1. Home
  2. お知らせ
  3. 光の角度
  4. 乃木坂46・鈴木絢音が辞書で最初に調べる...

光の角度

2021.05.23 更新 ツイート

乃木坂46・鈴木絢音×辞書編纂者・飯間浩明 対談#1

乃木坂46・鈴木絢音が辞書で最初に調べる言葉は「右」 飯間浩明/鈴木絢音

飯間 他に、心に残る説明ってあります?

鈴木 うーん新しい辞書では、必ず最初に「右」を調べます。

飯間 あっ、プロですね。

鈴木 本当ですか?

飯間 なんで右かっていうのを説明してくれませんか。

鈴木 辞書によって語釈が全然違うのがおもしろいというのと、私の中で右っていうのは……、なんて言えばいいんだろうな、父が左利きなので、右利きの人だけに向いている説明だと、ちょっとわかりづらいんじゃないかなと思ってしまうんです。

飯間 つまり、お父さんにとっても、誰にとっても、違和感がない説明になっているか、ということですか。

鈴木 そうです。

飯間 それは大事な観点ですね。なんかね、辞書を作ってる人間は自分中心に書いちゃうんです。自分の見ている範囲以外の人のことを、ちょっと冷たく扱っちゃうことがあるかもしれないですね。

鈴木 なるほど、辞書編纂者とはいえ、人ですもんね。

飯間 もし、右を説明する時に、「お箸を持つ方の手の側です」なんて書いてあったら、左利きの人は怒りますよね。さすがにそこまで書く辞書はないんですけれども、必ずしも全員に当てはまらない説明もあります。誰もが納得できるか、っていうのは、辞書を見る時のすごく大事な観点だと思います。じゃあ、『新明解』では右をどう書いているか、見てみましょうか。

鈴木 「アナログ時計の文字盤に向かった時に、一時から五時までの表示のある側」

飯間 そう、一時から五時の側は、確かに右ですよね。よく思いついたなと思うし、これだったら別に左利きの人も違和感はありません。辞書に使う例というのは、身近なものがいい。時計だったらこの部屋にもあります。「一から五が書いてあるほうだよ」と言えば子どもにもわかりますね。

鈴木 誰でもすぐにわかるような例えがいいんですね。

飯間 ちなみに、『岩波国語辞典』には画期的な右の説明があります。ご存知ですか?

鈴木 いえ、知らないです。

飯間 岩波の辞書もここにあるので、読んでみましょう。まず「相対的な位置の一つ」とあって、「東を向いた時、南の方」。ここは『広辞苑』などにも似た説明があります。すごいのはこの後で、「また、この辞典を開いて読む時、偶数ページのある側を言う」って書いてあるんです。

鈴木 なるほど、すごくわかりやすいです。

飯間 この説明を書いた版が出た時には、かなり評判になりました。確かに、辞典を読む時にそのページを開いていない人っていないから、偶数ページは必ず右だとわかるよねって。

鈴木 面白い! すごいですね。

飯間 これは発明でしたね。あるいは、『明鏡国語辞典』を見てみると、「人体を対称線に沿って二分したとき、心臓のない方」って書いてあります。

鈴木 心臓のない方……。本当ですね。

撮影/米玉利朋子(G.P.FLAG)

飯間 せっかくですので、私たちが作っている『三省堂国語辞典』も見てくださいますか。

鈴木 「横に〈広がる/ならぶ〉もののうち、一方のがわをさすことば。『一』の字では、書きおわりのほう。『リ』の字では、線の長いほう」。……こちらもすごくわかりやすいです!

飯間  「一」の書き順を知らない人は困っちゃいますけどね。これもね、けっこう新明解や岩波や明鏡に対抗しようと思って、我々は考えたんですよ。

鈴木 これは、「一」だけではなくてなぜ「リ」も入れたんですか?

飯間 「一」は、左と右がつながっている場合を想定したんです。例えば、景色を眺めながら「ちょっと右の方を見て」ということがありますね。左から右に景色がずっとつながっている。そんな場合には「一」の字で説明しようと。また、左と右が独立している場合もありますね。「右の絵と左の絵と、どっちがいいですか?」と言った時に「右です」とか。そういう場合を説明するには「リ」の字がいるなと。

鈴木 なるほど! つながっている場合とつながっていない場合ですか、面白い。

飯間 大体、鈴木さんのマニア度がわかりました。

鈴木 マニア度ですか(笑)、恥ずかしいですね。

*   *   *

辞書を愛するお二人のお話、興味深いですね。アンダーライブの行われる5月26日に後編を掲載予定ですので、お楽しみに!

『新明解国語辞典 第八版』

日本で一番売れている小型国語辞典。9年ぶりの改訂となる。新語・新項目を約1500語増補し、収録項目数は約7万9000語となった。言葉の本質をとらえた鋭い語釈を中核に、アクセント、漢字表記・文法欄の更なる充実など、最新の研究に基づく情報も加えられた。

鈴木絢音1st写真集『光の角度』

乃木坂46鈴木絢音さんのファーストソロ写真集。画家・ゴーギャンの愛したタヒチで撮影。のびやかに海を泳ぐ姿、テラスで本を読む横顔、お酒に酔って眠ってしまった寝顔、ちらりと覗くうなじの白さ……。タヒチの自然と鈴木さんの様々な表情が重なる、物語性のある一冊。

{ この記事をシェアする }

光の角度

乃木坂46鈴木絢音さんファースト写真集の発売が決定いたしました。
情報をこちらにアップしていきます。

バックナンバー

飯間浩明

1967年生まれ、香川県出身。『三省堂国語辞典』編集委員。早稲田大学院文学研究科博士後期課程単位取得。NHK Eテレ「使える! 伝わる にほんご」講師など、日本語教育番組にも携わる。

鈴木絢音 乃木坂46

1999年3月5日生まれ、秋田県出身。乃木坂46の二期メンバー。中学二年生の時に乃木坂46の二期生オーディションに参加し、合格。研究生として活動をスタートした。2015年に正規メンバーに昇格。2018年に21stシングル「ジコチューで行こう!」で初の選抜メンバー入りを果たす。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP