1. Home
  2. 社会・教養
  3. 日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない
  4. ジャンクなセックスに溺れないために

日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない

2016.05.18 更新

ジャンクなセックスに溺れないために二村ヒトシ/湯山玲子

夫婦間のセックスレスは当たり前、恋人のいる若者は減少し、童貞率は上昇中——。そんな日本人のセックス離れの背景を真摯に大胆に語り合ったのが5月12日発売されたばかりの『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』です。一部抜粋し、急変する「日本人の性意識」を考えます 

 

快楽で自分を異界へ連れていく

湯山 そもそもね、快楽に関しての素養がある人が男も女も少ないと思う。五感の中で聴覚と味覚が快楽に非常に近いところがあって、ゆえに、私は特にエセではなくて真の「音楽好き」な男女を信用するところがあるんですよ。一流と言われる音楽芸術は、エクスタシーに似た快感の境地に連れてってくれることがある。「何だこれは!」と体験したことがない快楽がある。「こんな神がかった表現があるのか」と思うことがある。私はその法悦が好きなんですよ。三島由紀夫はエッセイ『私の遍歴時代』で、音楽について面白いことを言っている。彼は音楽が好きではなかった。なぜならば、音楽は小説や美術のように自分がその作品に介入することができずに、完全に受容することでしか、その美を享受できない。その受け身のところが嫌で、マンボとかの通俗音楽しか聴かない、と。さすが三島センセイはわかっておられる!

二村 一回性ということですか。それこそ「かけがえのない瞬間のオーガズム」みたいな。

湯山 そういう奇跡が起きるときがあるんですよ。「イッたー」というときよりも、その前後の時間を忘れる感覚というか。

二村 時間感覚を失う、やっぱり「意識が別世界に行く」みたいなのが大事なんですね。

湯山 グルメにもそういう瞬間がある。「すきやばし次郎」はランチでおよそ30分2万5000円という、「どこのキャバクラだ」っていうような値段なんですが、悪口を言うつもり100パーセントで「次郎」に行って、あのヒラメの握りを食べた瞬間にそんな感覚を得た。今でも脳内にあのヒラメの部屋がある感じ。フランス料理の「カンテサンス」や「ピエール・ガニェール」にもそれがあった。快感は偏在してるんです。それを感じられない美食家というのは、実はうじゃうじゃいて、たいてい「俺は100軒フランス料理店に行ってます」と数の勝負に出がち。ある程度、数をこなさなければならないけれど、その数量は快感がわかる、ということの証明ではないのですよ。ここんとこ、さっきのセックスにおける回数自慢と似てるでしょ?

二村 それで言うと、今まで出合ってなかった、生活範囲に入ってこなかった〝普通のもの〟が、たまたま食べてみたらとってもよかったってこともありますよね。北欧で、パンとチーズをいっしょに食べると、めちゃめちゃ旨い。普通に安ホテルの朝食とかコンビニで売ってるパンです。ドイツもこれまた安いパンが旨い。その国の人にとっては日常の平凡な食べ物でも、僕にとっては旅先のものだから、触れるたびに、味わえる濃厚な快感にビックリする。セックスも、多くの相手とやればいいというもんじゃないし、誰とやったって平凡な行為だけど、同じ相手でもやるたびに何かしらの感動を得るというのが、いいんですよね。快感に感動できる自分でありたいと思う。

湯山 ちょっとスピリチュアルな言い方になっちゃうけど、異界というかアウラというか、そんなところに手が届く感覚を人生において持ったほうがいいですよ。

二村 まったく同感です。何かの外部刺激で起動される「心の中の、別の世界」には行ったことがあるほうがいい。行ったってちゃんと帰ってこられる。しかも、帰ってきた自分は行く前とは変わっているから。

湯山 もちろん、そういう快感がなくても生きていけるのですけどね。セックスも子作りのためだったら、機能的で済むじゃないですか。しかし、私たちは進化してしまって、脳で快感がわかるようになってしまった。だったら、それは知っておいたほうがいいですよね。快感を恐れずに貪欲に積極的にならないと、セックス方面も楽しめないと思うし。

二村 もの凄くおいしい料理だったり、食べたことのない味だったり、凄い才能が作った芸術だったり、とんでもなく気持ちのいいセックスだったりが、この世じゃないところと繫げてくれる。そのことを知っている人は、強い人だと思いますね。それらをすべて経験しなければダメというわけでもないですし、それぞれのジャンルに向き不向きもありますけど……。

湯山 人間、どうせ死んでいくんだけど、でも、芸術とセックスは、その〝ただ死んでいくだけ〟という存在を超える感じがする。

二村 でも、だからこその難しさもある。「すきやばし次郎」は何カ月か前に予約してお金を払えば誰でも体験できるのかもしれない、お店で食べる一流の料理は芸術になり得るのかもしれないけど、セックスそのものは芸術ではない。優れたベテランAV男優たちのセックスに対する姿勢や情熱、その技術は目を見張るものがありますが、彼らと実際にセックスしたすべての女性に芸術的な感動を与えられるとは限らない。セックスは人間の関係ですから。

湯山 受け身で与えてもらうだけでは成り立たない。

二村 それと気をつけなくてはいけないのは、アディクトということがあるじゃないですか。「中毒」というより「依存」っていったほうがいいかな。ジャンクなものにハマっていく。もの凄い神秘と出合うつもりが、心の穴を埋めようとすることにアディクトして、共依存関係に陥る相手とジャンクなセックスを繰り返してしまい、本当の快感と出合っているわけではないのに、「それが快感だ」と思い込んで逃れられなくなるということもある。

湯山 至高のエクスタシーは、自分も相手も溶け合って、滅私する感覚があるんだけど、ジャンク系はそこに支配の快感やナルシシズムなんぞの自己がべったり張り付いていそう。

二村 そうなんです。自己に酔うというのは、最初に話した「承認欲求だけで恋愛やセックスをする人たち」の気持ち悪さとも繫がる。

湯山 でもさ、アディクトの中から見えることもあるよね。

二村 あります。破滅から見えてくる景色もある。よいことばかり、前向きなことばかりでは得られないエクスタシーがあるのも事実。

湯山 だから、気持ちよさの問題は難しいんだよね。地獄を見ることもあるから。

二村 そういう快楽もあると知ってさえいればいいんじゃないかな。自意識による恋愛だって、人生の一時期、どうしてもそこに耽ふけらなければならない季節もあるわけで。

湯山 快楽に対してはやろうという意志さえあれば、リーチできる可能性はあるよね。リーチできるノウハウも世の中に多く提示できる。それを二村さんと語っていきましょう。 

***
4回にわたり、「序章 なぜ、私たちは恋愛も結婚もセックスも楽しめなくなったのだろう」の一部をお届けしました。本論は『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』をご覧ください。また、5月18日19時より、DOMMUNEにて、実写版「日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない」が放送されます。そちらもお楽しみいただければ幸いです。

目次

序章 なぜ、私たちは恋愛も結婚もセックスも楽しめなくなったのだろう
◆日本に蔓延するセックスへの絶望
◆自分の中の暴力性を嫌悪する男たち
◆「首を絞めて」と言う女性が増えている
◆脳化するとセックスができなくなる
◆快楽で自分を異界へ連れていく

第一章 自分の中の快感回路を探しに
◆AV男優とAV女優では「セックス」にならない
◆なぜ女優にペニスを生やすのか
◆気持ちいいことに誠意を尽くす、二村式AVの秘訣
◆セックスの才能がある男・ない男
◆必ず来る「勃たなくなる時代」への準備

第二章 ひからびた感情を取り戻せ!
◆メンヘラ女子のセックスはエロい?
◆女への憎しみ、恐怖から、女を支配しようとする男
◆セックスに不自由しない男はなぜ嫌われるのか
◆母と息子の癒着が根源的問題
◆親が自分の人生をまっとうすると子どもはグレない
◆50歳をすぎたら男はつまらなくなる
◆感情を出すことを恐れるな

第三章 侮辱でもない、自虐でもない、大人の性愛のたしなみ
◆前戯はレストランから始まっている
◆エロ話で日本の男女の縛りを外す
◆オヤジの性文化にも学ぶところがあった
◆男は射精以外のオーガズムを知ったほうがいい
◆日本人のセックスは遊び的
◆なぜ男は現役をアピールするのか
◆50歳をすぎて突如、愛妻家になる男の心理

第四章 エロティックでロマンティックな人生のために
◆いつまでも褒めてほしがる男たち
◆男と男の面倒くさい関係
◆Mを自称する女のつまらなさ
◆病む不倫をしないで済む方法
◆侮辱してくるパートナーとは距離を取る
◆オーガズムは自分で得るもの
◆老いていく身体と向き合う
◆母親ベタベタとセックスの間のスキンシップを!
◆自立した女性が男を欲情させる方法
◆きれいな男女しかセックスしてはいけないという幻想
◆セックスは贅沢品になりつつある
◆されどもセックスを過大評価しない

◆あとがき 二村ヒトシ
◆あとがき 湯山玲子

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない

バックナンバー

二村ヒトシ アダルトビデオ監督

アダルトビデオ監督。1964年六本木生まれ。慶應義塾幼稚舎卒、慶應義塾大学文学部中退。監督作品として『美しい痴女の接吻とセックス』『ふたなりレズビアン』『女装美少年』など、ジェンダーを超える演出を数多く創案。現在は、複数のAVレーベルを主宰するほか、ソフト・オン・デマンド若手監督のエロ教育顧問も務める。 著書に『すべてはモテるためである』、『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』(ともにイースト・プレス)、『淑女のはらわた 二村ヒトシ恋愛対談集』(洋泉社)『オトコのカラダはキモチいい』(共著/KADOKAWA)などがある。
公式サイト:http://nimurahitoshi.net/
twitter:@nimurahitoshi / @love_sex_bot

湯山玲子

著述家、プロデューサー。日本大学芸術学部文芸学科非常勤講師。自らが寿司を握るユニット「美人寿司」、クラシックを爆音で聴く「爆音クラシック(通称・爆クラ)」を主宰するなど多彩に活動。現場主義をモットーに、クラブカルチャー、映画、音楽、食、ファッションなど、カルチャー界全般を牽引する。著書に『クラブカルチャー』(毎日新聞社)、『四十路越え!』(角川文庫)、『女装する女』(新潮新書)、『女ひとり寿司』(幻冬舎文庫)、『ベルばら手帖』(マガジンハウス)、『快楽上等!』(上野千鶴子さんとの共著。幻冬舎)、『男をこじらせる前に 男がリアルにツラい時代の処方箋』(KADOKAWA)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP