1. Home
  2. 生き方
  3. ぼくは、平熱のまま熱狂したい
  4. “細マッチョ”をめぐる冒険

ぼくは、平熱のまま熱狂したい

2019.11.06 更新 ツイート

“細マッチョ”をめぐる冒険宮崎智之

日常生活を平熱のまま見つめ、言語化することを得意とする宮崎智之さん。なにげない日々のなかには静かな熱狂が埋まっているのです。

年の終わりが近づくと、雑誌「ターザン」を買いたくなる。翌年の目標を立て始める時期でもあり、来年こそは健康な生活をと思うからだ。年末になって格闘技のイベントがテレビ放送され始めると、ちょっとだけ筋トレしたりする。毎年この繰り返し。

ところが、この筋トレが続かない。ぼくは中学、高校とバスケットボールに打ち込み、大学のサークルでもやっていた(ほとんど飲み会だったけど)。よくひ弱に見られるものの、球技に限って言えばそんなに苦手ではない。スポーツは好きなほうだと思う。

ただし、それは対戦型のスポーツに限定される。つまり、身体を動かすのが好きというわけではなく、競技中に生じる相手との駆け引き、勝利に向けてどのように試合を運んでいくかといった、スポーツにおけるゲーム性が好きなのだ。だから、ただ単に身体を動かすエクササイズや筋トレなど、“自分と戦う系”の運動はどうも苦手である。

そんなんだから、年末にかけて盛り上がる筋トレ熱は、たいてい1か月もすれば冷めてしまう。「ターザン」で紹介されている筋トレを最後までこなすこともない。まあ1か月でもやらないだけマシか、と自分を慰めていたが、最近はそうも言っていられなくなってきた。

気がつけば、もう40代手前である。ぼちぼち身体の不調を訴える友人が増えてきた。ジムに通ったり、ランニングを始めたりする友人も多く、みんな身体を鍛え始めている。そんななか、ぼくは今、“細マッチョ”という概念に、自分でもうろたえるほど猛烈に惹かれている。細マッチョとは、いったいなんなのか。なぜこんなにも熱狂してしまうのか。それを語る前に、ここ1年ほどで起こった、個人的な体験を綴らせていただこうと思う。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

宮崎智之『モヤモヤするあの人 常識と非常識のあいだ』

どうにもしっくりこない人がいる。スーツ姿にリュックで出社するあの人、職場でノンアルコールビールを飲むあの人、恋人を「相方」と呼ぶあの人、休日に仕事メールを送ってくるあの人、彼氏じゃないのに〝彼氏面〟するあの人……。古い常識と新しい常識が入り混じる時代の「ふつう」とは? スッキリとタメになる、現代を生き抜くための必読書。

{ この記事をシェアする }

ぼくは、平熱のまま熱狂したい

バックナンバー

宮崎智之

フリーライター。1982年生まれ。東京都出身。地域紙記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。日常生活の違和感を綴ったエッセイを、雑誌、Webメディアなどに寄稿している。著書に『モヤモヤするあの人 常識と非常識のあいだ』(幻冬舎文庫)、共著『吉田健一ふたたび』(冨山房インターナショナル)など。
Twitter: @miyazakid

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP