1. Home
  2. 生き方
  3. 真木あかりの恋愛占い
  4. 2022年11月の恋愛運

真木あかりの恋愛占い

2022.10.31 更新 ツイート

2022年11月の恋愛運 真木あかり

8日、おうし座で皆既月食が起こります。月食というのは「特別な満月」で、ここまで頑張っていたことが大きく実り、意外なかたちで変化が現れるかもしれません。世の中的に、月の前半は「深入り」しやすいムードです。後半は一転して自由なムードに。「なんでもアリ」と、冒険的恋に心が向く人も多いかもしれません。月末は「幸運と拡大の星」と呼ばれる木星が、本来の動きを取り戻します。優しい癒しのムードが恋のきっかけになりやすいかもしれません。

 



★おひつじ座
3.21~4.20

【恋愛運】

月の前半は一途な気持ちが募るとき。ただ、一途というのはときとして、執着や嫉妬といった負の感情につながりやすいものでもあります。相手のことを思う気持ちは確かなものだとしても、「ずっと相手のことばかり考えてしまう」「他のことが手につかない」という状態になっている場合は、ネガティブなほうにいかないように、ただ好きでいることを検討してみてもいいのかもしれません。

 

【カップルの人】

普段はなかなか口にすることができなかったような、深い話ができるときです。ずっと話そうと思っていたものの、タイミングがつかめずにきたことがあるならここと決めて動いてみるといいでしょう。服やコレクションしているアイテムなど、「所有」が大事なキーワードとなる予感も。お互いが大切にしているものは、尊敬と尊重を大切にすると決めておくとよさそうです。勝手に処分するのはトラブルにつながるので絶対に避けて。

 

【シングルの人】

「何かを究めている人」に恋心が刺激されるとき。ひとつのものに打ち込む力、未知のことにチャレンジするワクワク。その人の目になって世界を見ると、自分の世界がグッと広がっていくように感じられるはず。自分とはまったく違うタイプの人に恋をすることもありそうです。相手を知りたいと思うことは、愛の始まりなのだろうと思います。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

月の前半は「この人でなければダメだ」という気持ちが高まりすぎて苦しくなりやすいかもしれません。「独占欲」と言ってしまうといささか安直というか乱暴な気がいたしますが、自分だけの存在にならない悲しみがいつも以上に高まるのがこの時期なのです。ただ、月の後半には自分とお相手が出会った意義、この恋でなければ得られなかったものも見えてくるはず。前半はどうかご自分を追い詰め過ぎず、ふわっと気持ちをほどく時間もお持ちになってみてはいかがでしょうか。

 

★おうし座
4.21~5.21

【恋愛運】

パートナーシップの充実期。皆既月食があなたの星座で起こることもあり、価値観の大きな変化やビビッドな転機を感じる人も多いでしょう。自分が変われば、他人とのかかわり方も変化します。その最たるものが恋人や配偶者との関係でしょう。幸いにして今月は、言葉を尽くしてコミュニケーションができるときでもあります。ひとりで決めてしまわなくてもいいかもしれません。ぜひ、語り合う時間を。

 

【カップルの人】

あなたの価値観ががらりと変わることで、パートナーとの接し方にも変化が現れます。いつも衝突の原因となっていたテーマにおいて譲り合うことができるようになる人は多いでしょう。あなたの変化に相手が新鮮な驚きを覚え、あなたへのアプローチが増えることもありそう。月の後半にはスキンシップが増え、気持ちが優しく溶け合っていることも、感じられるだろうと思います。

 

【シングルの人】

心の内側で大きな変化が生じそう。あなたは人でもモノもで、好きになるとそればかりを追い求める一途な人ですが、新しい「気になる」「好き」が増えるこの時期、日常のあらゆるテーマにおいて新規開拓が出会いのカギとなるでしょう。特に月の前半、話が合うなと思った人とはマメに接点を持ってみて。いい展開が期待できるかもしれません。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

好きな気持ちは確かにあっても、報われる見通しがまるでつかない場合は今月が正念場。これ以上の徒労はしのびないと、この時期から関係の清算を考え始めるかもしれません。「あと少し待てば、叶うかもしれない」と思いながら我慢してきた人は、頑張っていらっしゃいましたね。ここからは「相手が振り向いてくれさえすれば」「問題が解決すれば」など、誰かの“れば”次第で行動を決めるのではなく、自分の幸せを第一に行動を選択していけると素敵です。

 

★ふたご座
5.22~6.22

【恋愛運】

過去に愛した人の面影や、心に受けた痛みがまだ生々しく残っている人はいるでしょうか。手放せればどんなに楽になれるだろうと思っても、大切だった思い出ほど心のなかから消えてはくれませんね。ただ今月、あなたの心のなかでは、ごく自然に修復の流れが始まっていそう。そして、それは「始まり」の合図でもあるはずです。

 

【カップルの人】

日常の「ささいだけれど、大事なこと」でアンバランスな状態にあるのなら、今月はそれを抜本的に解決していけます。たとえば自分のほうが家事を多くしているとか、相手のワガママに合わせて我慢しているという場合、ちょうど良くするための話し合いができるはずです。私は思うのですが、単なる家事の話ではないのですよね。お互いの関係をすこやかに維持していくために大事な、「相手にコミットする」ということなのだろうと思います。

 

【シングルの人】

そろそろ「次」に行ける、そんな根拠のない確信が胸のなかに宿りそう。なかには「思い出に浸っている場合じゃないな」「あの経験を活かして、幸せにならなくちゃ」などと、すでに意欲の“芽”が生まれ始めている人も多いでしょう。新しい出会いに期待できそうなのは16日以降。話したり、メッセージを交わしたりと、言葉によるコミュニケーションを大切にするとチャンスをつかみやすいはずです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

相手の心の支えになれるときです。具体的にサポートをしたり、面倒なことを変わりにやってあげたりすることもあるでしょう。相手が心の内側で、あなたのことをフッと思い出しては元気になれたりする、そんなムードもあります。こうした日々があるからでしょうか、下旬からは一気にお相手の愛や感謝の気持ちが、あなたのなかに流れ込んでくるのだろうと思います。

 

★かに座
6.23~7.23

【恋愛運】

恋に追い風が吹くのは月の前半。カップルの人も、今は恋を探している途中という人も、「自分から行動してこそ、チャンスが舞い込んでくる時期」ということをちょっと覚えておいていただくと、いざというときに自然と体が動くでしょう。なお、あなたが好きな人を何かといえばけなす「自称・恋愛評論家」的な友達は、適度な距離を置いて付き合って。決めるのは自分。評価するのも、自分です。

 

【カップルの人】

前半は楽しく、後半は真面目に。あなたのことですから、普段から「真面目に楽しく」やっておられるかと思います。それで充分なようにも思いますが、月の前半はデートやレジャーの時間を持つこと。月の後半は、相手のためにできることを頑張ること。それによって愛の骨格が確かなものとなります。あなたも、頼りたいことがあればほどよく頼ってみると、相手の行動に愛を感じられるでしょう。

 

【シングルの人】

恋をするきっかけには事欠かない週。幸せな未来につなげていくためにも、既存の人間関係を心地よいものにチューニングしていくといいでしょう。会えば悪口や噂ばかりが飛び交う場や、「いい出会いがない」「どうせモテない」が口癖の人とは少し距離を置くだけでも心がすっきりと整ってきます。それでこそあなたらしい魅力が出てきますし、出会う人の質も変わってくるでしょう。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

障害はあっても、月の上旬はとにかくハッピー。会いたいなと思っていたら連絡が来るなど、日常的に嬉しいミラクルがあるでしょう。月の後半は、あなただからしてあげられることが多そう。お相手のグチに耳を傾けたり、愛の言葉を伝えたり。大好きなお相手に希望や前向きな心をもたらすことができるのは、ほかならぬあなたの存在なのでしょう。

 

★しし座
7.24~8.23

【恋愛運】

月の前半は少々守りに入りがちですが、優しくあたたかいムードにあふれています。後半に入ると一気に調子が出て、12月上旬まで恋に前向きな日々が続いていくでしょう。仕事で大きな心理的変化を迎える時期だけに、気ぜわしい時間となる人も多いかもしれません。でも、仕事において進むべき方向性を見定めることで、プライベートでもブレない自分を見つけられそうです。それでこそ、恋も安定する部分があるようです。

 

【カップルの人】

恋も仕事も好調で、充足感で胸がいっぱいに。その分、前半はちょっと疲れやすい部分はあるでしょう。おうちデートでのんびり過ごして、愛をエネルギーにつなげていきたいところです。月の後半は底抜けに楽しい時期。仕事も落ち着いてくるので、レジャーやエンタメを楽しむと特別な思い出を作ることができるはずです。デートコースはふたりで話し合いながら決めてみて。

 

【シングルの人】

月末、恋が始まる予感です。「いいな」と思える人もいれば、すでに出会っている人にときめきを覚え始めることも。突然出会うミラクルに賭けるのも悪くはないかと思いますが、自分にぴったりの恋を望むならやはり、自分から行動を起こすことが欠かせません。月の上旬は気が置けない身近な人や、出身地や出身校など同じルーツを持つ人と接点を持つのがおすすめ。後半は、楽しそうな場所には積極的に顔を出して。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

月の前半は自分を大事にするとき。お相手からの連絡には24時間無休でスタンバイ……的な時間を過ごしてきた人は、まずは自分の時間を「お相手に提示するどこに書き込んでもOKなカレンダー」から「自分のカレンダー」に戻すことです。お相手との約束のためにドタキャンした友達には、お詫びも兼ねて穴埋めを。そんなふうにしていると、月の後半は愛に満ちた時間になるでしょう。

 

★おとめ座
8.24~9.23

【恋愛運】

「自分を高める」「視野を広げる」ことへの欲求が増すこの季節、恋においても心理学の本を読んだりノウハウ的な記事を意識したりと、外部から知識を取り入れようという気分に。大事なのは、誰かの成功談を鵜呑みにしないことです。特にマニュアル的なものを信じてしまうと、あなたの素直な感性や魅力は小さな枠のなかに閉じ込められて、アピールできずに終わってしまうことも。あくまで「参考」に留めて、のびのびとやっていくのがこの時期の気分です。

 

【カップルの人】

月の前半はデートが楽しい時期。お相手の趣味に関連したイベントに同行したり、あるいは自分の趣味に付き合ってもらったりと、ふたりで「楽しいね!」と笑い合う時間を大切にするといいでしょう。月の後半に入るとムードは落ち着き、出掛けるよりも家などクローズドな空間が心地よいと思えるように。なお、親や親しい人に恋人を紹介するなら月の後半がベストです。

 

【シングルの人】

仕事でもプライベートでもあちこちから引っ張りだこになり、人との接点が増える時期。また、趣味や学びに関するイベントや講義は積極的に足を運ぶといい出会いにつながりやすいでしょう。月の後半はホームパーティーや同期会、OB会など気心の知れた人との間に恋が生まれるかも。今だからわかる、相手の身力というものもあるのだろうと思います。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

少々ピンポイントで恐縮ですが、24日前後に注目。人によっては自分の立場や家族に力を注ぐことになり、恋はちょっぴり乱暴な言い方ながら「そのあと」になるでしょう。一方、24日を境に癒しを感じられるようなコミュニケーションが生まれる予感も。うまくいかない時期を経たからこそ優しくできますし、それはお相手にとっても同じことのようです。

 

★てんびん座
9.24~10.23

【恋愛運】

活気ある忙しさに満ちた1ヵ月。身近な人のために東奔西走といったイメージが漂う1ヵ月。人から何かを教えてもらったり、あなたが逆に教えたりする機会も多そうです。自然と心をオープンにして過ごすことが多く、それが恋にプラスとなることも。恋としての進展はゆっくりですが、そういう時期だからこそ敢えてドライな付き合い方でお互いのことを理解し合えると素敵です。

 

【カップルの人】

週の前半は「本当にこの人でいいのかな」「これから先もやっていけるかな」などといった迷いが生まれそうなのですが、月の後半には「やっぱりこの人!」と思えるようになるでしょう。会話が愛に満ちたものとなるこの季節。デートは遠出よりも近場がおすすめ。日帰り旅行や近隣のテーマパークなど、相談しながら探してみては。

 

【シングルの人】

相手に求める条件に磨きをかけるとき。以前は「絶対こういう人!」と思ってきた理想が、今となっては少し色あせて感じられるようになっているかもしれません。それはきっと、あなたが成長したから。今の自分にとってベストな理想を、ブラッシュアップしてみてはいかがでしょうか。月の後半は社交的に。恋と縁がなさそうな場でも、気軽に足を運んでみて。いずれ恋に育つご縁もあるかもしれません。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

愛が執着に変わってしまっていたり、愛すれば愛するほどライバルへの嫉妬心が高まったりしていた人は、我慢の限界も近いかも。今月の目標は「バクハツしないこと」です。といっても、我慢しすぎた心というのは精根尽き果てて、そんな元気もないでしょうか。今月のあなたはどこかで「こんなにしてまで我慢する必要もないのでは?」という疑問が頭に浮かぶことに。「もっと幸せになってもいいのでは?」と思う人もいそうです。そうした発想が「次」に向かわせることも多いようです。

 

★さそり座
10.24~11.22

【恋愛運】

ハッピーなムードで始まる1ヵ月。特に月の前半は、恋において嬉しいことがいくつもありそうです。愛される力が高まるばかりでなく、弾むようなおしゃべりが楽しめるのがこの11月前半。目一杯楽しんでいきたいところです。なお、8日の皆既月食はさそり座の人にとって、パートナーシップ観が「満ちる」。そして大きく変わっていく暗示です。お相手がいる人もそうでない人も。何らかの潮目の変化を感じることになりそうです。

 

【カップルの人】

月の前半は楽しい時期。ただ、並行して皆既月食がパートナーシップ観に強く影響をもたらします。月食は「特別な満月」。これまでの関係が「満ちる」のですが、結果として心の深いところまでわかり合えるようになったり、違いを楽しめるようになったりするのでしょう。相手もきちんとあなたに向き合ってくれているのなら、無用なケンカや言い争いはなくなっていくはずです。

 

【シングルの人】

月の前半はいわゆるモテ期。あなたの魅力がいつも以上に輝くときで、トークも冴えます。接する人は恋愛対象になるかどうかを問わず、感じよく接してみると出会い運は広がっていくでしょう。片思いの人は24日以降に期待。ここから12月20日まで、恋に前向きな運気が続いていきます。前半の運気は受け身もアリな時期ですが、後半の運気は「自分から行動を起こしてこそうまくいくとき」。できることから始めてみて。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

お相手との関係性は、今が変化の時期。相手に「変わってほしい」「こうして欲しい」という特定の思いを抱いている人は、今が相手にとっては「努力のピーク」と考えたほうがいいでしょう。強く願うよりも、まずは「なぜ、相手がそういった(あなたが望まない)態度を取るのか」ということに目を向けたほうがよさそう。すでに散々目を向けてきた問いかと思いますが、「私ならこうするのに」ではなくお相手の気持ち側になりきって考えてみることで、これまでと違う対応ができるようになるはずです。好調な恋愛運を使っていくには、そんな工夫が必要なようです。

 

★いて座
11.23~12.21

【恋愛運】

パートナーシップを管轄する位置に滞在する「情熱と闘いの星」、火星は「逆行」というイレギュラーな時期に入っています。今ひとつ覇気に欠ける部分はあるものの、時間をかけて穏やかな関係を作っていこうとするならば前向きにつかっていけるでしょう。チャンスは月の後半に多そうです。

 

【カップルの人】

いつもはすぐに衝突しがちなカップルも、なぜかちょっと戦意喪失気味です。そう言ってしまうといささか物騒ですが、落ち着いて「愛される」ことを享受できる時期と言えるでしょう。愛を受け取れるのは月の下旬。生活をともにしているふたりであれば、必要な暖房器具を揃えるなど、家を快適にする工夫が愛を高めてくれるはずです。

 

【シングルの人】

端的にいえばモテる時期。特に月の後半、なかでも24日の新月前後はキラキラと輝くような幸運が降ってきやすく、偶然が重なるようにしてミラクルも期待できるはずです。月の上旬はちょっと素直になれなかったり、自分の気持ちを表現する言葉を見出せなかったりするのかもしれませんが、気になくて大丈夫です。後半になれば、悩んだ分を取り戻してお釣りが来るくらいにはちゃんと動けるはずです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

前半はもどかしさばかりが募ります。過去の嫌な思い出がふたたび蘇り、「どうせまた同じような展開になるのでは」と想像がネガティブのスパイラルに取り込まれてしまうことも。ただ、16日以降は恋愛運がいい時期にシフトします。嬉しいことも増えて、前向きに乗り切れるでしょう。なお、大切にすべき家族がいる人の場合、24日以降に課題が持ち上がることもあるかもしれません。

 

★やぎ座
12.22~1.20

【恋愛運】

8日の皆既月食はやぎ座の恋を管轄する場所で起こります。月食は「物事が満ちるという性質を持つ満月の特別版。ここまでの恋愛における努力が「実る」。その様子を、この新月前後では目にすることが増えるのかもしれません。余計なお世話かもしれませんが、前述した努力というのは「つらさに耐える」「傷つけられても負けない」ということではない、ということです。この月食の意味合いが効いてくるのは、ときめきがいっぱいの胸が高鳴るような恋。「そういう恋を選択する」という勇気を持つと、仮に硬直した状況であっても物事が動きやすいのかもしれません。

 

【カップルの人】

この人との未来がどうなるかとか、この先もずっと一緒にいられるのかといったことに気持ちが向かうのですが、まずは「今、ここ」を楽しみ尽くすことが大事な時期です。相手の目を見て名前を呼んで、笑い合える時間を大切にする。そこを飛び越して未来の確約を得ようとするような行動は、滞りにつながりやすいでしょう。享楽的に生きよという意味ではありません。「今、ここ」の積み重ねとして恋愛をとらえるといいよ、というお話なんですね。

 

【シングルの人】

条件はいろいろあるかもしれませんが、一度きれいに取り払って、単純に「ときめくかどうか」で接する人と向き合ってみるといいでしょう。ときめいた結果、行動を起こさない場合でも、まずは胸が躍る感覚をつかんでいただければ、あとは運命のほうからあなたに合わせてくるでしょう。ネットとも相性のいい時期です。SNS経由で趣味のイベントに参加したり、個性派のマッチングサービスを使ってみたりするといいでしょう。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

楽しむ、ということに振り切ってしまえば、不思議とふたりの予定や気持ちが合いやすいだろうと思います。「こんな行動をとってほしい」「こんなふうに接して欲しい」といった願望はいったんオフにして、楽しんでみてはいかがでしょうか。人によっては、月の後半はちょっぴり元気が出ない人も。その場合は、自分のための時間と思ってゆったり過ごせると運気が回復しやすくなります。12月10日以降は、やぎ座の恋の季節です。

 

★みずがめ座
1.21~2.19

【恋愛運】

仕事に対人関係にと、賑やかで楽しい運気が巡ってくる季節です。月の前半は仕事、後半は気が置けない仲間たちとの楽しい時間と、メリハリのきいた予定になる人も多いでしょう。既婚カップルであれば、家族のために時間を使うことも多そうです。月末には金運がアップするでしょう。こんなふうに、オン・オフともに活性化する間に、恋に関するイベントがちょこちょことのぞく時期と言えるでしょう。

 

【カップルの人】

同じ業界・業種のふたりであれば、月の前半は大いに盛り上がりそう。同業だからわかるディープな話で盛り上がったり、「こうしていけば、未来は明るいよね」という展望を描いたりと、日常が豊かになっていきます。同業でない場合は、お互いの仕事をリスペクトする姿勢を持つと安定しやすいでしょう。月の後半は友達カップルを呼んでホームパーティーをするなど、風通しのいい関係に前向きな運が巡ります。

 

【シングルの人】

仕事や友人関係のなかに恋の種が多い時期です。特に友人関係においては、“そういった雰囲気”ゼロで付き合ってきた相手に、ふとときめく瞬間が出てきそう。お互いにフリーだとわかった瞬間には、つい期待したくなることも。といっても、この時期は友達モードからの脱却タイミングがなかなかつかめず、進展するとすれば12月中旬の予感。今は急がず、普段のやり取りを楽しむとよさそうです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

プライベートや仕事でバタバタの1ヵ月。ただ、夜も眠れないほど悩んでいた人にとっては、悩みから離れるきっかけのひとつになるかもしれません。そんなきっかけなら欲しくない、と思われたりしていたらごめんなさい。ただ、一生懸命悩んだからといって解決するわけではありません。「悩むことへの執着」をふわっと和らげてあげることで、関係が良くなってくることもあるのですね。

 

★うお座
2.20~3.20

【恋愛運】

コミュニケーションにおいてあなたが頑張ってきたことが、今月は大きく実る予感。繰り返し語り続けてきた言葉が相手の心に届くのかもしれませんし、それによって相手の態度が少し変わったりもするのかもしれません。もちろん、他人を自由にコントロールできるわけではありません。それができると思ってしまうのは、人間関係においてとても怖いことです。ただ、ときどきこうしたミラクルは起きるものであって、そのとき私たちは人とかかわる喜びを再確認するのだろうと思います。

 

【カップルの人】

今のお相手との関係によって大きく成長するあなたがいます。愛するとはどういうことなのか。相手のためにどうするのが、二人のためなのか。そんな、正解のない問いに対し、あなたなりの答えを見つけるのでしょう。月末には、あなた自身の運も大きく広がりを見せます。起こりうるミラクルは全部ここで起こる、くらいのつもりで過ごしていただくといいのかなと思います。

 

【シングルの人】

世界が広がる時期だけに、いい出会いが増えそうですね。今のあなたに刺激を与えてくれる人、視野を広げてくれる人。仕事で尊敬できる人もいらっしゃると思います。すぐに進展するわけではないかもしれませんが、そうした魅力的な人に「素敵だなあ」「見習いたいなあ」とポジティブな見方をしていると、いいご縁が集まってきます。それが、大事なことなのかなと思います。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

24日までは自分の運気全体が「幸せ探し」をしている時期。そのため、まず目を向けるべきは恋そのものやお相手ではなく「自分」なのかなと思います。何が幸せと思うのか。どうするのが、嬉しいのか。きっと正解はあなたのなかにしかありません。自分なりに向き合っていくと、24日以降にサーッと視界が晴れて、新たな地平が見えてくるだろうと思います。

関連書籍

真木あかり『2022年下半期 12星座別あなたの運勢』

ウェブや女性誌で大注目の占い師、真木あかり先生による、2022年下半期(7月〜12月)の星占いです。ウェブマガジン「幻冬舎plus」で公開されている全体運に加えて、本作品では「仕事運」「恋愛運」などカテゴリー別の占いもお楽しみいただけます。全体の流れに加えて月ごとの運気の動きも詳しく解説いたします。 購入者特典として、2022年下半期の流れがわかる「注目日カレンダー」もお楽しみいただけます。(完全版のみの特典です) ◆恋愛運・仕事運では月ごとの運勢の動きも徹底解説 ◆12星座別「今がつらいあなたへ」メッセージを収録(「おわりに」より) スマホやPCに入れていつでも持ち歩ける、心のお守り本です。

{ この記事をシェアする }

真木あかりの恋愛占い

人気占い師・真木あかりさんによる恋愛占い。カップルの人・シングルの人・障害のある恋に悩んでいる人と、3つの状況別に、毎月の恋愛運を占います。(毎月最終日に更新します)

15日公開で真木あかりさんのコラムもお楽しみいただけます。

バックナンバー

真木あかり

大学卒業後、フリーライターを経て占いの道へ。『辛口誕生日事典 2018』『悪魔の12星座占い』(宝島社)など著書多数。LINE占い「チベタン・オラクル」監修。個人鑑定も行っている。

Blog http://makiakari.hatenablog.com/
Twitter @makiakari

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP