1. Home
  2. 暮らし術
  3. 名もなき家事妖怪
  4. パートナーの家事スキルを上げるには「やら...

名もなき家事妖怪

2022.12.09 更新 ツイート

10話

パートナーの家事スキルを上げるには「やらざるを得ない状況」を作るのも一つの手 カワグチマサミ

家事ができない夫と、家事を一切しない父が、家事をはじめたのは同じ理由でした。

それは、「家事をせざるを得ない状況になった」から。

夫の場合は、私が妊娠中に安静令が出されたときに家事をはじめました。医者から、「低置胎盤で母子ともに危険。トイレとお風呂以外は歩いてはいけない」と、言われたのです。

私は情緒不安定になり、毎日泣きながらベッドの中で過ごしました。家事なんてできる状態ではありません。

夫はそれまで、家事をほとんどしたことがありませんでした。独身のころは寮で暮らしていて、料理はしたことがなく、会社の作業着も会社がクリーニングしてくれていました。食事も毎日外食でしたから、洗い物したことがありません。

でも、そんな夫が、会社から帰宅したあとに、家事をしてくれるようになりました。

最初は慣れない姿を見て、落ち着きませんでしたが、頑張ってくれている様子が嬉しくて、私の気持ちも落ち着いてきました。そのあと安静令も解かれて、無事に元気な息子と出会えることができました。

そして父も同じような理由で家事をはじめたのです。母が脳梗塞になり入院したことが、家事をはじめたきっかけでした。

父は、性格が根っからの昭和の頑固親父。「男は働くもの!」「女は家事をするもの!」それが当たり前の時代に育った人でした。

私は母が退院したときのために、実家を掃除しようと帰省しました。「父は一切家事をしないし、きっと、家は荒れてるんだろうな~」と思って。でもいざ、家のドアを開けると……。

廊下にほこりがない……。
冷蔵庫に麦茶がある……!
洗濯物、干してあるー!

父が家事をしていたんです。家事を知らなすぎて、洗濯物を手洗いしていましたけど。笑

その動画を入院中の母に送ったら、母はとても喜んで、その日からみるみる回復し、退院することができました。医者から「回復するのはお母さん次第」と聞いていたので、驚きました。とても不思議なことだけど、父が家事をしてくれたことが、よっぽど嬉しかったのだと思います。

私も母も、命に関わるような大変な思いをしましたが、それはこの先、パートナーと長く付き合っていくためにも、経験してよかったことなのかもしれません。

だからといって、家事シェアをするために無理やり体調を崩したろ! なんて思わないでくださいね。健康が一番大切です。

でも、「家事をやらざるを得ない状況」を作ってみるのはいいかもしれません。

トモコように、仕事で出張があったら、家族に家事をお願いしたり。
たまには友人と旅行に行ったり。
少し体調が悪いなと感じたら、大袈裟に寝込んでみたり。

私が家事をしなければ家庭が回らない、と心配してしまうかもしれませんが、やらざるを得ない状態になって、ようやく本気で家事シェアに向き合う人もいます。

家族を信じてみるのも、いいと思います。

☆関連書籍☆

『名もなき家事妖怪』(著/カワグチマサミ、企画原案/矢野貴寿)

「家事シェア」をしないと家庭が崩壊する!? ねこ妖怪とともに「名もなき家事妖怪」を退治せよ! かわいくて、おもしろくて、ためになる、悩める家族に贈るハートフルコミックエッセイ! 「夫が家事してくれない…」「もっと働きたいけど罪悪感が…」女性たちの悩みを解決する方法を物語で紹介するコミックエッセイです。 【物語】家事や育児に悩む4人家族のお母さん・トモコの前にある日、ねこ妖怪「ニャン吉」が出現!ニャン吉は「名もなき家事妖怪(=名前はついていないけど厄介な家事)」をみんなに見えるようにし、一緒に退治する方法を提案します。はたして太田家は、元の仲良し家族に戻れるのか…?【制作協力:大和ハウス工業株式会社】

{ この記事をシェアする }

名もなき家事妖怪

家事に悩んでいた四人家族が、ねこ妖怪「ニャン吉」の力を借りて、元の仲良し家族に戻っていく日々を描くコメディタッチのコミックエッセイです。

ある日、家族の前に現れた謎のねこ妖怪「ニャン吉」。

「目に見えない”名もなき家事妖怪”を、みんなにも見えるようにするよ!
 さぁ、協力して退治しよう!!」

かくして、ズボラ夫婦と幼い兄妹の家事妖怪退治の日々が始まります。

企画原案:矢野貴寿(クリエーティブ・ディレクター)
制作協力:大和ハウス工業株式会社

バックナンバー

カワグチマサミ 漫画家・イラストレーター

2010年から漫画家・イラストレーターとして活動を始める。その後、結婚し、2012年に男の子を出産。現在は「家族が今より“いい感じ”になる」をテーマに、エッセイ漫画を描いている。著書は「子育てしながらフリーランス」(左右社)、「みんなの自己肯定感を高める! 子育て言い換え事典」(KADOKAWA)等。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP