1. Home
  2. 生き方
  3. あぁ、だから一人はいやなんだ。
  4. 第178回 同窓生

あぁ、だから一人はいやなんだ。

2022.05.15 更新 ツイート

第178回 同窓生 いとうあさこ

毎週土曜朝7時から生放送でやっている文化放送「ラジオのあさこ」。先日、始まって1時間、私が「時刻は8時をまわりました」的な事を言っていると突然、一緒に番組をしている砂山圭大郎アナが「ちょっとすいません。あの、今日はあさこさんに内緒にしていた事がありまして」と言い出した。しかも真顔。いろんな経験値が私の想像を即座に悪い方向へもっていく。え? 砂山さん、辞めちゃうの? それとも番組が終わる? なんなのよ、なんなのよ。言葉を続ける砂山さん。「今日、サプライズゲストが来ています。」ん? ゲスト? こんな朝早くに? ドアが開くとそこにはまさかの“かたせ梨乃”。「おはよ! アハハハ!」めっちゃ笑っている。え? え? どういう事? まったくもって事態が飲み込めない。ただただマスクをしていてもわかる程、部屋の中がいい匂いになったのだけわかった。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連書籍

いとうあさこ『あぁ、だから一人はいやなんだ。2』

セブ旅行で買った、ワガママボディにぴったりのビキニ。いとこ12人が数十年(?)ぶりに全員集合して飲み倒した「いとこ会」。47歳、6年ぶりの引っ越しの、譲れない条件。気づいたら号泣していた「ボヘミアン・ラプソディ」の“胸アツ応援上映”。人間ドックの検査結果の◯◯という一言。ただただ一生懸命生きる“あちこち衰えあさこ”の毎日。

いとうあさこ『あぁ、だから一人はいやなんだ。』

ぎっくり腰で一人倒れていた寒くて痛い夜。いつの間にか母と同じ飲み方をしてる「日本酒ロック」。緊張の海外ロケでの一人トランジット。22歳から10年住んだアパートの大家さんを訪問。20年ぶりに新調した喪服で出席したお葬式。正直者で、我が強くて、気が弱い。そんなあさこの“寂しい”だか“楽しい”だかよくわからないけど、一生懸命な毎日。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP