1. Home
  2. 生き方
  3. 真木あかりの恋愛占い
  4. 2022年4月の恋愛運

真木あかりの恋愛占い

2022.03.31 更新 ツイート

2022年4月の恋愛運 真木あかり

広がりのある、豊かな愛の季節に入ります。ともすれば「渦に飲み込まれる」「流される」ような雰囲気もあるのですが、理屈ではなく心で、弱さも痛みもズルさも包み込むように愛を大切にする人が多くなるでしょう。ときに「タガが外れる」ような危うさもあるのですが、愛する気持ちを抑制するようにして過ごしてきた人の場合は、いい意味で開放的になれたりもするのだろうと思います。月の後半は、愛がいたずらに刺激的なものにならないよう、エネルギーの調整が大事になってきそうです。

 



★おひつじ座
3.21~4.20

【恋愛運】

4月は1日、あなたの星座で起こる新月とともに幕を開けます。フレッシュなムードのなか、新しい仕事に着手したり何かを語り始めたりする人はとても多いことでしょう。「意思あるところに道は開ける」という言葉そのままに、行動を起こしていきます。恋愛においては、愛することへの理想が大きく広がっていきそう。それゆえに、少しもどかしさがある時期でもあります。

 

【カップルの人】

ちょっぴり意地っ張りになりがちなとき。相手の優しさを素直に受け止められなかったり、嬉しいのにつんつんしてしまったりと、思いとは裏腹の態度を取ってしまったりしがちです。ただ、17日の満月是後では長く続けてきた努力が報われるかたちで、愛がひとつの到達点にたどり着くことも。ひつような見直しはここでちゃんとしていけますから、焦らずにいつも「好き」に立ち戻ってきましょうね。

 

【シングルの人】

「そもそも、人を愛するとはどういうことか」などと懐疑的な気持ちが強まってくるかも。出会いがないと感じることが多い人は、フラストレーションばかりが募っていくかもしれません。自分らしくないと感じることもあるかもしれませんが、今のあなたにはきっと、自分と対話をする時間が必要なのでしょう。5月3日頃からは恋の季節ですから。そこまでは自分の恋愛観やパートナーとともに過ごす未来について考えてみてもいいかもしれません。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

パートナーシップについての「本心」ととことん向き合うことに。月の上旬は理屈で考えているのですが、だんだんと本心が頭をもたげてきます。「こんなワガママな発想をするものではない」という思いも働きそうなのですが、そのホンネをぐっと押し込めても余計に辛くなるだけ。本心は、自分自身でぎゅっと抱きしめてあげてください。そうすることで、最適な行動がとれるはずです。

 

★おうし座
4.21~5.21

【恋愛運】

何か新しい物語が始まりそうな、わだかまっていたことがスッキリしそうな予感でスタートする新年度。その予感は、日を追うごとにビジョンがはっきり定まってくるので、どうぞお楽しみに。今月の恋は、春風のように軽やかです。明るい見通しを描いて、「よし、楽しんでいくぞ」と自分の未来に期待できる人も、きっと多いだろうと思います。

 

【カップルの人】

ここまで頭のなかでぐるぐると渦巻くばかりでなかなかまとまらなかった気持ちが、ちゃんと言葉にできるようになります。これまでの自分なら、あまり選ばなかったような言葉を使う人もいるでしょう。たくさん会話をすることで、ふたりが自然と肩を並べて未来を見つめられるようになるでしょう。ただし、シリアスな話をするのはもう少しあと。今は、フレンドリーに笑いあえるだけで大丈夫です。

 

【シングルの人】

「友達」がキーワードに。「今までは単なる友人としか思っていなかった人が、話してみたら想像以上に盛り上がっていいムードに」なんて、マンガや映画みたいな展開がありそうです。仕事つながりで好きな人がいる場合も、プライベートでの接点を持つとさらに魅力が見えてきそう。勇気が出ない人は、友達にお願いしてみると強力なアシストが期待できるはず。まずは気楽に行動を起こしてみられると素敵です。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

悩みすぎない練習をするときです。メンタルや体調に影響が出てしまっている人は、しんどかったですね。あなたもよくよく承知しておられると思うのですが、悩んだって解決するわけではないのです。それでも悩んでしまうということが、どれほど辛かったことでしょうか。今月から、少しずつその状況を変えていけます。続けていきたいという気持ちが強いほど、「楽しく、うまくいったっていいのだ」と思ってみましょう。何度も何度も、心に繰り返し染み込ませていくことで、悩みの沼から抜け出していけます。

 

★ふたご座
5.22~6.22

【恋愛運】

今、力を入れていることや仕事における挑戦期。「そういうの待ってた!」と思わず言いたくなるような、きらきらしたチャンスが巡ってくる人は多いでしょう。いつもよりちょっと強めに野心を働かせる人もいそうです。それゆえに多忙であり、一見すると恋とは無縁のようにも思えるでしょう。ただ、目をきらきらさせて仕事に取り組むあなたの横顔に、思いがけず惹かれる人は多いでしょう。今後、恋につながっていく可能性も、おそらく「アリ」なのだろうと思います。

 

【カップルの人】

パートナーがあなたの仕事を応援してくれていたり、同じ仕事観を持っていたりする場合は「うおおおお~」と雄々しく愛が盛り上がっていきそう。うまく言葉が出てこない熱意も、この時期は不思議とわかってもらえるでしょう。それもまた愛のかたちのひとつなのだろうと思います。ただ、お互いの仕事観がまるで違う場合、すれ違いの原因になってしまうことも。月の中旬から下旬にかけての時期にケンカをしたら、衝動的に思ってもいないことを言わないようご注意を。

 

【シングルの人】

ずっと片思いを続けてきた人は、親しくなるチャンスがかなり多そう。月の上旬、それから中旬から下旬にかけては距離を縮めやすいので、勇気を出して話しかけてみて。特に気になる人がいない場合は、仕事つながりでアツく共感できる相手に出会えるのかも。その人とは、最初は衝突からスタートする暗示も出ています。「何この人!」と思っても、あなたのお得意のコミュニケーション力で、コミュニケーションをはかってみては(もちろん、カスは相手にしなくてOKです)。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

仲間や友達との関係が賑やかになったり、仕事に打ち込んだりと、大充実の日々がスタート。頭のなかが悩みでいっぱいだった人も、自動的に興味関心が分散し、楽しいことが増えてきます。仮に悩みの沼にハマりそうになっても、別の用事が「こっちやで、トントン」と肩を叩いて回れ右させてくれるでしょう。優しい友人・知人の存在が、苦しむことから少しずつ離れる流れを作ってくれるのです。この関係にこだわることから、卒業できる人もいそうです。
 

 

★かに座
6.23~7.23

【恋愛運】

恋とはこうあるべき、愛があればこうして然るべき──私たちはメディアや人間関係のなかで、さまざまなステレオタイプを身に付けて「愛ってこういうもの」を作り上げていきます。占いだって作る側の何か、なのかもしれませんけれども、この時期は「とらわれなくていいじゃん」という気持ちが高まっていきそう。誰かわからない人たちが決めた「ジョーシキ」や「アタリマエ」を軽やかに超えて、恋を楽しんでいきましょう。

 

【カップルの人】

こだわりがスーッと抜けて、「わたしとあなた」の関係を自由に作っていけるとき。制度やあり方、“ふつう”にこだわることなく、未来のことをたくさん話してみましょう。他人に話せば「え~!?」と言われるようなことであっても、ふたりが納得しているのなら、それが正解なのです。思いを重ね、お互いを尊重して自分たちのベストを探していく、そのことが一番の「愛」だったりもするのかもしれません。

 

【シングルの人】

この時期の恋は「冒険」に似ています。自分のなかの「ふつう」にこだわっていると、視野に入らないチャンスが少し多そうなのですが、「幸せになる」とだけ決めて動くと、思ってもみなかったご縁が飛び込んできそうなのです。その過程で、「自立」を促される人もいるでしょう。「誰かに幸せにしてもらう」のではないのです。自分の人生の舵は誰にも渡さないし、どんなときも決して手を離さないのだ。そんなふうに決心したとき、冒険の旅が始まるのだろうと思います。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

3月は飲み込まれるような愛の渦に、ただただ翻弄されるばかりだった人も多かったでしょうか。がんばりましたね。4月は、自分のペースを取り戻していくときです。自分が選んだ生活にしっかりと軸足を置き、心が豊かになる愛し方をしていけます。飲み込まれる日々は、もう十分に味わったから、終わりにしていいんですね。少し不思議なかたちで、今のお相手と出会ったこと、そして愛したことの意味がじわりと、心に浮かんでくる人もいそうです。

 

★しし座
7.24~8.23

【恋愛運】

恋を含めた対人関係全般に勢いがついた3月。4月もその影響は続いていくのですが、さらに濃度が高まっていきます。これまでにないくらい、相手の事情に“深入り”する人は多そうです。月の後半はいささか、アツくのめり込みすぎるきらいがあるのも事実。一歩踏み込むことが「相手のため」なのか、「自分のため」なのか、少し冷静になれる時間を持つとちょうどいいでしょう。この時期の理解は、言葉にしなくとも「感じる」ことでも、十分に価値があります。

 

【カップルの人】

お付き合いが長くなって、カッコ悪いところも美しいばかりでないところも見せあって、お互いにちょっとブラックなところも知っていて。そんな、心の深いところで「共有」しているものが、またひとつ増える暗示が出ています。話しにくくてタイミングを伺っていた話題を、ここで持ち出す人は多いでしょう。以前の問いかけに対し、「回答」を受け取る人もいそうです。ふたりの立ち位置が変わっても、愛は変わらないよというメッセージを、言外に滲ませておくのもおすすめです。

 

【シングルの人】

いいなと思う人がいると、もうその人のことしか目に入らない。そんな、情熱的な気持ちをともなう出会いがあるかもしれません。片思いの人は、まだ知らなかった相手の魅力をたくさん見つけられることでしょうね。とてもいい時期に当たっていると思いますが、月の後半は焦りが高まりやすいのが少し心配なところです。自分をないがしろにして進めた関係というものは、どこか自分を損なうものになりがちです。もちろん、あなたが好きになる人ならそんな冷たいことはないと思うのですが、「自分と相手を大事にするためにも、時間をかける」ということを意識しておくと、ちょうどいいだろうと思います。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

お相手がふと、子どものように感情を出してくるかもしれません。珍しく弱気になって、愚痴を漏らすかもしれません。“外”ではいくら気丈に振る舞っていても、心までも強い人ばかりではないというのは、あなたもよくご存知だと思います。弱さをふたりで分かち合うことで、お相手としても救われるところがあるのでしょう。ただ、共依存の関係になってしまうと出口の見えなさが強まってしまうことも。仕事に打ち込むなど、恋以外のことにもパワーを振り分けるとバランスが取りやすくなるでしょう。

 

★おとめ座
8.24~9.23

【恋愛運】

愛と信頼に基づいた、パートナーシップの季節がスタートします。昨年末から、おとめ座の人はパートナーシップに強いスポットライトが当たり続けてきました。そこに「愛と美の星」と呼ばれる金星と、「情熱と戦いの星」と呼ばれる火星が応援に入ります。愛を育てるのに、今以上のチャンスはなかなかないでしょう。キーワードは「対等」。対等な目線で愛しましょう。そしてあなたを対等に扱ってくれる人を、大切にしましょうね。

 

【カップルの人】

パートナーシップが強く強調されるときです。ここまでコツコツと培った信頼をベースに、唯一無二の愛する人として、お互いを大切にしていくことができるでしょう。ただし、心のなかでどちらかが優位に立っていたならば、月の後半には衝突が多くなりそう。世間の「ふつう」とは違うふたりだけの関係を模索していくことになる人も、いるのかもしれません。

 

【シングルの人】

誰かとの関係が急激に発展するかもしれません。それはときに、無遠慮にも思えるほどのアプローチでもあるかもしれないのですが、「あなたをもっとよく知りたい」「あなたともっと話がしたい」と言ってくれる人が、現れそうな暗示です。恋に限らずいい出会いが得られる暗示が出ていますから、人との接点は積極的に作っていくといいでしょう。今はまだ、時節柄リアルな出会いは控えたいという人も、SNSやマッチングアプリなどを理容して、人とのつながりを増やしていきたいところです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

もっと深く、もっと強く関係を結んでいきたいと思うときです。それゆえに「本当はどう思っているの」「その言葉はOKと思っていいの」などと、相手に対していささか「問い詰める」ような発想をすることも。あまり緊張をはらむようなコミュニケーションは避けたほうが無難ですが、心は常に相手と対等でいましょう。どちらが上ということはないし、どちらかが強いわけでもありません。まっすぐに、相手の目を見つめられる自分でいたいですね。

 

★てんびん座
9.24~10.23

【恋愛運】

17日、あなたの星座で満月が起こります。ここまでの努力が大きく実り、人から注目を集める人は多いだろうと思います。愛においてビビッドなタイミングは月の上旬。新年度は仕事や学業において新たな出会いが多い季節ですが、てんびん座のあなたは「満を持して関係を始める」ような相手がいるようです。自分から動いて、幸運をつかみに行くといいときです。

 

【カップルの人】

話し合いの結果、関係が一歩進展することに。たとえば同棲や結婚など、今以上の関係にしていくための話し合いに挑む人は多いでしょう。新しい約束をしたり、ふたりの間の決め事を作ったりする人もいそうです。これらの話は、単に気持ちが盛り上がったり、ノリで決めたりされるものではありません。あなたの一生懸命な思いが、相手の心を動かすということも多いのだろうと思います。

 

【シングルの人】

新しい出会いがあるときです。すでに出会っている人とたくさん話をしてお互いに好印象を持つような「出会い直す」ような機会を持つ人もいるでしょう。会話がキーとなって関係が始まる、深まるタイミングです。あなたは人とのベストな距離感を取るのが得意な人ですが、思い切って声をかけてみてはいかがでしょうか。人をサポートしたり、力を貸してあげたりしたことがきっかけになることもありそうです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

月の上旬は好調。楽しい時間が過ごせる人は多いでしょう。つながりが嬉しく、楽しく、生活に彩りをもたらしてくれます。ただ後半、ちょっと独占欲が高まっていくのが難といえば難。特に「尽くしている」という自覚がある人は、「もっと報われてもいいのに」という思いにとらわれ始めると苦しいばかりでしょう。程よい距離は、自分をも守るものと思っていましょうね。

 

★さそり座
10.24~11.22

【恋愛運】

月の初めは何かと守りに入りやすいとき。現状維持、安定・安心といったものを心が求めるときなのですが、「行動しなくては何も起こらない」などと自分を追い立てる必要はまったくありません。なぜなら6日から15日にかけて、段階的に情熱の炎が灯されていくから。動かずにはいられない、伝えずにはいられない。そんな気持ちから、行動を起こしていける人はきっと多いはずです。

 

【カップルの人】

上旬は相手のためにしてあげられることが多いとき。何気なく言った励ましの言葉が、相手にとっては何よりのカンフル剤になったり、心を優しく溶かしたりと、救いの役割を担うのでしょう。月の後半は楽しい予定が目白押し。話したいことや相談したいことがある人は、11日以降に予定を入れると建設的な議論ができそうです。

 

【シングルの人】

月の上旬はやや動きが鈍く、いつものメンバーといつものように過ごしているのが一番と感じるでしょう。ただ、だんだんアクティブな気持ちが高まっていきます。面白そうと思ったイベントに足を運んだり、仕事でできるだけいろいろな人と会話をしたりと、人との関わりが楽しくなってくるでしょう。「この人は、気遣いが上手だな」と思えた人とは今後、いい関係を築いていけそうです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

誰もが心のどこかに、満たされない部分を持っています。地位やお金があれば補えるものばかりではありません。愛する人が隣にいても、余計に空虚さを感じてしまうことだってあるでしょう。あなたの愛する人にもきっとそうした「満たされなさ」があるのですが、この時期はあなたが優しく埋めてあげられそうな暗示です。あなただからわかってあげられることがありますし、心に届く言葉を発することもできるようなのです。

 

★いて座
11.23~12.21

【恋愛運】

1日の新月は、まさにいて座の恋にスイッチオンするような位置で起こります。折しも、この場所にはすでに「知性とコミュニケーションの星」と呼ばれる水星が滞在しているのですが、ちょっとした会話や笑顔での挨拶を、ぜひ大切にしてみてください。きっと、あなたに合った人を引き寄せる重要なカギとなります。あなたらしいユーモアやあふれんばかりの好奇心も加勢して、恋を始めとした人間関係全般にいい影響が及ぶはずです。

 

【カップルの人】

月の前半はフットワーク軽く動き回るとき。「いつか行ってみたいね」と思っていた場所に足を運んだり、思いつきでぷらっと日帰り旅に出たりと、楽しい衝動はどんどん行動に移してみるとツキに恵まれるはず。月の後半はやや忙しくなりそう。相手をサポートしたり、逆にしてもらったりと、ふたりで力を合わせて「生活をやっていく」ような部分があります。お互いの家族への紹介も、良い時間になりそうです。

 

【シングルの人】

10日あたりまでに接点を持った人は、連絡先を交換したりSNSでつながったりと、なんらかの「つながり」を持っておくと良さそう。ここでの出会いが、今後思わぬかたちで前に進む可能性は非常に高いからです。趣味や好きなアーティストなど、共通点が見つけられるなら「つかみはOK」と考えて。会話をするのみならず、本やDVDの貸し借りも前向きな追い風となるはずです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

コミュニケーションがたくさん取れる嬉しいとき。何気ない日常のことを報告し合ったり、「大好きだよ」と気持ちを伝えられたりと、嬉しい瞬間が多そうです。この時期、あなたと会話することは、お相手にとっては安心だったり、一服の清涼剤だったりと、とても嬉しいものである様子。時間や連絡手段は検討する必要があるとはいえ、「連絡して迷惑かな」と変に気を回す必要はありません。大切だよ、好きだよと、胸のなかにある愛を届けましょうね。

 

★やぎ座
12.22~1.20

【恋愛運】

コミュニケーション運が高まるとき。特に、気が置けない友達と一緒にいるときや、会社や学校といった“いつものコミュニティ”においては、あなたの魅力がいつも以上に輝くことでしょう。この時期、自分の言葉で語ることは何より大切なこと。「こう答えれば正解だろう」と思うことよりも、個々の中から生まれた混ざり気のない言葉をぜひ、大切になさってください。

 

【カップルの人】

「ファミリーになること」について、ひとつ進展がありそうです。すでにご結婚されている場合はより絆が強まる、というふうに受け取っていただければと思うのですが、たとえば結婚を前提にしてお互いの親兄弟に引き合わせたり、地元を案内したりすることになるでしょう。ふたりで暮らす家を探したり、おそろいの食器を買ったりといった人もいそうです。ひとつひとつが、幸福と感じられるはずです。

 

【シングルの人】

上旬こそ内にこもりがちな部分はありますが、日を追うごとにアクティブな気分になっていくでしょう。趣味や習い事など、あなた自身がワクワクすることがいい恋につながっていきます。恋活・婚活疲れを感じている人は特に、恋はいったん脇に置いて楽しいことをしましょう。好きなことでときめいて、頬がピカピカになっているあなたでいてこそ、いいご縁が巡ってくる様子です。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

日常の何気ないシーンに幸福が宿るとき。ふたりが「いずれ一緒に」と話し合えているのなら、この時期は具体的に話が進んでいくのかもしれません。そうでない場合は、「今を楽しむ」ということに目を向けて。ないものばかりに目を向けるよりも、人生の一時期をともに過ごせている幸福を思うことが、かけがえのないふたりの絆につながっていきます。

 

★みずがめ座
1.21~2.19

【恋愛運】

「愛と美の星」と呼ばれる金星が巡ってきた3月、嬉しい展開に恵まれた人は多かったことでしょう。「自分には何もなかった」という人も、がっかりしなくて大丈夫。4月上旬は3月の運気が続いていきますし、ここでの出来事が「種まき」的な役割となって、のちのち芽吹くこともありそうです。あなたもご承知とは思いますが、みずがめ座だからといって全員同じときに同じようにいいことが起こる、というわけではありません。自分にとってベストな時期にいいことが起こってこそ、運を活かすことができます。「いつ起こっても、しっかりキャッチするぞ」と決めて、心の扉を全開にしておきましょう。

 

【カップルの人】

好奇心が愛の栄養になるときです。お互いが面白いと思った本や映画を紹介し合ったり、気になるイベントにふたりで足を運んだりと、気になるものを媒介に愛を深めていきましょう。特に月の上旬は、特別なコミュニケーションも生まれそう。目を見て名前を呼んで、たくさんメッセージを送って、そんな時間をぜひ大切になさってください。

 

【シングルの人】

チャンスが多いのは月の上旬。言葉を交わしたり、ちょっとした雑談をしたりといったことが契機となって、恋の扉が開かれていくかもしれません。進展は5月に入ってからになるかもしれませんが、まずはきっかけ作りが大事です。4月は環境や接するメンバーが変わるなど、新しい出会いも多いときです。ウケを狙ったり場を盛り上げたりする必要はまったくありません(もちろん、してもOKですが)。等身大のあなたで、目の前の人に話しかけてみてはいかがでしょうか。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

楽しいメッセージが届いたり、言葉を交わす場面に恵まれたりと嬉しいことの多いとき。でも、もしもあなたが「そろそろ潮時かな」と思うのであれば、新しい出会いや新しい時間の過ごし方に、スムーズに気持ちを向けていけるときでもあります。あたたかい陽光のなかでもあなたの心が暗く閉ざされているのなら、自分に新たな道を切り開いてあげてもいいのではないかと思います。いきなり新しい恋なんてしなくても、友達を作ったり、勉強や趣味を楽しんだりと、この時期にはたくさんの“楽しいこと”があなたを待ち受けている予感です。

 

★うお座
2.20~3.20

【恋愛運】

パッと運気が切り替わるのは6日。「愛と美の星」と呼ばれる金星があなたのところに巡り、すでに滞在している「幸運と拡大の星」木星とあいまって、幸福を呼び寄せる力をもりもりと拡大してくれます。過去の自分がどうであれ、今のあなたがどうであれ、「いいことが起こってもいいのだ」「幸せになってもいいのだ」と思ってみてはいかがでしょうか。もしも今が幸せならば「ずっと幸せを感じていてもいいのだ」なんて、思ってみると……いえ、この時期であれば自然にそう思えるのだろうと、私は確信しています。

 

【カップルの人】

6日に金星が巡ってくることで、恋愛運がグッと底上げされます。純粋に「嬉しい」と思えることが増えてきますし、また11日以降は会話も格段に増えるでしょう。月の後半はなぜかヒートアップしやすい暗示が出ているのですが、仮にケンカをしても「雨降って地固まる」にしていけるときです。だからといって何を言ってもOKというわけではないのですが、胸いっぱいの愛をもって接すれば、衝突を避けていたら絶対に叶わなかったものも、手にすることができるのだろうと思います。

 

【シングルの人】

「今の自分は基本的にツイている」と、毎日自分にOKを出してあげたいときです。幸せになっていいし、愛されていい。無意識のうちに「苦労してこそ本物の愛」などという思い込みがある人は、粗大ごみの日に出してしまってOKです。愛というものは、何かの犠牲の上に成り立っているわけではありません。条件などつけずに受け取っていい愛もあるのだと、まずはあなた自身が信じることがスタートラインとなります。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

3月はモヤモヤを抱えながら、頑張っていらっしゃいましたね。4月6日、空気がふわりと転換し、あなたの恋に追い風が吹き始めます。愛を感じる人は多いでしょうし、会話も増えていきます。不安定な関係でも心はちゃんとつながっていたのだと、この時期に再確認できる人は多いのではないかと思います。
 

*   *   *

連載リニューアルのため、真木あかり先生の恋愛相談の受付は2月28日をもって終了とさせていただきます。これまでたくさんのご応募をありがとうございました。すべてにお答えできず申し訳ございません。(最終公開日は3月15日となります)

4月からは新たな連載が始まりますのでぜひ楽しみにお待ちください。

 

真木あかり『2022年上半期 12星座別あなたの運勢』

ウェブや女性誌で大注目の占い師、真木あかり先生による、2022年上半期の星占いです。ウェブマガジン「幻冬舎plus」で公開されている全体運に加えて、本作品では「仕事運」「恋愛運」などカテゴリー別の占いもお楽しみいただけます。全体の流れに加えて月ごとの運気の動きも詳しく解説いたします。
購入者特典として、2022年上半期の流れがわかる「重要日カレンダー」もお楽しみいただけます。(完全版のみの特典です)

{ この記事をシェアする }

真木あかりの恋愛占い

人気占い師・真木あかりさんによる恋愛占い。カップルの人・シングルの人・障害のある恋に悩んでいる人と、3つの状況別に、毎月の恋愛運を占います。(毎月最終日に更新します)

15日公開で真木あかりさんのコラムもお楽しみいただけます。

バックナンバー

真木あかり

大学卒業後、フリーライターを経て占いの道へ。『辛口誕生日事典 2018』『悪魔の12星座占い』(宝島社)など著書多数。LINE占い「チベタン・オラクル」監修。個人鑑定も行っている。

Blog http://makiakari.hatenablog.com/
Twitter @makiakari

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP