1. Home
  2. 生き方
  3. 生き方3.0
  4. 「政治色がない」運動なんて運動じゃない(...

生き方3.0

2013.11.04 更新

特集 生き方3.0 國分功一郎×麻木久仁子スペシャル対談

「政治色がない」運動なんて運動じゃない(1/4)國分功一郎/麻木久仁子

小平の話題が全国ニュースに乗った

麻木 身近な問題について声を上げてる人って、本当は全国にいくらでもいると思うんだけど、なかなかうまい具合にマスメディアに乗れないことが多いでしょ。それなのに、小平の運動はすごく話題になった。誰かが後ろにいるんじゃないかと思ったくらい(笑)。

麻木久仁子 1962年、東京都生まれ。学習院大学法学部中退後、芸能活動を開始。司会者、女優、エッセイスト、コメンテーターなど幅広く活躍。無類の読書好きで、TBSラジオ『麻木久仁子の週刊「ほんなび」』のパーソナリティを務めるほか、人気書評サイトHONZのレビュアーでもある。

國分 広告代理店とかはからんでませんよ、全然(笑)。でも、ある程度は浸透したってことかな。

麻木 そのこと自体、私はとてもいいと思ったのね。住民運動って全国にたくさんあるにもかかわらず、その地域に住んでる人以外にはどうも他人事で、みんなの共通体験になっていかないでしょ。今回の小平の都道328号線の問題は、そういう方法論を全国的に共有していく機会になったと思う。

國分 新聞もテレビも、わがことのように協力してくれたんです。ジャーナリズムに携わる人は、似たような問題が全国で起きているのを知っていて、「小平はわりといい感じで進んでるから頑張ってほしい」という気持ちを持ってくれたのかもしれない。

麻木 共感を得られた。

國分 そう、そこがよかったみたいです。

{ この記事をシェアする }

生き方3.0

バックナンバー

國分功一郎/麻木久仁子

國分功一郎
1974年、千葉県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。高崎経済大学経済学部准教授。専攻は哲学。主な著書に『スピノザの哲学』(みすず書房)、『暇と退屈の倫理学』(朝日出版社)、『ドゥルーズの哲学原理』(岩波書店)など。新著『来るべき民主主義』(幻冬舎新書)は、地元・小平市の住民運動への参加をとおして、現代の民主主義を新たな視点で捉えなおした話題作。

麻木久仁子
1962年、東京都生まれ。学習院大学法学部中退後、芸能活動を開始。司会者、女優、エッセイスト、コメンテーターなど幅広く活躍。無類の読書好きで、TBSラジオ『麻木久仁子の週刊「ほんなび」』のパーソナリティを務めるほか、人気書評サイトHONZのレビュアーでもある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP