。

 

乙女座後半生まれ=白露生まれ

新たな価値観が生まれ、好き嫌いの気持ちが変化して行く期間です。これは今後の人生を生きて行く上での必要な変化のようですから良い成り行きと言えるでしょう。ここでは恋愛運もなかなかの状況ですので、もう一つ深い関係に入って行くという暗示もあります。いっぽう仕事においては重責を担う時で、ここは覚悟を決めて遂行して行くしかありません。頑張り時です。ただし基本的には全て良き方向に変化しますのでご心配は無用です。諦めずに粘りを持って取り組んで行きましょう。

 

天秤座前半生まれ=秋分生まれ

良き期間となります。具体的な何かがなくとも気持ちは高揚して、明るい近未来を感じられる事でしょう。得に恋愛面においては、安らぎや安定感を感じられる時です。プライベートでもご自身の好みを優先して過ごす事ができます。特に対人関係においては大きな良き変化が生じて、あなたの存在感が高まって行くでしょう。新たなパートナー運に恵まれるというラッキーも然りですが、現在のパートナーの運気も上昇が暗示されるという、稀有な幸運期となっています。

 

天秤座後半生まれ=寒露生まれ

7日の満月は、少しの葛藤をあなたに生じさせます。これは公私間の葛藤といったもので、ここでは私生活を優先して考えて行くほうが良いでしょう。特に住まいや家族に関する事を優先事項とする事が重要であります。そのような面をしっかりと整備する事で、仕事面にも良き影響が現われるはずです。一方で個人的な楽しみ、つまり私生活での趣味や交流には安定感があり、特に恋愛では長期的関係を築いてゆける時となります。15日あたりから楽しい事が多くなりそうです。

 

蠍座前半生まれ=霜降生まれ

仕事運が旺盛となってきます。これまで行き詰まっていた課題にも進展や助けがあり、スムーズな流れとなって行くでしょう。これらをクリアーする事によって、更に多くの仕事が舞い込むかもしれません。それを受けてこそ実績も評価も上がるという事になりますので、ここは積極的な姿勢でまいりましょう。この期間の課題としては周囲との協調体制作りです。これについては13日あたりから、思わぬ助けも入りそうです。うまく連動してやって行けるシステム作りが大切であります。

 

蠍座後半生まれ=立冬生まれ

新たなスキルを学び始めると近未来に大きな結果を残せる時のようです。今までの技術の上にもう一つ何かを重ねる事によって、あなたの能力が数倍にも成長するという期間であります。7日の満月あたりに閃いた分野に挑戦してみるのも良いでしょう。一方で恋愛運も上昇、というよりは復活の機運です。何となく停滞している関係を一挙に深化させて行く事も可能な時期です。恋愛から結婚という事に一歩進めて行ける可能性も高く、これは今後数ヶ月継続する暗示となっています。

 

射手座前半生まれ=小雪生まれ

本格的に楽しいと感じられるシーズン到来であります。特に恋愛や趣味生活にはもってこいの時となります。恋愛に関しては昨年5月あたりに不首尾に終ったものに再挑戦の機会が与えられそうです。ここでのリベンジは勝算が高いようですので、思いきって勇気を出してみるのも良いでしょう。現在のパートナーシップに関しても15日頃から改善されて行きます。これまで誤解や曲解をされていた事にも意思が通じ始めるでしょう。仕事も大事ですが、ここではプライベートの拡充を優先しても良いと思います。

 

射手座後半生まれ=大雪生まれ

7日の満月はあなたの金運の変化を促すものであります。ここから20日くらいにかけては、まさに金運拡充週間とでも名前がつきそうなくらいに、お金に関して色々と考えをめぐらせる時となるでしょう。ここでの策は近未来に亘り有効となりますので、是非とも何らかの形を作り出しておくことを強くお勧めいたします。仕事に関しても、ルーチンをしっかりと行う事によってその先に繋がります。こつこつと地道にこなしてこそ、その評価が周囲にも伝わり、新たな仕事に繋がって行くのであります。

 

山羊座前半生まれ=冬至生まれ

経済がスムーズな流れになって行く暗示が強まります。先ずは仕事が順当に進み始めますのでそこからのメリットが大きいようです。この傾向は15日頃から顕著となって、今まで逡巡していた課題にも目鼻がつき進展が始まるでしょう。ここでは細かく考えるよりも、時の勢いに乗ってしまったほうが成績は上がるようです。あなたの立ち位置も広がって行く時で、仕事においても多くの拠りどころを持てるようになります。基本的に人間の幅が広がる期間ですから、なるべく多くの人と接して、その関係性を強くして行きましょう。

 

山羊座後半生まれ=小寒生まれ

あなたご自身のリニューアルの時です。そのきっかけは7日の満月あたりに潜んでいるようです。良き方向に進むための変化ですから大いに歓迎できます。新生や復活といった暗示が山積となっているのです。これに伴い経済面でも、15日あたりから新たな動きが出てくるようです。主に仕事の発展による経済の向上という事になりますから、基本的には仕事をしっかりとやっていく事が何よりの近道なのであります。その日常から新しいものが芽生えてくるのです。一方で恋愛の復活などにも期待が高まります。

 

水瓶座前半生まれ=大寒生まれ

人気運絶頂、恋愛運も高揚して行く時となります。あなたの魅力が輝き、あなた特有の個性が周囲を惹きつける期間であります。これは15日くらいから特に顕著となりますので、私生活にも仕事にも充分に役立てて行きましょう。ここではその機運に乗って、新たなスキルや資格取得に活かして行くこともと良いと思われます。元来気まぐれ傾向の強いあなたですから、何か一つ、これと言った資格や技術を持っていたほうが、今後の人生においては絶対に有利であります。ここから数ヶ月は勉強にも適した時期ですから、天才肌のあなたにはなんなく習得可能となるはずです。

 

水瓶座後半生まれ=立春生まれ

これまで少し不調和だった経済の流れに順当さが戻って参ります。あなたの心の中にも新たなビジョンが生まれてきますので、近未来の道筋が形を表してくる期間となります。ここでは長期的に物事を構成して行く事が何よりも重要となります。少なくとも年単位でこの先を計画して行きましょう。この期間、あなたの知力は一段と旺盛ですから、しっかりとしたプランが生み出されて行くはずです。あとはその路線を忠実に実行して行くだけです。この期間は3月初めくらいまで継続となります。

 

魚座前半生まれ=雨水生まれ

金運の波が大きく変動して行く時となります。これは入るも出るも大きくなる暗示ですので、しっかりとした管理が必要となります。基本的には収入が増して行く時でありますが、持っているものを使わないとストレスがたまり、それで浪費といった傾向が高まるのです。結果的にはまた、出ていくものも大きくなってしまうということですが、15日くらいからは、コントロールが利いて良き方向に向かうでしょう。それと比例して日常の運気も高値安定といった推移をして行きます。基本的には良き運気であります。

 

魚座後半生まれ=啓蟄生まれ

運気の大きなうねりや変動は去って行き、ここからまた順当な運気へと戻ってきます。そしてこの期間は、これまで為しえなかった事に再チャレンジの時であります。今回はクリアーできる可能性が高まりますので、積極的に挑んで正解となるでしょう。特に仕事面や公的な人間関係の再構築には持ってこいの時期です。大きな恩恵もそこからもたらされるはずです。ちょっとした思い付きも無視せずにプラン化して行くと、思わぬ成果もありそうです。復活といった事がキーワードです。

 

青山五行の創始者 小池雅章先生に人生相談をいたしませんか?

恋愛・結婚、仕事やこれからの生き方についてなど、、ジャンルは問いません。
ホロスコープから見る運気の流れをもとに、あなたの悩みにお答えいただきます。

相談はこちらのgoogleフォームからご応募ください。

 

※二十四節気占いについて

二十四節気の区切りは、生まれ年によって若干異なる場合があります。
境目の生まれの方で、自分がどちらかわからないという方は、support@gentosha.jpへ
件名に【ホロスコープ歳時記】/メール本文に、生年月日・生まれた時間(なるべく正確に)と出生地をご記入の上、メールでお問い合わせ下さい。

{ この記事をシェアする }

ホロスコープ歳時記

「春分」や「寒露」など、手帳やカレンダーなどでもよく目にする東洋二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行は、まったく別のもののように思われていますが、実は同じサイクルで動いています。

西洋と東洋の占いをくみあわせた「青山五行」の創始者である著者が、星占いをさらに前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」によって、季節ごとの運勢を占います。

バックナンバー

小池雅章(青山五行) 占術家 「青山五行」創始者

世界各国の占術の研究を重ね「易」「四柱推命」「西洋占星術」などを複合的に組み合わせた独自の占術「青山五行」の創始者。
全国から鑑定予約殺到。これまで23500人を幸せに導いてきた、人気占い師。
twitterでの毎日の星占いが「当たる!」と評判に。@vinokoike
公式サイトではもっと詳しい星の動きを毎日更新しています。
https://www.aoyama-gogyo.com/

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP