1. Home
  2. 暮らし術
  3. ホロスコープ歳時記
  4. 【東洋二十四節気 星占い1月5日~】「小...

ホロスコープ歳時記

2022.01.05 更新 ツイート

【東洋二十四節気 星占い1月5日~】「小寒」の時期の運勢 小池雅章(青山五行)

四季折々の暮らしに欠かせない歳時記。昔から伝わる、季節の行事にあわせた暮らし方には日々の健康や開運・幸せになる知恵がたくさんつまっています。

そしてこれはあまり知られていないことですが、歳時記のもととなる二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行には密接な関係があるのです。

本連載では、1月5日から始まる「小寒」の時期の過ごし方について、12星座を前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」でアドバイスします。

 

*   *   *

 

愛情の復活・人間関係の再構築がはじまる時期に

初候 1月5日~9日 芹乃ち栄う(せりすなわち さかう)
次候 10日~14日 泉水温をふくむ(しみず あたたかをふくむ)
末候 15日~19日 雉始めてなく(きじ はじめてなく)

1月5日に太陽が山羊座15度に進み、これを東洋二十四節気では「小寒」と称します。

この期間の山羊座には、太陽、金星、冥王星と並び、西洋占星術的な見方をすれば、愛情の復活や再生といった暗示が強くなります。
愛情に限らず、経済や私生活に関しても復興といった気運が高まってゆく時です。

既に木星は魚座に入っていて、これらの山羊座の天体と星座的な調和を見せますから、明るいムードが漂う期間となってゆくでしょう。

1月7日までは松の内でお正月気分ですが、これを過ぎると「寒中見舞い」となって、新年ムードから仕事モードへと切り替わります。ちなみに寒中見舞いは1月8日から節分までの間です。

この期間は、一年のうちで最も寒い時ではないでしょうか。

寒さと寂しさは似ているけど別物。明るい兆しをどう見つけるか

私事になりますが、私にとって寒さの思い出と言えば、昔々、半世紀近くも前の学生時代にさかのぼります。

突然、何を思ったか青二才が高野山に詣でようと、この真冬の寒さ厳しき時期に東京から汽車に乗りました。
高野山鉄道に乗り継ぎ、夕刻に西門院の宿坊にやっと到着。
正月も過ぎ、何の行事もない時期ですので、その宿坊に客は私一人のようでした。
する事もなく、夕闇の迫る宿坊にただ座っておりました。

時が経ち、部屋に食事が運ばれましたが、一汁三菜くらいの膳の上には冷たい精進野菜の揚げ物。
雪見窓からは、ちらつく雪が勢いを増して降り積もり、静寂の中、漆黒の闇が周囲に迫りくる景色が見えます。

急激に寂しさがこみ上げてきて、思わず解いた荷を直ぐにまとめて暇乞いをして、高野山鉄道の最終列車に飛び乗り、山を下りました。

その列車も人はまばら、一人の老年とも言える女性が私に近寄り、
「にいちゃん、家出でもしたのかい?」
と尋ねるほどの私の風采であったのでしょう。

山を下って終着駅から大阪に出て、夜行列車に乗るまでの、静寂と寒さは格別でありました。

実に50年もの時を経てもなお、今でも時々その寂寥(せきりょう)感が思いだされますが、寒さと寂しさは良く似合う、いやこれが対になっているからこそ、心は凍てつくのでしょう。

この寒中、寒さと共に併走する寂しさには皆様も惑わされないように。
寒さだけならば、何でもありません。寒さを吹き飛ばすような、ウォームハートでいきましょう。

さて、この大阪から東京までの、東海道線鈍行夜行列車、またまた色々な人間模様が展開されます。
このお話は、またの機会に!

そんな寒中の第一節である「小寒」の運勢や如何に!?

二十四節気星占いでみる、1月5日~1月19日の運勢

 

牡羊座前半生まれ=春分生まれ

この期間のあなたは誰かを慰めたり、元気づけたりする使命を帯びるようです。もちろん「情けは人の為ならず」、期待するわけではなくとも、その事が、きっといつかご自身に還って来ます。周囲の人にできるだけの助力を惜しまないように致しましょう。優しい一言や笑顔が何よりの処方となります。そのような行為が高評価を呼ぶと共にあなたに自信と喜びを生じさせてくれるのです。金運に関しても、ちょっとした僥倖(ぎょうこう)に恵まれる時でもあります。心の中に浮かんだ事を、そのまま現実に移行するだけで運気も拓かれてゆく、すばらしい年明けとなるでしょう。

 

牡羊座後半生まれ=清明生まれ

あなたの地位や評価に大きな復興が期待される年明けとなります。少しばかり低迷していた仕事にも道筋がつき、輝きを放ってゆくでしょう。ここでは、復活、再生といった事が幸運の鍵となりますので、一度や二度の失敗の経験は忘れてしまったほうが良さそうです。心の奥に自信と闘志が満々となっていて、大きな遂行能力をも携えていますので、無理かな、と思われるくらいの事にも果敢に挑んでゆく事をお勧めいたします。18日の満月は、そんな力を最大に発揮するチャンスです。多少の不安や葛藤がかえって良きバネとなってゆくでしょう。

 

牡牛座前半生まれ=穀雨生まれ

これまできつかった状況が緩和されてゆく年明けとなります。日を追うごとに緊張は解けて、動きやすい環境となってゆくでしょう。特に愛情運には恵まれたものがあり、予想外の好意を寄せられる暗示が強くなる時でもあります。そしてあなたの社会的な評価も高まってきますので、ここはきちんとしたポジション固めに拘ってもよいかもしれません。何よりもこの時期の特徴は、周囲の人間関係の様相が一転してゆく事です。あなたに好意的な人や同調してくれる人、社会的高位の方々からの良き影響を存分に受けられる時となるでしょう。

 

牡牛座後半生まれ=立夏生まれ

自信の復活が始まります。これまでの遅れを取り戻しても、余りあるほどの進展が始まってゆく年明けです。何よりも今までやってきた事の成果が現われ、それがあなたの確固たる自信を形成する事になるのです。その過程で、予想外の高評価や助力を得てゆく可能性が高まります。特に18日の満月前後の数日は、意識を切り替えてゆく良きチャンスです。いつもは現実に即して論理的にふるまうあなたですが、ここでは、少しばかり大きな夢を描いても実現する可能性が高まりますので、冒険もお勧めであります。2月には、更に大きな幸運が待っているようです。

 

双子座前半生まれ=小満生まれ

年明け早々、あなたの社会的な評価が高まってゆきます。これは、今までやってきた事の結果という事はもちろんでありますが、これまでの努力により、あなたの内面に大きな自信が生成された事が一番の要因かと思います。未だ多くの葛藤は残るものの、それらを凌駕してゆく能力も身についているようです。この時期は、何事も独力で乗り切ってゆく事が幸運の鍵となるはずです。周囲からの好意も多く、協力の申し出などもありそうですが、ここでは単独行動がツキを呼ぶ時という事を念頭に置きましょう。その後、2月に入ってからは協調体制が有利となってゆきます。

 

双子座後半生まれ=芒種生まれ

この期間のテーマは対人関係の調整という事になります。年が変わり、多くの変化が人間関係にも現われ、様々な課題が生まれてくるようです。ここでは、強引な方や、わがままを言う方も現われ、あなたは調整役という事になりますので、多少のプレッシャーが生じるかもしれません。これらを上手く捌ききると、今後のスムーズさが約束されますので注力してゆきましょう。18日の満月は、あなたの金運の切り替え時となります。過去の好調がよみがえってくる可能性が高いので、果敢にチャレンジする事が功を奏するはずです。

 

蟹座前半生まれ=夏至生まれ

とても幸運な2022年の幕開けとなります。あなたに大きな幸運が流れ込む期間が始まりました。これを上手く使う事によって、色々な事が達成可能になってゆきます。注意点は具体的に絞り込むという事です。選択肢が多すぎて迷ってしまい、結局は何も選べないという事態にもなりかねませんので、ここでは現実的に実現可能なことを選び取る事が何よりも大切です。パートナーシップに関しても同じ事が言えますから、一人に絞って誠意を持って向き合いましょう。だんだんと社会的な人間関係の緊張も解けて、人付き合いも楽しくなってゆきます。

 

蟹座後半生まれ=小暑生まれ

パートナーシップの復活が大いに期待される時であります。その関係が深化して、あなたにとっては非常に幸福感が高くなる期間であります。特に18日の満月前後は、その暗示の最も高まる時ですから、修復をお望みならば良きチャンスとなるでしょう。一方では仕事も好調で、活動量も大きくなってゆきますので、こちらにも力の配分を充分にかける事が大切です。仕事において、今まで苦手意識のあった方々に新たな気持ちで接すると、意外と仲良くなってゆける時でもあります。すべての人間関係の好転が暗示されている時期です。

 

獅子座前半生まれ=大暑生まれ

対人関係、パートナーシップを如何にして定着させてゆくかという事がテーマとなる期間であります。もちろん、それが上手くゆくといった暗示があるのですが、あなたの気まぐれさや唯我独尊的なところを直してゆく必要も生じます。そのあたりは充分にご自覚下さい。この期間、仕事はかなり忙しく、ちょっとした勘違いや行き違いが発生しやすい時となっておりますから、念には念を、確認に次ぐ確認が必須です。多くの助けもあるようですが、こちらに関しても、不必要なものを供給されるといった事態も考えられますので、確認作業を入念に行いましょう。

 

獅子座後半生まれ=立秋生まれ

この期間は仕事に関して大いに期待が持てる時となります。これまで滞っていた案件や、難題に関して再び挑んでゆくと、良き結果が得られそうな暗示の高い時です。仕事第一でゆく姿勢が功を奏します。しかしながらここでは、他者の協力を得る事は現実的には難しいかもしれませんので、独力でゆく覚悟が必要です。ご自身の力を信じてゆきましょう。そんな過程で起こる18日の満月は、あなたの心の奥にある種の自信を植え付けるようです。ここで意識に芽生えてきたものを大事に育ててゆくと近未来の大きな糧となる事でしょう。

 

乙女座前半生まれ=処暑生まれ

仕事に関しては万全な期間となってゆきます。あなたの確固たる地位の確保などを考える時です。大体の仕事は難なくこなしていけますから、大いに手腕を発揮できるでしょう。一方で、少しばかり逡巡しそうなのが恋愛に関してで、悪いというわけではないのですが、関係性を見直す時期に来ているようです。進むのかこのままなのかを考えなければなりませんが、しかし結論を急いではいけません。どうするか決めるのかは2月に入ってからで充分であります。その間、色々な可能性を探って、新しい道を見つけてゆく事に専念しましょう。

 

乙女座後半生まれ=白露生まれ

愛情関係、特に恋愛関係では復活や再生が期待できる期間となります。ご自身の好き嫌いの感情もはっきりと浮かび上がる時なので、物事の判断には良き影響があるでしょう。ただし家族関係などには細心の注意を払う必要がありますし、人間関係全般には気遣いの期間となります。恋愛のみが特に良い運気という事です。とりわけ既婚の方は配偶者との関係にも注意が必要となり、ご自身の家族と配偶者の間に挟まれてきつい状況になることも暗示されています。俗に言う「嫁姑問題」などのおきやすい時であります。それらは25日からは解消されてゆきますので、この時期、少しの辛抱です。

 

天秤座前半生まれ=秋分生まれ

住居や居場所に関しての迷いや多少の不安が生じてゆくかもしれませんが、これは良き点検見直し期間とお考え下さい。1月末くらいまでは続きますが、これは悪いといった暗示ではなく、改善点を発見してゆく為の期間なのです。特に仕事運は高揚を続けています。ここから快調な動きとなって、2月には相当な成果を出せるくらいまでに上昇してゆく暗示となっております。更に、恋愛面でも多少の点検やお互いの立場にそった形式を考えてゆく時となります。こちらも悪いという事ではなく、改善の為の期間とお考え下さい。車検のような定期点検であります。

 

天秤座後半生まれ=寒露生まれ

あなたの社会的なポジションが再生、復活、そして安定を迎えてゆく期間となります。一度は崩壊しかけたものが旧に倍して確立されてゆく時です。これは、住まいや不動産についても言える事で、それらを手許にとどめおく事が可能となる暗示であります。特に18日の満月前後には、このような動きが大きくなりますから、そのあたりに特に注意深く行動する事が大切です。この期間のあなたの優れたものは伝達能力という事で、周囲とのコミュニケーションが何らかのメリットを運んでくるでしょう。会話を大切にしてゆきましょう。

 

蠍座前半生まれ=霜降生まれ

華々しい恋愛運高揚に包まれた年明けとなりました。あなたの人気運が急上昇してゆく期間が始まります。これは数ヶ月継続してゆく暗示となりますから、焦らずにじっくりと、観察から始めてゆきましょう。旧来のパートナーシップにも更なる深化がある時となりますので、愛情全般には吉兆が漂う時期です。ここでの課題は住居などの現実的な面での見直し作業であります。家族関係をふくめた住まいの問題に考えを及ぼす必要がありそうです。

 

蠍座後半生まれ=立冬生まれ

ここでの課題は経済と恋愛のバランス調整といった事になります。恋愛に限らず、好きな事や趣味に費やす費用が大きく膨らんでゆく暗示で、あなたの経済に負担となってゆくかもしれません。楽しい事にお金をかけるのは当然とも言えますが、生活の根幹を揺るがしては意味がありません。そのあたりの事を考えてゆく時のようです。しかしながら、ここで高揚を迎えるのはあなたの知性、頭脳の回転です。非常に鋭敏な頭の良さが発揮される時ですから、特に仕事に関しては相当な成果を得られる期間となります。18日の満月前後ではその力が最大となるでしょう。

 

射手座前半生まれ=小雪生まれ

幸運のありかが大きく変化いたしました。ここからは、あなたの社会的な足場の拡大を目指す時です。その事が今後の経済活動にも大きな影響を及ぼします。この期間の金運は今ひとつといった感じですが、2月に入る頃には順当な流れとなってゆきます。その活躍期の為にも今、足場をしっかりと固めておく事が重要なのです。ここでは多くを語らずにルーチンに没頭してゆく事が幸運の鍵であります。日常業務をしっかりとこなす事で立場は固まってきますが、更に意識をして、守備範囲の拡大を目指してゆきましょう。

 

射手座後半生まれ=大雪生まれ

情熱と行動力が秘められた年明けとなりました。2年ぶりにパッショナブルな力を纏ったあなたには、向かうところ敵はないといった感じであります。特に暗示されるものが経済、俗に言えば金運の復活、復調です。旧来のやり方から脱却するもよし、守り通すもよし、どちらにしても大きな再生力に恵まれた時となりますので、お金の事に集中してゆくとよろしいかと思われます。そんな中で起こる18日の満月は、特に切り替えのチャンスです。旧来のやり方に少し新たなものを取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

 

山羊座前半生まれ=冬至生まれ

恋に仕事に、何となく迷いが生じそうな時であります。これは悪い意味ではありません。更に良き状況を作り出す為の見直し点検といった期間とお考え下さい。ここでは、あなたに大きな思考力、伝達力が付与されました。それらを駆使して色々な可能性を探ってゆく時なのであります。経済の事に関してもやはり同じような状態となります。この期間は2月初旬までとお考え頂き、そこに照準を合わせて点検を終わらせて、行動に移すといった事が運気盛大の鍵となるでしょう。停滞とは思わずに、試行期間とお考え下さい。

 

山羊座後半生まれ=小寒生まれ

まさにあなたの人生の復活再生の時となりました。ここで起死回生の可能性が大いに高まります。特に18日の満月前後には大きなうねりが生じてきますので、その波に乗るような計画が有効かと思われます。この時期は、周囲を当てにしないで単独で乗り切ってゆく事に意義があります。その姿を見て同調者も現われてくるでしょう。現在、強い情熱を内に秘めていらっしゃいますので、いつもより大胆な姿勢でゆきましょう。ここ十数年の変容期間の中でも、ここは特に大きく伸びる可能性を秘めた時であります。

 

水瓶座前半生まれ=大寒生まれ

考え方が固まっていたはずなのに、ここでまた再構成の時となります。これは必要な事なので1月いっぱいは、もう一度練り直してゆく事をお勧めいたします。心の奥でもそのようにお考えだったかもしれません。現在は行動開始には未だ早いようです。周囲の環境が未だ整っていないので、このような状況での船出は良き結果を期待するのは難しいと思われます。まずは誕生日が過ぎてから、2月の中旬頃からの活動開始が適正でしょう。金運の山が目の前に迫っているからこそ、充分な検討と計画が必要なのであります。

 

水瓶座後半生まれ=立春生まれ

これまでくじけそうだった心が復活する期間となりました。何となく気が抜けたような状況から、よみがえる事ができるはずです。ここでは、先ず周囲の人間関係に丁寧に接してゆく事から始めましょう。金運が少しばかり不安定な暗示もありますので、人付き合いにもお金がかかってしまいそうですが、必要経費と割り切りましょう。そんな中で18日に起こる満月が、あなたの心に大きなインパクトを与えます。ここでやる気のスイッチが入るようです。特に仕事に関しての今後の覚悟が決まってゆく事でしょう。大事なポイントとなりますので忘れずに。

 

魚座前半生まれ=雨水生まれ

大きな好運気がやってきております。しかしながら、ここで焦りは禁物であります。あなたの内面での本当に望む方向、そして、周囲の人的環境がしっかりと整うのは2月初旬を待たなければなりません。ここは何度も計画や予定表を見直してゆく期間となるのです。今は可能性の提示が多すぎて選択に迷ってしまう時でもあります。これらをしっかりと見極めてゆくにも時間は必要で、その後に具体的な絞り込みもできてきます。2月からのスタートダッシュの為にも、ここでは待ちの体勢が不可欠なのであります。

 

魚座後半生まれ=啓蟄生まれ

この期間の最大のテーマは、あなたの運命の復調という事であります。これまでご自身の路線から少しばかり外れた観がありましたが、それをあるべき軌道に戻す時となりました。まずはご自分の意識を前向きに整えてから、周囲の方々との関係を新たにしてゆく事です。そんな中で迎える18日の満月は、あなたの心の中で今後の方向性が変わってゆくタイミングとなります。好みの方向も変わるかもしれませんが、それに従ってゆく事が良き変容をもたらしてくれるはずです。新たな軌道が出現する時期で、それによって、3月中旬からの幸運期に向かう路線が敷かれてゆく事になるのです。

 

青山五行の創始者 小池雅章先生に人生相談をいたしませんか?

恋愛・結婚、仕事やこれからの生き方についてなど、、ジャンルは問いません。
ホロスコープから見る運気の流れをもとに、あなたの悩みにお答えいただきます。

相談はこちらのgoogleフォームからご応募ください。

 

※二十四節気占いについて

二十四節気の区切りは、生まれ年によって若干異なる場合があります。
境目の生まれの方で、自分がどちらかわからないという方は、support@gentosha.jpへ
件名に【ホロスコープ歳時記】/メール本文に、生年月日・生まれた時間(なるべく正確に)と出生地をご記入の上、メールでお問い合わせ下さい。

{ この記事をシェアする }

ホロスコープ歳時記

「春分」や「寒露」など、手帳やカレンダーなどでもよく目にする東洋二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行は、まったく別のもののように思われていますが、実は同じサイクルで動いています。

西洋と東洋の占いをくみあわせた「青山五行」の創始者である著者が、星占いをさらに前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」によって、季節ごとの運勢を占います。

バックナンバー

小池雅章(青山五行) 占術家 「青山五行」創始者

世界各国の占術の研究を重ね「易」「四柱推命」「西洋占星術」などを複合的に組み合わせた独自の占術「青山五行」の創始者。
全国から鑑定予約殺到。これまで23500人を幸せに導いてきた、人気占い師。
twitterでの毎日の星占いが「当たる!」と評判に。@vinokoike
公式サイトではもっと詳しい星の動きを毎日更新しています。
https://www.aoyama-gogyo.com/

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP