1. Home
  2. 暮らし術
  3. ホロスコープ歳時記
  4. 【東洋二十四節気 星占い5月5日~】「立...

ホロスコープ歳時記

2022.05.05 更新 ツイート

【東洋二十四節気 星占い5月5日~】「立夏」の時期の運勢 小池雅章(青山五行)

四季折々の暮らしに欠かせない歳時記。昔から伝わる、季節の行事にあわせた暮らし方には日々の健康や開運・幸せになる知恵がたくさんつまっています。

そしてこれはあまり知られていないことですが、歳時記のもととなる二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行には密接な関係があるのです。

本連載では、5月5日から始まる「立夏」の時期の過ごし方について、12星座を前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」でアドバイスします。

 

*   *   *

5月11日の木星移動は運気にどう影響するのか

初候 5月5日~10日 蛙始めて鳴く(かわず はじめてなく)

次候 5月11日~15日 みみず出ずる(みみず いずる)

末候 5月16日~20日 竹のこ生ず(たけのこ しょうず)

 

♪ 卯の花の匂ふ垣根に ホトトギス 早も来 啼きて 忍びねもらす 夏は来ぬ

八十八夜も過ぎて、夏の気配満載となってまいりました。

この「夏は来ぬ」の抒情的な歌詞と作者、佐佐木信綱氏ついては、昨年2021年の記事に書かせて頂きましたので、よろしければ是非バックナンバーをご覧ください。

今年は占星術的に大きな変動がありますので、そちらを記してゆきます。

木星という星がありますが、この星は世間的には「幸運の星」というように喧伝されております。木星の公転周期は12年なので、ここから12進法の時間が制定されたようです。

そして、東洋歴の十二支、子丑寅……といった干支は木星の動きから派生した概念であります。ですから木星(ジュピター)は中華圏では「歳星」(さいせい)と称されています。多少のズレは生じますが、午年生まれは木星が蟹座にあるといった具合になります。

今回、この木星が5月11日に牡羊座へと入って行きます。

前回の木星の牡羊座滞在は2010年6月7日~2011年6月4日でした。

この時と全く同じ事が起こる訳ではありませんが、牡羊座的な象意が拡大されてゆく事になると思われます。 牡羊座的要素とは、その主星である火星の意味と同一となりますので、男性性、行動、争いといったものです。

 

木星は幸運の星という概念は別にして、物事を拡張させる役目を担う、という事が本来の意味かと私は解釈しており、良きにつけ、不都合なことにつけ、どちらも拡大させるというのが基本的な暗示であると考えております。

今回の木星の牡羊座滞在は2023年5月17日までとなりますので、それまでは前述のような傾向が拡大してゆく暗示が漂うのではないかと思われるのです。

加えて2008年から山羊座に滞在する冥王星ですが、こちらは2023年3月25日に一度水瓶座に移行するも、逆行により同年6月12日には山羊座に戻り、本格的に水瓶座に入ってゆくのは2024年1月21日です。

 

星が暗示する、社会体制の変貌

冥王星とは、破壊と再生の星であります。山羊座とは、社会体制であります。

つまり2008年から始まった経済混乱からアラブの春、世界的疾病流行、そして紛争が、2024年までに大きく世界の仕組みを変貌させてゆく暗示となるのです。

前回、冥王星が山羊座に滞在したのは1763年~1777年で、この時も大きく世界の社会体制が変貌いたしました。

一番大きなものが、1776年のインディペンデンスデイ=アメリカ合衆国独立宣言であります。ここから大きく世界が変わり始めたのです。

今回、こちらも、同じ事が起こる訳ではありませんが、同様の象意を含む事は否めないようです。

そして前回の木星牡羊座、冥王星山羊座滞在は1773年でした。

ここで起きたことは、日本では安永二年の物価高騰が起こり、世界ではボストン茶会事件などアメリカ合衆国の建国に関連する動きが顕著でありました。

この木星や冥王星の動きを、ご自身の来し方と対比することによって、どのような近未来が待っているかを推測してゆく事が占星術の基調であり、面白さであります。

このように木星以遠の天体は、しっかりと社会に大きな影響を及ぼしているのです。
そして社会とは個人の集合でありますから、我等、個人個人にも当然及んでくるのであります。

二十四節気星占いでみる、5月5日~5月20日の運勢

 

牡羊座前半生まれ=春分生まれ

あなたにとっては運気が大きく高揚、拡大してゆく期間です。これは11日頃から始まり、数ヶ月継続してゆく暗示となっています。何が良いという明確なものではなく、全体的に運気の底上げ、選択肢の拡大といった事が起こるでしょう。ここで重要なのは、具体的に絞り込んでゆくという事です。あれもこれもと手をつけてしまうと収拾がつかなくなるどころか、どれも中途半端で終わってしまいかねません。的を絞り込み、そこに全力を集中すれば大きな成功が待っているという嬉しい暗示があるのです。焦らずに考えをしっかりとまとめてから取り掛かると吉です。

 

牡羊座後半生まれ=清明生まれ

人気運が高まると共に金運の良きターニングポイントともなってゆく期間であります。人気運は15日を過ぎた頃から自然と上昇に向かいます。ここでの注意は、人の好意を踏みにじらないようにする事です。モテ過ぎもなかなか苦労するという事を体感なさるようですが、上手い断り方、かわし方の勉強期間でもあるのです。そして16日の満月は、あなたの金銭感覚に一石を投じるものとなるでしょう。お金に対する見方が変わるきっかけが生じ、この変化は良き結果を招くものとなるという暗示ですので、積極的に意識転換をなされて正解かと思います。

 

牡牛座前半生まれ=穀雨生まれ

あなたの隠されていた才能、眠っていた力を意識し始める時となります。これは15日くらいまでがとても顕著ですから、その第六感のようなものを信じてよろしいと思います。特に経済に関する見直しは効果的な時であり、5月いっぱいはその有効期間と捉えていただいてよろしいでしょう。この期間はどちらかといえば単独行動とか秘密裏に行動といったほうが、何らかの成果を出す時でありますから、あまり派手はでしい言動は控えたほうがよい結果になるはずです。じっくりと今後の経済に関して見直してゆく、静かな時間がお似合いであります。

 

牡牛座後半生まれ=立夏生まれ

太陽があなたの許を進む時ですからエナジーは充分でありますが、誕生日前の数日は運気の切り替えポイントとなりますので多少の自粛が必要となります。誕生日のイベントなどは誕生日を過ぎてからのほうが有益なようです。この期間、人間関係は活発に動きますが、なかなか見通しを付けにくい面もあるかもしれません。慎重な判断をしてゆきましょう。そして、一番の朗報は、復活や再生が起こる確率がぐんと跳ね上がる期間でもあるということです。諦めてはいけません。最後の望みにかければ、大逆転が生じる可能性があるのです。

 

双子座前半生まれ=小満生まれ

多くの考えやビジョンがあなたの脳裏をよぎってゆく時であります。ここでの早とちりはいけません。大事なことの結論は、少なくとも6月初旬まで温めているほうが、好結果をもたらすようになるでしょう。早合点だけが避けるべきことであります。一方で、あなたの社会的な人間関係が大幅に拡大し始めます。これは11日あたりから顕著な動きとなり、数ヶ月は継続してゆきますので、社会的な基礎インフラとしての人脈形成の時期といえます。ここで大事なのは「人脈をお金に変えようとするとそれは消滅する!」といった諺を頭の中に置いておく事であります。

 

双子座後半生まれ=芒種生まれ

現在のあなたの社会的ステータスをしっかりと位置づけてゆく時であります。何となく曖昧な立場を明確にするのには、自信と実績が必要です。先ずは自信を持つ事が有用な手段で、それが身につきやすい時期ですから、ここでの頑張りは良き経験となり自信形成の近道になるでしょう。16日の満月は、これまでの働き方を別の角度から考えてみる良きチャンスでもあります。具体的な方法で変化をつけてゆく事をお勧めいたします。良き協力者も出現してくる時なので、先ずはオープンマインドで行きましょう。

 

蟹座前半生まれ=夏至生まれ

あなたの評価が急激に高まってゆく期間の始まりです。これまでの周囲との良き関係が基盤となっての大抜擢なども、期待が持てる時となりました。ご自分が内面で考えているよりも、実際の評価のほうが数段、上回っているようですので、自信を持ってまいりましょう。あなたの仲間意識の強さがこれらの礎となっておりますから、これまでどおり周囲に対するホスピタリティーを忘れずにゆきましょう。ただし、身内贔屓なところは多少の是正が必要となります。公平さがあなたに加われば、真のリーダーやビッグママといった存在となりうるのです。

 

蟹座後半生まれ=小暑生まれ

対人関係、パートナーシップ、相棒といった関係について良き暗示があります。一度、失いかけたり壊れかけたりしていた関係性が復活、再生する可能性が、最高に高まる2週間となってゆきます。あなたがリバイバルを強く望むならば、その実現性は更に高まります。気持ちを強く持って言葉や行動に出してゆきましょう。特に愛情、恋愛関係の仕切り直しについては、16日の満月前後が思い切った行動をとりやすいので、ここに賭けてみるのも良いかと思います。運気はあなたを応援していますから、もちろん新規の関係性の創出にも最適の時であります。

 

獅子座前半生まれ=大暑生まれ

これまで積み重ねてきた事が、大きな自信となって、あなたの基盤を支えてゆく時となります。特に11日以降は、あなたに注ぎ込むエナジーがより大きなものとなってきますので、何らかの形に昇華してゆかねばなりません。よほどの活動をしてゆかないと持て余す程のものですから、仕事は言うまでもなく、恋や趣味の世界においても活躍が待たれます。この期間は、人付き合いも広がってゆく時ですから、そちらにも力を消費する事になりますが、それでもなお余りある力を有する時期となるでしょう。ただし、人間関係は無闇に拡大せずに、よく見極めてからがよろしいと思います。

 

獅子座後半生まれ=立秋生まれ

多くの課題が未遂のままであります。まずは、仕事における周囲との協力関係の構築をいそがなければならないようです。対人関係においても、少しばかり厳しい状況が続いておりますが、実はこの時期は、それらをまとめて処理する力を有しているのです。特に社会的な評判を取り戻すには最適な時でありますので、周囲との協調から始めてゆけば、今以上のステータスを維持する事が可能となるでしょう。16日に形成される満月前後に、あなたの影響力はさらに強まりますから、このあたりで形ができてゆくでしょう。諦めずにやりきる事が幸運の鍵です。

 

乙女座前半生まれ=処暑生まれ

これまでに得た固定観念を、ここで総チェックしてゆく時期に入りました。世の中の流れが変われば、社会常識もそれにつられて変容してゆきます。あなたはとても理性的な考えをなさる方ですので、真面目ではありますが、時に古い価値観に拘泥してしまう事もあるようです。しかしこの期間は、変化に上手くあわせてご自身の価値観を変えてゆくタイミングであります。ちょうど、時期的にも周囲の協力や助力を得やすくなっていますので、人に頼ってはいけない、といった意識も考え直してみては如何でしょうか。あなたも誰かから頼られたら、少しは嬉しい気持ちになるはずです。

 

乙女座後半生まれ=白露生まれ

対人関係、パートナーシップなどが、あなたの日常に大きく影響してゆく期間となります。一番の課題は、相手が何を考えているのかがはっきりとつかめないということです。しかしながら、実は、相手もはっきりとした考えや気持ちが固まっていないのかもしれませんので、無理してそのあたりを確かめるのは徒労となるだけのようです。こんな時は鷹揚さが必要です。焦らず、ゆったりとした気持ちで時を待つこと。相手に期待しなければそれも充分可能です。焦燥は、相手を自分の思うようにしようとすることから始まりますから、ここでは、その存在を考えないようにする事も一案であります。

 

天秤座前半生まれ=秋分生まれ

11日頃より、あなたの人間関係に大きな彩りが添えられそうです。この傾向は数ヶ月間継続してゆきますので、生涯の伴侶から仕事の相棒、日常の良き友人までの出会いや関係の進化が期待される時となります。その為にも、これまでの凝り固まった固定観念を構築し直すといった作業も必要となります。元々、博愛主義のあなたですが、その特性を活かしながらも、冷静に人を見る目に磨きをかけてゆく期間でもあるのです。ここで良き関係を作り上げられれば、あなたの人生も豊饒なものとなってゆくことは間違いないでしょう。

 

天秤座後半生まれ=寒露生まれ

仕事に関して、これといった手ごたえがつかめないままに時が過ぎてきましたが、このあたりで、巻き返しを図りましょう。先ずは目標を絞り込む事です。多くの事を一度にやろうとすると、どれも中途半端になってしまいます。ここでは具体的に一つずつ片付けてゆく事が好結果に繋がります。そして16日の満月が、あなたの価値観を多少とも変化させてくれることになりますので、このタイミングで何かを始めると良いかもしれません。対人関係には恵まれる時ですので、安定した関係性が築かれる期間でもあります。

 

蠍座前半生まれ=霜降生まれ

久しぶりに好調な仕事運が開けてゆく時となりました。しかしながら、注意しないといけないのは、多くの選択肢が出現して、あれこれと迷ってしまうという事です。ここでは、目標を絞り、具体的行動をしてゆく事が大切となります。加えて、周囲の人と歩調を合わせることも忘れてはいけません。ついつい、好調に任せて独走しがちになると、周囲からのやっかみや反感を買う恐れがあります。もう一つ気をつけなければならないのが、この期間は体調もなかなか良好となりますので、ついつい食が進み、気がついたらウエストがワンサイズアップなどという事にもなりかねないということです。食べたらカロリー消費も同等になさって下さい。

 

蠍座後半生まれ=立冬生まれ

16日の満月は、少しばかりの変身のチャンスであります。これはあなたにとっては相性の良い満月といえます。多くの変化が良き方向へとの転換となってゆくでしょう。ですからここでの変化を恐れずに、進んでその波に乗っていって正解かと思います。これによって、今までは難しいと感じていた事態も、あっさりとクリアーできる可能性が高まります。そして一番の幸運は、何かが復活してゆくという事です。人間関係から仕事まで、有形無形に拘わらず、あなたが欲しているものを呼び戻せるチャンスがある期間なのです。

 

射手座前半生まれ=小雪生まれ

大恋愛時代に突入です。このところ、あなたには珍しく視線が内側に向いていたようですが、11日頃から、大きく世界が開けて、全ての可能性が目の前に提示されてゆく事になります。特に心が動かされるものに出会う可能性が高まります。その第一が恋愛であります。もちろん他にも、旅行や研究、収集といったご自身の趣味的なものにも幸運が宿る期間となります。これは数ヶ月継続しますので、しっかりと楽しみを享受することを心におきましょう。ただし、暗闇から急に明るいところに出るような感じですので、当初は落ち着いて対処することが肝心です。

 

射手座後半生まれ=大雪生まれ

家や経済、そして仕事に関連する複合的な問題に対処する時であります。どれか一つを改善してゆけば、他はそれに連動してよくなっていきますので、具体的な行動が有効となります。16日の満月は、あなたの心の奥底で、ちょっとした価値観が変わってゆく時でもあります。新たな視点から物事を考えるようになると、今までの心配事があっさりと片付く事も多々あるようです。そして、この満月を機に、恋愛運の向上期間となってゆきます。少し遅れてきた春のようですが、あなたの心も自由を満喫できる準備が整うようです。

 

山羊座前半生まれ=冬至生まれ

あなたの社会的な立脚点を広げてゆく時となりました。積み木を重ねるようなものではなく、富士山の裾野のようにしっかりと広大な基盤づくりに適した時となります。拠りどころが多いほど人は堅強になれます。拠って立つところが一つだけであれば、それは少しばかり不安であります。ここでは、自分は何ができるのかを真剣に問いただす事が、今後の成果に繋がってゆきます。少なくとも「これとこれとこれはできる」くらいの複数のセールスポイントは準備しておくことが大切です。このことは個人生活でも仕事においても共通であります。

 

山羊座後半生まれ=小寒生まれ

少しばかり経済というものに翻弄される時となります。これはこの期間が終了すれば緩和されますので、先ずはご安心下さい。ここでは、長期的にみてどのような策が有効かを考えることになります。そして、あなたの意識変化も生じる16日の満月あたりでは、楽しい事の基準が少しずつ変わってゆくようです。これまでの興味の対象から新たなものに移行してゆく時で、そのような変遷を経ての金運の復活、再構築が為されてゆくといった流れであります。周囲に飛び交う情報よりもご自身の勘を信じて正解です。

 

水瓶座前半生まれ=大寒生まれ

日常的な生活に大きな嬉しい変化が起こるようです。これまでの風景が一変して、全てが美しい天然色に彩られてゆくでしょう。これは、あなたの周囲に対する考え方が変化するからであります。世界はいつもそこに同じように存在いたしますが、見る側にとっては様々に映るのです。ここであなたは、高性能なレンズを手に入れたかの如く、多くのものを美しく見ることができるのであり、その結果として毎日が幸せを感じる時となってゆくのです。想像力も高まり、新たな恋愛なども生まれやすくなる期間でもあります。

 

水瓶座後半生まれ=立春生まれ

お金に関する考え方、対処の仕方が混沌としている状態です。これはあなたに責任があるわけではなく、あなたを取り巻く経済状況が混迷を極めているという事であります。しかし、この状況は25日頃からは正常に戻りますので、もう少しの辛抱です。また、この期間は、あなたの立ち位置をはっきりとさせてゆく時でもあります。そのため16日の満月は大きな葛藤を生じさせるようです。あなたにとっては公私間の軋みが大きく、プライベートと仕事のどちらに比重を置くかなど、悩ましい問題があるようですが、これも25日あたりから自然と氷解してゆく事になりますので、ここは流れに任せて正解です。

 

魚座前半生まれ=雨水生まれ

なんとも大きなお金の流れが、あなたをめがけてやってくる暗示となります。一見嬉しい事でありますが、金運の高揚とは出るも入るも大きくなるということでありますから、天からお金が降ってきて、ただ貯まるという事ではありません。言い換えればハイリスクハイリターンを絵に描いた様な状態となるのです。このような状況が、なんと2023年3月頃まで継続します。これを知って何もしないという選択もありますし、では何か一旗揚げようとする考えもあります。全てはご自身の自由意志であります。あなたの考え方がクリアーになるのは5月25日くらいからですから、いろいろと検討してみてはいかがでしょうか。

 

魚座後半生まれ=啓蟄生まれ

活動力がみなぎっておりますが、その方向がなかなか定まらないようです。しかし、これもただ悪いというわけではありませんので、無理に決めてゆく必要もないと思われます。この期間は、あなたにとっては恵まれたものとなっていて、体力気力、そして運気の復活を醸している時ですから、次の活躍期に向けた休憩時間のようなものと考えましょう。コーヒーブレイクのように、ちょっとまどろみながら、おぼろげな考えを絵に描いてゆくといった時であります。特に16日の満月前後などは、色々なアイディアが思い浮かぶはずです。ゆったりとした態度を心がけて、落ち着いて過ごす事が近未来の幸運に繋がります。

 

青山五行の創始者 小池雅章先生に人生相談をいたしませんか?

恋愛・結婚、仕事やこれからの生き方についてなど、、ジャンルは問いません。
ホロスコープから見る運気の流れをもとに、あなたの悩みにお答えいただきます。

相談はこちらのgoogleフォームからご応募ください。

 

※二十四節気占いについて

二十四節気の区切りは、生まれ年によって若干異なる場合があります。
境目の生まれの方で、自分がどちらかわからないという方は、support@gentosha.jpへ
件名に【ホロスコープ歳時記】/メール本文に、生年月日・生まれた時間(なるべく正確に)と出生地をご記入の上、メールでお問い合わせ下さい。

{ この記事をシェアする }

ホロスコープ歳時記

「春分」や「寒露」など、手帳やカレンダーなどでもよく目にする東洋二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行は、まったく別のもののように思われていますが、実は同じサイクルで動いています。

西洋と東洋の占いをくみあわせた「青山五行」の創始者である著者が、星占いをさらに前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」によって、季節ごとの運勢を占います。

バックナンバー

小池雅章(青山五行) 占術家 「青山五行」創始者

世界各国の占術の研究を重ね「易」「四柱推命」「西洋占星術」などを複合的に組み合わせた独自の占術「青山五行」の創始者。
全国から鑑定予約殺到。これまで23500人を幸せに導いてきた、人気占い師。
twitterでの毎日の星占いが「当たる!」と評判に。@vinokoike
公式サイトではもっと詳しい星の動きを毎日更新しています。
https://www.aoyama-gogyo.com/

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP