1. Home
  2. 生き方
  3. 真木あかりの恋愛占い
  4. 2022年9月の恋愛運

真木あかりの恋愛占い

2022.08.31 更新 ツイート

2022年9月の恋愛運 真木あかり

恋において、誠実さにスポットライトが当たる時期です。折しもコミュニケーションを司る水星が10日から「逆行」と呼ばれるイレギュラーな動きを見せることで、「連絡がこない」「予定が仕切り直しになる」といったことが起こりやすいときでもあります。「こういう時期」と思って不安になりすぎないようにしたいものですが、ある意味、普段は見えない本性が見えてくる部分もあるのだろうと思います。いたずらに心乱されるばかりでなく、ちょっと冷静に相手を見つめることができたなら、素晴らしい時期にしていけるのではないでしょうか。

 



★おひつじ座
3.21~4.20

【恋愛運】

愛を行動で示すとき……と言うとなんだかオープンカーの座席を真紅のバラでいっぱいにして駆けつけなければいけないような雰囲気が漂ってきますが(そんなことはない)、もちろんそうではありません。好きな人のために何かをしてあげたい。そんな優しい気持ちが、愛として伝わりやすい時期であろうと思います。

 

【カップルの人】

相手のために一念発起、サポートしてあげると絆が強まっていきます。ラブというよりも「生活!」「現実!」という感覚が強いかもしれませんが、それでも愛は深まっていくのでご安心を。ただ、10日以降は誤解が生まれやすいときでもあります。「相手はこれをすれば喜ぶだろう」とやりすぎてしまうと重たさが出てくるのはよくある話。行動力があるのはあなたの長所ですが、この時期はしっかり相手の意志を確認したほうが、お互いにとってベストでしょう。

 

【シングルの人】

月末と月初は動きがありそう。ただ、この時期は何かと曖昧なことが多いのです。恋愛に発展しないようで脈がありそうだったり、好きな人の気持ちがわかったと思ったらまた見えなくなったりと、もどかしい思いが募るとき。駆け引きをしたり、気を引こうと話を盛ったりすると、裏目に出ることがほとんどです。進展は「したらラッキー」くらいに思って、気負わず自分らしく過ごせるのが一番かなと思います。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

お相手の心に届きやすいのは「見つめているのはあなただけ」というスタンス。あなたなら、そんなことはもう当たり前のことでしょうか。とはいえ、その気持ちを維持するには自分で自分のご機嫌を取るなど、頑張らなければいけないことも多いのですよね。今月はお相手の気持ちが見えない、というもどかしさが強まっていきそう。ライバルがいる場合は「自分ならもっと大切にしてあげられるのに」などといった気持ちにも。自分のことや友達付き合いに、敢えて時間をかけるというのも心を平らかにするカギとなるかと思います。

 

★おうし座
4.21~5.21

【恋愛運】

恋の星・金星が愛情運を強力にサポートする9月。恋においても嬉しい展開が期待できます。大事なのは、「相手のルール」を理解しようという気持ち。あなたの「こだわる力」は間違いなく長所であり魅力でもあるのですが、それが強すぎることで恋愛運の出足が鈍るのがこの時期です。こだわることで満たされる喜びを誰よりもよく知っているあなたです。愛する人のこだわりも丸ごと愛せると、うまくいきやすいでしょう。

 

【カップルの人】

あたたかな追い風が吹くタイミング。愛を感じる出来事が多くありますし、あなたもまた“良いパートナー”であろうとする努力を惜しみません。基本的には素晴らしい時期なのですが、パートナーの方の短所がなぜかいつもより気になって、それが若干のストレスに。「それやめてよ!」なんて言えば当然ケンカになりますから、敢えてソフトフォーカスで相手を見るようにするのも良いのかなと思います。

 

【シングルの人】

ハッピーなムードでいっぱいの時期。好きな人がいる場合は特に、「一緒にいて楽しい」という印象を相手に与えることができるでしょう。復縁を望んでいる人は23日以降、連絡がつきやすくなる予感も。きっかけ作りはあなたの担当。ひとまずは「友人・知人として連絡を取り合える」というスタンスを狙ってみて。10月頭までは返信はほとんどこないかもしれませんが、この月末に働きかけておくことがポイントです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

恋する気持ちはこれまで以上に強まっていきます。お互いに想い合っているのなら、未来の話ができるなど嬉しいことは多そう。ただ、相手のことを冷静に見つめる目がそなわるため、愛の陰に隠れていた「現実」が見えてくる人も多そうです。もしも「好き」の前に「嘘をつかれているけど」「現状を変えていく行動を起こしてくれないけれど」といった言葉がついている場合、この愛を考え直したくなるのかも。

 

★ふたご座
5.22~6.22

【恋愛運】

この時期の恋は、なかなかにイレギュラー。過去の思いやご縁が再燃したり、連絡ミスで会えずに約束が流れてしまったりと、嬉しいこともそうでないこともほとんど予測がつきません。「絶対こうなってほしい!」「こうでないと全部不幸!」などと思ってしまうと恋はつまらなく感じられてしまいそう。あなたはもともと、楽しもうと思えばいろいろな角度から「いいこと」を見つけていける人。ハプニングも「楽しむぞ」と決めておくことで感じ方が変わってくるでしょう。

 

【カップルの人】

肌のぬくもりをすぐそばで感じられるような、あたたかい時間が欲しくなるとき。どこか緊張感を持って付き合ってきた人も、自然体のあなたでいられることでしょう。相手のために親身になれるときではありますが「親」的なポジションになってしまうと、ムードは微妙に。特にアドバイスは、相手が求めてこない限りはしないでいる、と決めておくとよさそうです。

 

【シングルの人】

仕事を指導してくれたり、プライベートで助けてくれたりした人に思わずときめいてしまいそうな予感。ホームパーティーや飲み会、レジャーなどで皆のためにちょっとした作業を引き受けると、それがきっかけで話をする人ができるようになるかもしれません。過去に知り合った人との関係に、今になって進展があることも。ただし、大勢で過ごしているうちはなかなかチャンスが作れない暗示も。まずは二人きりになれるタイミングを上手につかんで。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

障害があることで長く我慢を続けている人は、行動に制約が生じることでマンネリ化していると実感しそう。もしくは、「今後、正式に結ばれる日が来るのだろうか」などと思ってしまうと、途端に悲しくなってしまったりするでしょう。人によっては過去の恋人との再会が今のつらさを抜け出すきっかけになるかもしれませんが、そちらにも障害がある場合は心を鬼にして負のループを経って。余計に淋しさが増えるご縁では、つらいはずですから。

 

★かに座
6.23~7.23

【恋愛運】

友達との普段の接し方とか、カフェやコンビニでの店員さんへの態度とか、そうした「普段のあなた」が見られていそうなとき。だからといって「品行方正を心がけましょう」などとつまらないお説教をするつもりはまったくありません。「素のあなた」を見て好きになってくれる人なら間違いがないだろうと思いますし、あなたもまたそうした視点で人を好きになるのだろうと思います。

 

【カップルの人】

会話が増えたり、デートが盛り上がったりと、軽やかな楽しさがある時期です。「次はこんなとこ行ってみよ!」なんて提案が、意外なほどふたりをつなぐのかもしれません。相手の友達や家族をも、相手と同じくらい大切にする姿に、さらに好感が増していくのかもしれません。そうした「平凡だけど楽しい毎日」を今、積み重ねておくことが、山も谷もある人生をふたりで歩んでいこうねと、そんな気持ちにつながっていくように思います。月末、久々に会ったり連絡をとったりした人は要チェックです。

 

【シングルの人】

視界が広くなることから、いい出会いが期待しやすいときです。ただ、友達や知り合いの“その先”に一歩踏み出すチャンスとなると、今ひとつタイミングがつかめなかったり、チャンスと思っても二の足を踏んでしまったりしそうです、でも、今はそれでOK。好きな人も含め、皆で仲良くしようと考えるとき、相手もまたあなたに良い印象を抱くよう。今は恋をするための土壌を育てているのだと思って、楽しくやっていきませんか。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

友達や家族など、大切にすべき人との関係が最優先に。お相手が誰よりも大切な存在だとしても、たとえば「友達との約束をドタキャンして誘いに応じる」といったやり方をすると、お相手とのご縁も少し痩せてしまうようです。これは趣味や、自分のための時間も同じこと。ずっと悩みが胸から離れなかった人は、しんどかったですね。今もまだ胸が痛いとしても、この9月は少しずつ、自分や身近な人のために労力や時間を割くのが、不思議とご縁を強めてくれるだろうと思います。

 

★しし座
7.24~8.23

【恋愛運】

月初の数日は不思議とツキに恵まれそう。期待しないで行動したアクションが「当たり」だったり、連絡してみたら偶然会えたりと嬉しいことが多いかもしれません。10日以降はコミュニケーションの星である水星が逆行という動きに入ります。この時期は誰もが多少なりともコミュニケーションのモタつきを感じやすいのですが、しし座の人は今回、影響がビビッドなかたちで感じられそうです。逆行終了は10月2日。ずっと続くものではありませんから、心配しすぎずにいきましょう。

 

【カップルの人】

自分の幸福について考えるとき。目の前の人とこれからも一緒にいるとして、それは幸せなのか? より良くしていくにはどうしたらいいのだろう? そんな疑問が頭に浮かぶかもしれません。過去のさまざまなシーンがなぜか鮮明に頭に浮かぶかと思うのですが、自分の幸せについて考えてみるといいだろうと思います。

 

【シングルの人】

やや慎重モードに。片思いの相手でも、マッチングアプリでマッチした相手でも、この時期はコミュニケーションが少しのんびりめになるからです。せっかく約束をしても、どちらかが大幅に遅れるなどして会えないこともあるかもしれません。といっても、脈ナシとすぐに判断するのは時期尚早。どちらかというと、こういうときに「心配させない工夫やアフターケア」をしてくれる人は、本当の意味であなたを大切にしてくれているのかもしれません。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

やや不安が募りやすいときです。お相手からの連絡を待たされる、ということが起こりやすいときですし、ドタキャンや予定の繰り上げといったこともあるかもしれません。あなた自身もメールの宛先ミス、LINEの誤爆といった過失には注意したいところ。SNSが気になって心乱されるなら、むしろ「しばらく見ない」という選択もアリだろうと思います。

 

★おとめ座
8.24~9.23

【恋愛運】

5日から29日まで、恋の星である金星がおとめ座に巡ります。持ち前の魅力がいつも以上に出るときですし、あなたらしさが注目され愛されるときでもあります。10日からはコミュニケーションの星である水星が逆行という動きを見せ、いつもより時間がゆったりと流れるような日々を過ごされる人は多いでしょう。「再会」が恋のきっかけとなる人も多そうです。

 

【カップルの人】

嬉しいことが多いでしょう。多少マンネリ化していた人にも、「ちゃんと愛があったんだ」と実感し、自分に自身が持てる人が多いのではないでしょうか。パートナーに対し、長く頑張ってきたことが報われる人も。絆が強まるシーンが幾重にも重なって、かけがえのない関係性へと育っていくでしょう。この時期は仕事がとても忙しいのですが、ときめくことはどうぞ、お忘れなきようにと思います。

 

【シングルの人】

誰かがあなたに思いを寄せる──そんなことが起こりやすいときです。必ずしも外見ばかりが恋を左右するとは申しませんが、人は外見で惹かれることも多いもの。自分らしいおしゃれを楽しんで、できればニコニコと笑っていられるとチャンスが増えるでしょう。そのためにも、大好きな服を買ったり、思わず笑顔になれるような人や場所を選んだりと、自分を「そうさせてくれる」ように行動できるといいですね。たくさん、自分を嬉しくさせてやりましょう。過去に知り合った人との再会が、恋のトリガーとなることも多そうです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

愛されている実感を得られたり、絆を実感したりと、心がみっしりと満たされていくときです。理想をいえばきりがないにしても、ふたりが出会ったことにはちゃんと意味があったのだと感じることができるでしょう。「もう終わってしまったのかな」と思っていた人も、ふとしたことから「物語の続き」を見つけられるかもしれません。

 

★てんびん座
9.24~10.23

【恋愛運】

コミュニケーションを司る水星が、10日から「逆行」というイレギュラーな流れを開始します。どの星座の人もひとしく影響を受け、コミュニケーションがのんびりしたものになるのですが、てんびん座の人はとりわけ、肌感覚で影響を実感するかもしれません。ただ、占いで「そういう時期」とわかっておくことで、いくばくかしのぎやすくなるもの。予定した通りに進むことだけを「良いこと」と考えず、柔軟にやっていけると素敵です。

 

【カップルの人】

いつもより少し丁寧に相手の声を聞くといいときですし、いつもより少し素直に自分の気持ちと向き合うといいとき。あなたは人と適切な距離をとることに長けた人ですが、この時期はなぜか不器用になってしまう人も多いのだろうと思います。こんな時期があってこそ、かかわり方のバリエーションを増やしたりできるのかもしれません。「もっとうまく言えたのに」「もっと笑顔でいてあげてもよかったのに」などと悔やんでウワーとなるより、今はレッスンの途中なのだと思ってみてはいかがでしょうか。

 

【シングルの人】

ずっと恋しく思っていた人と偶然会えるなど、嬉しいことがあるのかも。相手への気持ちが果たして愛なのか、これからどうなるのかといったことはひとまず置いておいて、連絡先を交換するなどしておくことは悪くないはずです。また、アプリやSNS経由でいいご縁が得やすいかも。「意気投合して一気に進展!」的な気持ちよさは少ないかもしれませんが、いいなと思う人にはサインを出しておくといいでしょう。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

自分の大切な何かを犠牲にするようにして恋をしている人は、「もっと頑張らなければ」と自分に無理を強いがちに。ただ、もしもそうした日々を続けるなかで傷ついてきた自分がいるならば、まずは自分をケアすることを優先したほうがよさそうです。あなたもよくわかっているとは思いますが、我慢するために出会ったのではないはずです。頑張った自分をしっかりといたわって、本心の声に耳を傾けて。

 

★さそり座
10.24~11.22

【恋愛運】

10日の満月は、あなたの恋を明るく照らし出す位置で起こります。満月は「物事が満ちる、振り返りと調整のタイミング」。長く頑張ってきたことある人は、この日の前後に嬉しい進展を感じられるかもしれません。ただ、もしも何もなかったとしても、がっかりしなくて大丈夫。積み重ねたことが「満ちる」ときですから、本心とずれたものが積み重なっているのなら、それは満月からの「別のアプローチを試してみるといいよ」というサインであるからです。

 

【カップルの人】

相手は何を思っているんだろう。自分に何を求めているんだろう。そんなふうに、「考え続ける」ことが大事なときです。お付き合いが長くなればなるほど、相手を理解できたと感じる経験が増えれば増えるほど「この人がこうするということは、きっとこう思っているのだ」ということが推測しやすくなります。それは素敵なことですが、「わかったつもり」でいると気持ちはどんどんズレていってしまいます。わかろうとし続けることが、この時期はきっと愛という名前の行為なんだと思います。

 

【シングルの人】

身近なところに恋のきっかけがあるときです。同僚の話し相手になったり、友達から連絡がきたりしてなつかしい話が再燃したりするのですが、そのなかで次第に惹かれていくのかもしれません。ネットで知り合った人との関係も、いいムードになりやすいでしょう。星回りからすると、とんとん拍子にバリバリ進んでいく見通しは薄めなのですが、まずはいろいろな角度からお相手を見つめてみると、かけがえのない存在になれるだろうと思います。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

「こんなに苦しむくらいなら……」と、現状維持以外の方向に心が向いていくのかもしれません。明るい未来を脳裏に思い浮かべたい、という気持ちは誰よりも強いはず。それでも、叶うかどうかについてはあくまでシビアに「わかってしまう」のだろうと思います。そんなとき、気分転換に付き合ってくれる人やどんなグチも受け止めてくれた人が、魅力的に見えることもあるだろうと思います。

 

★いて座
11.23~12.21

【恋愛運】

いて座の人にしては珍しく……なんて言ったら叱られてしまうかもしれませんが、恋は少し手薄になりやすいときです。恋以外が、忙しいからです。わくわくするような仕事を前に、人への関心が「ともに闘う仲間」的な人に向けられることは多そうです。また周囲も、仕事にフルコミットするあなたに期待しています。そういった時間もまた充実した日々なのですが、大切な人はちゃんと大切にしてこそ、いて座の人は人生を楽しめるのだろうと思います。きっと私が言わなくても、あなたはちゃんとわかっていますね。体には気をつけて……(親みたいな占いになってすみません)。

 

【カップルの人】

仕事を愛しすぎたり、相手に求めるものが多くなりすぎたりするとかなり恋が手薄になりそうです。「忙しくてごめんね!」が口癖な自分に嫌気がさしたり、ふたりでまったりしている最中に「この時間があればあの仕事が……」と上の空になっていたりと、心穏やかでないことも。家には仕事持ち込まないなど、自分なりのルールを作ってみてもいいのかも。そして、頑張るあなたを応援してくれる相手こそがエネルギー源であることに、感謝していけるといいですね。

 

【シングルの人】

仕事つながりの人に、次第に惹かれていきそう。修羅場をともに乗り越えた達成感や、困難な仕事に諦めずチャレンジする姿勢への尊敬の念が、いつの間にか個人的な情に変わっていくのです。あるいは、無我夢中で取り組むあなた自身が、誰かからそうした視線を向けられているのかもしれません。まずは仕事が一番であろうと思いますが、同僚や同期といった“ヨコの関係”の人の場合、認識のズレが起こりやすいのでご注意を。丁寧に解消することで、信頼関係も築けるでしょう。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

仕事つながりのおふたりである場合、関係は密なものになりやすいでしょう。相手のやる気を引き出したり、ストレスフルな状況をいたわってあげたりと、お相手をメンタル面でサポートしてあげられるときです。あなただからすくい上げてあげられる感情が、必ずあるはず。そこで愛を深めていけると、絆は強まっていくのだろうと思います。

 

★やぎ座
12.22~1.20

【恋愛運】

愛の「理屈ではない部分」が、すとんと腑に落ちるようなところがありそうです。矛盾だらけの自分の気持ちにOKを出してあげられる人はとても多いでしょうし、一筋縄ではいかない恋愛事情に「でも、こういう学びがある」と意義を見出していける人もいそうです。かつての自分が夢見た未来と大きく違っていたとしても、自分を肯定する理由を、ここで見つけていくのだろうと思います。

 

【カップルの人】

義務や役割といったことについて──人によっては、仕事そのものについて──どのくらい共感できているかで、この時期の感じ方は大きく違ってくるのかも。普段から共感できる部分が多いなら、この時期は“戦友”と呼べるような愛が実現しそう。逆にすれ違ったり、お互いに苛立ちを感じていたりするのなら、相手の子どもっぽさに嫌気がさしてしまうかも。どれだけあなたがオトナになれるかが、カギをにぎる月です。

 

【シングルの人】

あなたのことを面白がってくれる人が、恋のお相手として浮上しそう。趣味からファッションまで「それ、すごいね!」「どんなところがイイの?」などといった質問をくれる人は、コミュニケーションを取ってみるといいでしょう。どう思われるかは気にしなくて大丈夫。相手はあなたが見せてくれる、自分には知らない世界のことを楽しみたいのです。そこに、恋が芽生えるのかもしれません。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

恋以外のことがバタバタとハプニング続きで、ここまでぐーっと悩みの底に深くはまりこんでいた人も、しばし悩みから離れる時間ができそうです。そうしてみることで、障害のあるこの恋のいいところ、お相手の愉快なところも見えてくる予感。悩んでばかり、辛いばかりと思っていたけれど、自分にとって大切なものだったことに改めて気付ける人は多いだろうと思います。ただ、相手がその場しのぎの嘘でのらりくらりとしている場合、急に心が冷めていきそうな暗示も出ています。

 

★みずがめ座
1.21~2.19

【恋愛運】

情熱的な愛の季節が、熱量を増していきます。そこに深さが加わるのがこの時期。もっと深くつながりたい、もっと深く分かり合いたいという気持ちから、普段の自分ならまず選ばないような行動をとってしまうことも。それが独占欲として伝わってしまうと損ですが、みずがめ座の人の愛はそもそも、相手にクールな印象を与えることも多いのです。そのため、思った以上にプラスの化学変化が起こることも、十分に考えられるだろうと思います。

 

【カップルの人】

もっとアツくコミットしたいという気持ちが高まります。「この人じゃなきゃ、ダメなんだ」というあなたの思いの高まりが、相手にもしっかりと伝わるでしょう。仮にセックスレスになってしまっていた場合、この時期に情熱を取り戻せる人も多そう。スキンシップと言葉を大切に、情熱的な秋の始まりを楽しんでみてはどうだろうかと思います。遅刻しやすい時期なので、待ち合わせのときはご注意を。

 

【シングルの人】

妙にモテるときなのですが、下心をもって近づいてくる人がかなりの割合でいそうです。あなたも「この人ならOK!」などと思えてしまったりするのですが、ワンナイトラブにリスクはつきもの。さらに、自分でも思った以上に、割り切れないようです。「あの人以上の人なんていない……」などと変に遺恨を残しかねないので、人選はしっかりとすることをお勧めします。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

愛が嫉妬や執着に変わりやすいとき。そもそも、相手も自分も尊重する、対等な関係を理想とするあなたです。自分のなかに、そうした熾火にも似た炎があることに、戸惑いすら覚えるかもしれません。それだけお相手のことが大切なのだと、プラスに受け取ってみていいのではないでしょうか。いけないのは、それを他人にぶつけることです。この時期は「いっそバレてしまえ」と言わんばかりの思い切ったアイデアも浮かんだりするのですが、まずは思いど止まるように思考回路を持っていけると素敵です。

 

★うお座
2.20~3.20

【恋愛運】

パートナーシップにあたたかな追い風が吹く時期です。「わたし」と「あなた」の関係を、前向きにかたちづくっていきやすいときなのです。ただ、悩みが生まれている人は、袋小路でずっともがいているような心境になりやすくもあるでしょう。その場合は月末から来月上旬にかけて、しっかり話し合うと解消に至りやすいだろうと思います。

 

【カップルの人】

愛あるコミュニケーションが生まれるとき。相手の愛を確かに感じることでしょうし、あなた自身もまた愛を言葉や態度に出していけます。お互いを尊重し、信頼していけるので、結婚する、あるいは一緒に住むといった予定がある場合は、いいじいにしていけるでしょう。ただ、もしも悩んでいることがある場合、それを口に出せるかどうかは重要なポイントに。話し合える関係こそを、大事になさってください。あなたひとりが、我慢しなくて大丈夫です。

 

【シングルの人】

将来を約束できるような、誠実な人と出会えるときです。この時期は「いつものメンバー」と過ごすことで自分らしく頑張れるときで、出会いも身近な人のなかにある可能性が高いです。ただ、そこだけにこだわらず、アクティブに行動範囲を広げていくことが大事です。「あの子のほうがかわいい」とか「若さがあれば」などと、条件を他人と比べるのは、みずから可能性を捨てているようなもの。「今の自分を、丸ごと受け止めてくれる人と出会う」と決めてこそ、ぴったりの人との出会いにも恵まれるのだろうと思います。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

自分のなかにある嫉妬心に、辟易とさせられる部分があるのかも。もし、お相手やお相手のまわりの人のSNSを頻繁にチェックせずにはいられなかったり、誰かを憎々しいと思ってしまったりするなら、いったんそこからは離れることも大事です。そうした気持ちを口に出すほど、あなたも愚かではないはず。それでも、どうしたって重さとなって相手に伝わりやすい時期です。本来的には、愛あふれる季節です。そのなかにいるのだと、まずは自分を安心させてあげるとよさそうです。

*   *   *

連載リニューアルのため、真木あかり先生の恋愛相談の受付は2月28日をもって終了とさせていただきます。これまでたくさんのご応募をありがとうございました。すべてにお答えできず申し訳ございません。(最終公開日は3月15日となります)

4月からは新たな連載が始まりますのでぜひ楽しみにお待ちください。

関連書籍

真木あかり『2022年下半期 12星座別あなたの運勢』

ウェブや女性誌で大注目の占い師、真木あかり先生による、2022年下半期(7月〜12月)の星占いです。ウェブマガジン「幻冬舎plus」で公開されている全体運に加えて、本作品では「仕事運」「恋愛運」などカテゴリー別の占いもお楽しみいただけます。全体の流れに加えて月ごとの運気の動きも詳しく解説いたします。 購入者特典として、2022年下半期の流れがわかる「注目日カレンダー」もお楽しみいただけます。(完全版のみの特典です) ◆恋愛運・仕事運では月ごとの運勢の動きも徹底解説 ◆12星座別「今がつらいあなたへ」メッセージを収録(「おわりに」より) スマホやPCに入れていつでも持ち歩ける、心のお守り本です。

{ この記事をシェアする }

真木あかりの恋愛占い

人気占い師・真木あかりさんによる恋愛占い。カップルの人・シングルの人・障害のある恋に悩んでいる人と、3つの状況別に、毎月の恋愛運を占います。(毎月最終日に更新します)

15日公開で真木あかりさんのコラムもお楽しみいただけます。

バックナンバー

真木あかり

大学卒業後、フリーライターを経て占いの道へ。『辛口誕生日事典 2018』『悪魔の12星座占い』(宝島社)など著書多数。LINE占い「チベタン・オラクル」監修。個人鑑定も行っている。

Blog http://makiakari.hatenablog.com/
Twitter @makiakari

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP