1. Home
  2. 生き方
  3. うかうか手帖
  4. 紅葉とおだんご

うかうか手帖

2022.12.09 更新 ツイート

紅葉とおだんご 益田ミリ

 

暖かかった東京の11月。いよいよ来週くらいから寒くなりそうで、薄着で紅葉を見に行くなら今日が最後かもという日曜日の午後、思い立って新宿御苑へ。

新宿駅から歩行者天国をのんびり進み、紀伊國屋書店、伊勢丹を過ぎれば右手に見えてくる「追分だんご本舗」。

なにはなくともだんごである。

新宿御苑で食べるためのだんごを1~2本、のつもりが、よもぎ、七味、抹茶、海苔、みたらし……あれもこれもとほしくなってカゴに入れる。ずっしり重たい袋を手に再び歩行者天国へ。画材屋の世界堂を通り越せば前方に見えてくる新宿御苑。

入場券を買うための列ができていた。

「都会で気軽に紅葉を楽しみたい」

みな考えることは同じである。

中に入る。人が多くても広々しているので混み合うこともない。思い思いに紅葉を眺め、写真を撮る人々。ピクニックシートを広げてお弁当を食べる家族連れも。

少し散策した後、ベンチに腰掛けだんごタイム。まずはよもぎあん。持参した水筒の熱いコーヒーを飲み、つづいてみたらしだんご。辛いものも食べたくなって七味だんごも。

風が吹くたびはらはらと黄色い葉っぱが降ってくる。積もった落ち葉の上を子供たちが走り回っていた。小さな靴底から聞こえてくる「カサカサカサカサカサ」という音をしばし楽しむ。世界に美しい音楽は数あれど、この「カサカサカサカサカサ」もまた引けを取らぬ美しさである。

遠くに行列が見えた。

え、なに?

スタバに並んでいる若者たちだった。いつのまに新宿御苑にスタバができていたのか。最後尾の人は閉園時間に間に合うのか心配になるほどの大行列。なにか特殊なスタバなのかもしれないと検索してみれば、店内から望む景色がとても美しいようだった。真冬の平日にゆっくり来てみようか。

その後、プラタナス並木を散策し、バラ園を見て、最後はこの季節のお楽しみジュウガツザクラ。冬の桜である。おはじきほどの小さな花が満開だった。

新宿御苑を後にして来た道を戻る。途中、新宿中村屋で野菜カレーをテイクアウト。数時間後に行われるサッカーワールドカップ・日本VSコスタリカに備えて早目に帰宅した秋の夕暮れだった。

{ この記事をシェアする }

うかうか手帖

ハレの日も、そうじゃない日も。

イラストレーターの益田ミリさんが、何気ない日常の中にささやかな幸せや発見を見つけて綴る「うかうか手帖」。

バックナンバー

益田ミリ イラストレーター

1969年大阪府生まれ。イラストレーター。主な著書に、漫画『すーちゃん』『僕の姉ちゃん』『沢村さん家のこんな毎日』『週末、森で』『きみの隣りで』『今日の人生』『泣き虫チエ子さん』『こはる日記』『お茶の時間』『マリコ、うまくいくよ』などがある。また、エッセイに『女という生きもの』『美しいものを見に行くツアーひとり参加』『しあわせしりとり』『永遠のおでかけ』『かわいい見聞録』や、小説に『一度だけ』『五年前の忘れ物』など、ジャンルを超えて活躍する。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP