1. Home
  2. 暮らし術
  3. ホロスコープ歳時記
  4. 【東洋二十四節気 星占い11月22日~】...

ホロスコープ歳時記

2022.11.22 更新 ツイート

【東洋二十四節気 星占い11月22日~】「小雪」の時期の運勢 小池雅章(青山五行)

四季折々の暮らしに欠かせない歳時記。昔から伝わる、季節の行事にあわせた暮らし方には日々の健康や開運・幸せになる知恵がたくさんつまっています。

そしてこれはあまり知られていないことですが、歳時記のもととなる二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行には密接な関係があるのです。

本連載では、11月22日から始まる「小雪」の時期の過ごし方について、12星座を前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」でアドバイスします。

 

*   *   *

初候    11月22日~26日    虹かくれて見えず

次候    11月27日~12月1日    朔風葉(きたかぜこのは)を払う

末候    12月2日~12月6日    橘(たちばな)始めて黄ばむ

11月22日、太陽は射手座に入って行きます。

これを東洋二十四節気では「小雪」と称し、まさに雪の舞う季節の始まりです。

11月24日には射手座に月も入り新月となり、この時点では水星も金星も射手座にありますので、ここは射手座色が非常に強い期間です。

射手座は木星=ゼウスの支配星座ですから、木星の楽天性が大いに発揮される時なのですが、この解説は2021年小雪バックナンバーに詳しく面白く記しておりますので、どうぞお目通しのほどお願い申します。

既に富士山や浅間山では冠雪というよりも、山全体が雪に覆われております。平地でも初雪の知らせがあちらこちらから届くようになる頃でしょう。寒さが増し雪も降り、冬篭りの支度が必要になり、また、秋に収穫した穀物が乾燥を終えて食すに適した時となります。

なぜ11月23日が勤労感謝の日になったのか

そして11月23日の勤労感謝の日、実はこれは「新嘗祭(にいなめさい)」が転じたものです。

新嘗祭の「新」とは新穀、「嘗」とは奉る、といった意味があります。

つまり、その年に収穫された新穀を神前に奉って収穫に感謝し、後に口にするという事を表しています。

 

これは遡ること、飛鳥時代からの儀礼で、『日本書紀』にもその記述があります。

勿論現在でも、宮中を始め全国の神社で行われており、五穀豊穣を祈る祈年祭と双璧を為す、重要な祭祀となっているのです。

 

宮中においては、天皇陛下がお手植え、お育てになった稲の新穀を奉り、その後、召し上がるという重要な祭事であります。ちなみに、新天皇が即位されてから初の新嘗祭が「大嘗祭」といわれるものです。

 

この新嘗祭がなぜ「勤労感謝の日」となったかと言うと、1948年のGHQの占領政策によるものでありました。古今東西、名前は変わっても、食物を育てて頂いた方々に感謝をあらわすという事は根底の精神でありましょう。

日本の文化の根底は「お米」からきている

このように日本の神事の殆どは稲作に関するものです。

それをはぐくんでくれた土地、水、気候、人々、そしてそれを見守る土地の神霊に畏敬の念を抱くという事が、日本文化の基調を流れるものであると思います。

 

稲作の伝来が現在の日本という国の風景の原型を作ったのです。

今から一万年以上前から日本には縄文という時代が展開されておりましたが、紀元前4世紀頃に九州北部に稲作が伝わり稲作文化の伝播が始まります。つまり弥生時代の始まりであります。

 

採集、狩猟生活から脱却し、土地に定着して土地からの生産物である米が生活や社会の基盤となり、それが江戸時代まで続いたことにより、日本特有のムラ社会が出来上がりました。文化も風習も、すべては米が基本となったことはいうまでもありません。

 

米の収穫量と人口が比例していた時代が2000年も続いてきたのです。われら日本人にとっては、長き伝統と風習、加えて積み重なった経験が、温かいご飯を食べる時を、ある種特別なものにしている気がします。

 

食べ物であり神聖なものであり、何かが宿っているようでもあり、なぜかまことに不思議な気持ちになるようです。

 

天皇の、香具山に登りて望国(くにみ)したまひし時の御製歌

大和(やまと)には 郡山(むらやま)あれど とりよろふ 天(あま)の香具山(かぐやま) 登り立ち 国見(くにみ)をすれば 国原(くにはら)は 煙(けぶり)立つ立つ 海原(うなはら)は 鴎(かまめ)立つ立つ うまし国そ 蜻蛉島(あきづしま) 大和の国は

 

舒明(じょめい)天皇の歌で

大和には多くの素晴らしい山があるけれど、とりわけ秀でた香具山に登り大和盆地を見渡せば米を炊く煙が各戸から立ち上り、池には鳥が飛び交っている。なんと素晴らしい国だろう、この大和の国は!

 

まさに人々がお米を食すことが何よりも幸福の条件であるのです。

ただし、この舒明天皇の歌も、実際の光景を映したものではなく、こうありたいと言霊の力をもって祈念したものとも言われております。

 

そして、それから1400年過ぎた今、言霊の力をもってしてか、舒明天皇の願い通り、日本はその当時に比べれば、はるかに豊かになったと言えましょう。まさに「うまし国そ 蜻蛉島(あきづしま) 大和の国」であります。

 

新米も出回り、冬の献立が食卓を賑やかにする季節、お鍋の湯気の中に小さな幸せが覗くようなこの時、「願えば叶う」の言霊の力を運気の味方につけて、これからの真冬の厳しさを乗り越えていきたいものです。そんなこの期間のあなたの運勢は如何に。

二十四節気星占いでみる、11月22日~12月6日の運勢

 

牡羊座前半生まれ=春分生まれ

運気に大きな後押しの波が押し寄せます。そのタイミングは11月24日の新月であります。自信と確信、そして行動力があなたに付与されますので、自然と活力が湧きあがってくる事になるでしょう。12月に入ってもその好調さは維持され、特に12月2日~3日は恩恵が溢れる暗示となっています。この期間は迷わず積極的に行くことが幸運の鍵ですから、失敗を恐れずにまいりましょう。考えすぎは運気を落としますので、直行型で良いと思います。あなたの個性そのままをぶつけて行ける時であります。

 

牡羊座後半生まれ=清明生まれ

12月を迎える頃から運気は旺盛となります。あなたの魅力と知性が輝く時となりますが、あまり理屈っぽくなると、対人関係にてのいざこざなどが発生しそうですからご用心。言葉の選び方一つで大きく運気は変動してしまいます。一度、考えてから言葉を発するといった所作が有効であります。この傾向、年内は続きますので、発する言葉には要注意です。それだけあなたの存在感が高まる良い時なのですから、熟考がなによりの幸運の鍵となるのです。そうすることにより評価の再上昇も期待されます。

 

牡牛座前半生まれ=穀雨生まれ

周囲との協力体制を作って行く事に適した期間となります。24日の新月はその良きタイミングとなりますので、些細なことでもあなたから働きかけを始めると、幸運なスタートをきれそうです。数日のラグは大丈夫です。11月いっぱいがそれに適した時であります。この期間、あなたは周囲の人の運気を左右する力を持ちますので、運命的な出会いなどもあるかもしれません。個人的というよりも集団、グループとの繋がりといった形が強いかもしれませんが、積極姿勢で臨む事が開運の鍵となるでしょう。

 

牡牛座後半生まれ=立夏生まれ

この期間は予期しない事、想定外といった事が起こりやすい時のようです。でも心配はご無用です。これは良き方向に行く嬉しい変化があるという暗示なのです。まずは仕事における人間関係にての修復や、強い関係性の構築といった事が期待されます。加えて金運にも高値安定といった暗示が強まります。こちらは熟考や長期的な展望の上に、といった但し書きがつきますので、ちょっと先を考えたビジョンが有効となるでしょう。12月に入ると人気運も高まり、お誘いなども多くなって行く傾向です。

 

双子座前半生まれ=小満生まれ

新たな対人関係、パートナーシップを形成し始めるタイミングとなります。24日の新月は、そのようなことの起点であります。旧来の関係を更に深化させてゆくといった暗示も含まれ、全ての一対一の関係には大きな恩恵が注がれるようになるでしょう。それには、目の前の人を大切にして行く事がなによりの幸運の鍵となります。特に12月2日から3日は、こちらから働きかける絶好のチャンスです。6日からは運気の流れが多少変わりますので、それまでに出来るだけ良き関係性を確立しておくことが大切であります。

 

双子座後半生まれ=芒種生まれ

何となくそわそわした感じです。これは、あなたの頭脳の回転が速くなりすぎている為です。あまり先を見通しても徒労に終わるかもしれませんので、適当なところで切り上げるほうがよろしいかと思います。ここでの憂いは、人に対して鋭い批判をしてしまいがちな事であります。あなたの論理は正しいのですが、あまり相手を追い詰めてしまうと相手の立場がなくなってしまいます。程よいところで手を緩めることが必要なのです。そうすることで、あなたの評価も再び高まって行く事になるでしょう。

 

蟹座前半生まれ=夏至生まれ

24日の新月、すなわち太陽と月が重なる時が、あなたにとっては新しい仕事や任務のスタートとなる暗示です。勿論、ご自身で新規の仕事を見つけるもよし、新たな方法で旧来の課題に取り組むのもよし、何かしら目先を変えてみる事が成功に繋がるようです。加えて健康面でも、何らかの運動などの習慣付けをして行く事も未来への大きな投資となるでしょう。ここで始めたトレーニングなどは、あなたに大きな幸運をもたらす要素が多いのです。仕事運、健康運共に恵まれた時期となりますから、臆せずにトライしてみましょう。

 

蟹座後半生まれ=小暑生まれ

対人関係、パートナーシップに復調の波が訪れます。これは12月20日くらいまで継続する暗示で、あなたの自信の復活にも繋がりますから、人との関係をなめらかなものにして行く絶好のチャンスです。12月に入ると、健康面でも恩恵がありそうです。何か良き習慣を身につけられてゆくのでしょう。また、仕事の面でも人気運が高まりますので、それが実績に繋がりやすい時のようです。更に言えば、闘志もみなぎる時ですが、これはご自身の中で処理しましょう。他者に向けるとせっかくの運気に翳りが出そうです。

 

獅子座前半生まれ=大暑生まれ

楽しい時の幕開けとなります。24日に形成される新月は、あなたに恋愛や喜びを運んでくるという暗示です。新たな趣味などに没頭する事もあるでしょう。あるいは一目ぼれの恋が始まる事もあるでしょう。ここは心が喜ぶものに縁が生じるタイミングなのです。従来の楽しみにも更なる深化が為されるので、スキルならばより深く、恋愛ならばより深き絆が結ばれて行くようです。仕事も勿論大事ではありますが、楽しむ時には大いに楽しむ事が、あなたの人生には何よりも必要なのです。

 

獅子座後半生まれ=立秋生まれ

何かと楽しい事の多い期間となります。今まで少しばかりプレッシャーを感じていた対人面での緊張も、このあたりからほぐれて行くでしょう。これは相手が軟化したのではなく、誰かの介入によってバランスが取れたからのようです。ここは周囲の人間関係全般の優先順位を見直してゆくという期間でもあるのです。個人的な付き合いなのか、仕事上の付き合いなのかを区分して行くタイミングとなります。また、仕事面では難航した課題にも目鼻がついてゆきそうです。しっかりと前向きに取り組んでゆくと、必ず何らかの助けがあるでしょう。

 

乙女座前半生まれ=処暑生まれ

あなたのスタンディングポジション、つまり住まい、家庭、立場などに新たな息吹が吹き込まれます。ここでは新改築、引越しなどの気運が高まって行くでしょう。11月いっぱいは、そのようなことに考えをめぐらせると良き結果に繋がりやすいという暗示であります。そして、仕事においての現在の地位といったものにも考えを及ぼしましょう。更なるステータスを求めて行くにもチャンスの時期なのです。そうすることで、実際には12月中旬からのステップアップも夢ではなさそう。とりあえずは色々な事案に思いをめぐらせてみることが良い結果を招きます。多くのプランを創出して行きましょう。

 

乙女座後半生まれ=白露生まれ

基本的には仕事も地位も安定している順当な時といえるのですが、対人関係においては、やや相手に期待を抱きすぎといった傾向が強くなります。このことによって良き運気も阻害されかねないといった期間でもあるのです。相手の言動をしっかりと観察する事が必要であります。ここでは、対人関係が他の事柄に及ぼす影響が強いので、出来れば単独行動のほうがしっくりと行きそうです。恋愛の復活劇なども起こりやすいのですが、しっかりと相手と現実を見つめて行く必要があります。

 

天秤座前半生まれ=秋分生まれ

24日に形成される新月は、あなたにとっては新たなスキルの習得や学習、システムの導入などに適性があります。何か技術を身につけるといった暗示が一番強いので、日常続けられる事に挑戦してみるのもよろしいと思います。資格の取得などにも良き時です。何をするにしても、まずは申し込みをしてみましょう。始めてしまえばあとは結構スムーズな展開が待っていますから、あまり気負わずに行きましょう。そして近しい人間関係の中においては、あなたの魅力がいっそう輝く時です。知的能力にも磨きをかけると、まさに才色兼備となります。

 

天秤座後半生まれ=寒露生まれ

恋も安定期といったところですが、こんな時こそ、更なる関係性の深化の為に色々と考えるべきであります。安定の上に胡坐をかくのは衰退を招くものですから、常に活性化を図ってこその良き関係となります。ここでは仕事運にも順当さが戻ってきて、今までのマイナス面が是正されることでしょう。また、周囲の意見をよく聞く事も、この期間においては特に有効となります。ご自身の考えもあるでしょうが、一般論にも耳を貸す時であります。ここで培ったノウハウは後々大きな役に立つはずですから、多くの意見を取り入れてまいりましょう。

 

蠍座前半生まれ=霜降生まれ

お金に関した何かを始めるタイミングとなります。それは24日の新月が起点となるでしょう。投資というよりも副業的な、あなたご自身のスキルを活かして出来る事が適しています。最初から大きな目標などは立てずに、試しながら手探りで良いので進んでみては如何でしょうか。良き近未来に繋がると思います。あなたの天性の才の一つには、物事を甦らせるという力があります。多方面に応用出来ると思いますから、色々と考えてみてください。再生、修復、復活など、物から体調、心まで、あなたにはすべてを直して行く力があるのです。

 

蠍座後半生まれ=立冬生まれ

ここでは、趣味や楽しいこと全般、そして恋愛にも復活、復調といった暗示が強まってまいります。一度、諦めかけたものに再挑戦するなどにも適した時期となります。これは12月20日まで続くもので、まだまだ猶予はありますから、じっくりとまいりましょう。気が変わりやすいパートナーにもある程度のインパクトを与える事が出来ます。そして12月に入ると金運も順調になってゆく暗示です。これはあなたが知的な面を活用してお金を稼ぐといったもので、あなたの活動と比例した金運となります。

 

射手座前半生まれ=小雪生まれ

大きく人生が活性化して行く時です。このところ不調をかこっていたとしても、24日の新月で大きく運気は開けてゆきます。何に対してということではなく、何かを開始するという暗示ですから、何に向けるかは、あなたご自身が考える事であります。この新月はあなたに対しては本当に特別なパワーを持ちますので、是非とも飛躍の元にしてください。「先ずはやってみる」といったあなたの冒険精神の活かしどころでもあります。初めは形もつかないようですが、12月20日くらいから徐々に定まって行く事になりそうです。

 

射手座後半生まれ=大雪生まれ

まずは金運に復調の兆しが強まっております。これは12月20日くらいまでの暗示ですから、それまでに色々と手を打っておくことをお勧めいたします。この期間は不動産などにも良き縁がある時ですのでヒントとしてください。対人関係においては相手の気まぐれな行動に気を遣いそうですが、ここでは、ご自分の意見は控えて正解のようです。12月に入ると運気も盛り上がりを見せ始め、あなたの魅力が更に輝きだします。その為にパートナーからちょっとした嫉妬なども、うけやすくなるかもしれません。なによりも人間関係を平静に保つ事が一番であります。

 

山羊座前半生まれ=冬至生まれ

心の奥底に新たなビジョンが生まれる24日の新月。ここでは形ははっきりとしませんが、このイメージを大切に育ててゆくと良いでしょう。他方では、あなたの秘密の領域に何かが生まれるという暗示もありますので、世間に隠しておきたい関係などが生じる事もあるでしょう。秘密の恋というのも、なかなかスリルがあって良いかもしれません。このところ膠着していた運気の流れに活気づけをするものとして、それらを活かして行きましょう。大きな流れでは、あなたの運気隆盛は来年の3月スタートですので、今から期待して準備することです。

 

山羊座後半生まれ=小寒生まれ

あなたは今、大きな運気の潮流の渦の中にあります。それはここ数年のことであり、そろそろ最終盤となってまいりました。これまで苦境も乗り越えて、多くの得るものもあったはずです。この期間は復調の兆しが高まり、意識も良き変容を遂げてゆく時となります。まずは仕事に関してのチェックが必要であります。こちらにも復調という暗示が強まりますので、意識的に改革をしてゆくと良いでしょう。ここでは新たな手法や、新しいスキル、資格取得などを進んで考えて行くことが良い結果となります。

 

水瓶座前半生まれ=大寒生まれ

あなたの社会的な人間関係、特に仕事に関係した人達との関係を刷新してゆく良きタイミングとなります。何となく惰性で流れてきた関係性をここで見直すタイミングであります。24日に形成される新月は、まさにその良きチャンスとなりますから、ここから約2週間は関係の優先順位を再確認してゆく時です。そしてまた、新たな人との出会いも暗示されています。あなたが新しいスキルや知識を得る為にも、積極的に人とかかわり、話をしていきましょう。更に言えば、男女共に女性との関係が有効な時となります

 

水瓶座後半生まれ=立春生まれ

安定といえば安定した運気ですが、起伏が無いのもまたつまらないものかもしれません。ここで好調なのは金運というか、近未来の経済的成功の為のビジョンを練る事です。多くのアイディアが出てきそうですので、それらを確実なものに組み直して行く作業が有効な時となります。恋愛などにも良い時期ですが、情熱が違った方向に進まないように注意も必要であります。12月に入りますと人間関係も拡大して、いっそう楽しい時が流れ始めるでしょう。ここで知り合う人たちを大切にしてゆく事が成長に繋がります。

 

魚座前半生まれ=雨水生まれ

あなたの社会的評価が新たになって行く時であります。24日に形成される新月は、あなたにとっては大きな影響があります。それは良き意味での評価の上昇といったものです。これまでの行動や実績が認められて、自然と高評価となってあなたに恩恵が注がれます。ご自身で目指しているステータスに近づいて行ける期間となりますので、ここでは多少のわがままを通しても良いのではないでしょうか。特に11月中はあなたの意見が重要視される傾向ですので、早めの対処が望まれるところです。

 

魚座後半生まれ=啓蟄生まれ

全てに亘り、復活、復調といった事が暗示される時であります。この傾向は12月20日まで継続して行きますので、再挑戦をお考えの方はまさにその絶好のタイミングです。通常以上の力と運気が宿る時ですから、多少の高望みも許されることでしょう。12月に入ると、あなたの社会的な評判も盛り上がってきますから、その波に上手く乗れれば、それが更に評価を高めて行く事になります。ここでは特に、5月から10月に不首尾に終った事に関しての再挑戦が有効となります。これは恋にも仕事にも当てはまることであります。

 

青山五行の創始者 小池雅章先生に人生相談をいたしませんか?

恋愛・結婚、仕事やこれからの生き方についてなど、、ジャンルは問いません。
ホロスコープから見る運気の流れをもとに、あなたの悩みにお答えいただきます。

相談はこちらのgoogleフォームからご応募ください。

 

※二十四節気占いについて

二十四節気の区切りは、生まれ年によって若干異なる場合があります。
境目の生まれの方で、自分がどちらかわからないという方は、support@gentosha.jpへ
件名に【ホロスコープ歳時記】/メール本文に、生年月日・生まれた時間(なるべく正確に)と出生地をご記入の上、メールでお問い合わせ下さい。

{ この記事をシェアする }

ホロスコープ歳時記

「春分」や「寒露」など、手帳やカレンダーなどでもよく目にする東洋二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行は、まったく別のもののように思われていますが、実は同じサイクルで動いています。

西洋と東洋の占いをくみあわせた「青山五行」の創始者である著者が、星占いをさらに前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」によって、季節ごとの運勢を占います。

バックナンバー

小池雅章(青山五行) 占術家 「青山五行」創始者

世界各国の占術の研究を重ね「易」「四柱推命」「西洋占星術」などを複合的に組み合わせた独自の占術「青山五行」の創始者。
全国から鑑定予約殺到。これまで23500人を幸せに導いてきた、人気占い師。
twitterでの毎日の星占いが「当たる!」と評判に。@vinokoike
公式サイトではもっと詳しい星の動きを毎日更新しています。
https://www.aoyama-gogyo.com/

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP