1. Home
  2. 暮らし術
  3. 病気にならない掃除術
  4. 100円ショップの「スクイージー」をひと...

病気にならない掃除術

2022.04.16 更新 ツイート

100円ショップの「スクイージー」をひと工夫して最強のお掃除アイテムに 松本忠男

ゴシゴシこすってはいけない、いきなり水拭きをしてはいけない、フローリングのホコリに掃除機は禁物、ウイルスの除菌・消毒は正しくやらないと効果なし……。『病院清掃35年のプロが教える病気にならない掃除術』は、これまでの掃除の常識がくつがえされる驚きの一冊。掃除はただ部屋をきれいにするだけでなく、自分と家族の健康をも左右する大切なもの。本書でぜひ、正しい知識を学んでください。

*   *   *

ちょっと改造するだけで優れモノに

スクイージーは、お掃除に欠かせないアイテムです。

ハサミを使ってちょこちょこっと改造してやるだけでびっくりするほどホコリが取れます。これまでに幾度となく本やテレビで紹介させていただいたので、すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

(写真:iStock.com/AaronAmat)

存在は知ってはいたが、実際には試していない。

そのような方は、ぜひ、この機会に松本式スクイージーのスゴさを体験してみてください。一度使ったら手放せなくなります。

用意するのは100円ショップで売っているスクイージーハサミだけ。作り方も簡単です。自分でいうのもなんですが、松本式スクイージーは画期的なお掃除道具です。フローリング、キッチン、トイレなど……いろいろな場所で使えて、ホコリがすごく取れます。

 

わたしの家では、玄関、廊下、キッチン、洗面所、トイレ、リビングの合計6か所に7本のスクイージーを常備しています。リビングには、フローリング用のほかに、テレビ用があります。

スクイージーは、いつでも使えるように壁などにぶら下げてあります。

なぜ、これほどの数を用意しているかというと、その場にあれば思い立った時にシュッとやるだけでお掃除がすむからです。

 

お掃除を面倒にしている理由のひとつに準備後片付けがあります。汚れに気がついても、その場に道具がないと、「あとでやればいいか」となりがちです。それを避けるためにすぐに手が届く場所に置いてあるのです。

場所場所に吊るしておけば、使いたい時にさっと使えます。しかも、スクイージーならお掃除っていうよりも手に取って汚れた部分をこするだけ。テーブルをクロスで拭くぐらいの感覚で使用できます。

使ったあとのお手入れも簡単。大きな汚れはティッシュやトイレットペーパーなどで取り除き水洗いをして干しておくだけです。

「松本式スクイージー」のつくり方

作り方も簡単です。ハサミを使ってヘッドの先端にあるゴムや樹脂の部分に切り込みを入れていきます。間隔は5ミリ程度。ゴムなどの真ん中ぐらいまで切り込みを入れてください。5ミリ幅の毛先を持ったゴム製ブラシを作るイメージです。

間隔は多少広くなったり、狭くなったりしても問題ありません。ただし、あまり広すぎると切り込みにホコリが刺さってくれません。ひとつひとつのツメがベロンベロンになってしまうからです。逆に狭すぎると今度は接触面との抵抗が大きすぎて動かすのがたいへんです。

 

スクイージーはもともと窓掃除に使用する道具で、接触面との間に水があってはじめて動かせます。そのため、そのままの状態でお掃除に使おうとすると、うまく動いてくれません。最初、切り込みを入れないで試してみたのですが、床にピッタリとくっついて滑ってくれませんでした。

そこでハサミで切り込みを入れて何度か試してみた結果、5ミリ間隔で切り込みを入れるのが一番とわかったのです。

 

はじめてうまくいった時は「わおー」と声を出して歓喜しました。「うわっ、ホコリが刺さった」と驚き、同時に「こんなに取れるのか!」と感動さえしました。ここまでの成果は考えていなかったからです。自分で作っておいてなんですが、スクイージーのスゴさにびっくりしたのです。

ぜひ、みなさんにもわたしと同じ驚きと感動を味わっていただきたい。

これは絶対です。すごくいいです。たったひとこすりでたくさん取れます。

騙されたと思ってぜひ一度、松本式スクイージーを試してみてください。

関連書籍

松本忠男『病院清掃35年のプロが教える 病気にならない掃除術』

いきなり水拭きは、絶対にやってはいけない。 キレイにするどころか、ウイルスや汚れを塗り拡げます。 コロナ禍での除菌・消毒も正しくやらなきゃ効果なし。 家族の命を守るための掃除術。 1章 お掃除があなたと家族の健康を守る ・コロナ禍で急増中! ? ほとんどの人の除菌は効果なし ・間違った換気はかえって体によくない 2章 お掃除の常識を見直してみる ・学校で教わったお掃除は間違いだらけ ・「ほうき」や「はたき」は使ってはいけない 3章 お掃除はもっとカンタンで楽になる ・フローリングのホコリに掃除機は禁物 ・ホコリがたまりやすい場所を重点的にお掃除する 4章 人生で大切なことは掃除が教えてくれた ・お掃除は「命」とつながっている ・お掃除には人としての「あり方」が出る

{ この記事をシェアする }

病気にならない掃除術

ゴシゴシこすってはいけない、いきなり水拭きをしてはいけない、フローリングのホコリに掃除機は禁物、ウイルスの除菌・消毒は正しくやらないと効果なし……。『病院清掃35年のプロが教える 病気にならない掃除術』は、これまでの掃除の常識がくつがえされる驚きの一冊。掃除はただ部屋をきれいにするだけでなく、自分と家族の健康をも左右する大切なもの。本書でぜひ、正しい知識を学んでください。

バックナンバー

松本忠男

(株)プラナ代表取締役社長、ヘルスケアクリーニング(株)代表取締役社長。東京ディズニーランド開園時の正社員、ダスキンヘルスケア(株)を経て、亀田総合病院のグループ会社に転職し、清掃管理者として約10年間、現場のマネジメントや営業に従事。1997年、医療関連サービスのトータルマネジメントを事業目的として、(株)プラナを設立。亀田総合病院では100人近く、横浜市立市民病院では約40人の清掃スタッフを指導・育成し、これまで現場で育ててきた清掃スタッフの総数は700人以上。現場で体得したコツやノウハウを、多くの医療施設や清掃会社に発信する。2019年からは、中国の深圳市宝安区婦幼保健院(1000床病院)の環境整備を指導するなど、活動の場は海外にも広がる。著書に『健康になりたければ家の掃除を変えなさい』(扶桑社)、『清掃は「いのち」を守る仕事です。』(辰巳出版)など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP