1. Home
  2. 生き方
  3. ぼくは、平熱のまま熱狂したい
  4. 不快で仕方ないけど、大切なことを教えてく...

ぼくは、平熱のまま熱狂したい

2019.10.02 更新 ツイート

不快で仕方ないけど、大切なことを教えてくれた作品宮崎智之

日常生活を平熱のまま見つめ、言語化することを得意とする宮崎智之さん。なにげない日々のなかには静かな熱狂が埋まっているのです。

父方の祖父は、たいそうな大酒飲みだった。教員を退職してからは赤玉ポートワインを朝から飲み、まだ未成年のぼくに勧めようとして、両親から怒られていた。そんな祖父が80代後半と、おそらく親族の男性のなかでは一番長生きしたのだから、人生はわからない。亡くなる前日も寒いなか自転車をこぎ、スーパーまでお酒を買いに行っていたらしい。

祖父の日課は赤玉ポートワインを飲みながら、朝からロシア語の詩を暗唱することだった。誰もロシア語をわからなかったので、なんの詩だったのか、本当に発音が正しかったのか、今となっては確かめようがない。それが終わると、短波ラジオをつけて酔っ払いながら株の取引をしていた。身長が180センチもあるのに体重が50キロ台で、肌は真っ白。外に出るときは大きなサングラスをかけていた。この異様な風体の祖父に畏怖の念を抱いていたが、ぼくを見て「ワシの生き写しじゃ」と言われるたびに、子どもながらに不安を覚えたものだ。

祖父はまた、読書家でもあった。書斎には古い本がたくさん置いてあった。ぼくが大学生の頃だったか、次第に入退院を繰り返すようになった祖父に、「今まで読んだなかで、一番すごかった作品はなに?」と聞いてみたことがある。すると祖父は、「カラマーゾフの兄弟」と答え、「でも、ロシア文学は暗くなるから読んでは駄目だ」と続けた。

しかし、残念ながら、すでにそのときには、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』をぼくは読んでいた。祖父は若い頃、地方紙かなにかに小説を投稿していたという。何度落選しても送ってくる執念にまいったのだろう、担当者から電話がかかってきて、「君の小説は暗すぎていけない」と助言されたらしい。ちなみに、祖父の名は陽太郎である。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

宮崎智之『モヤモヤするあの人 常識と非常識のあいだ』

どうにもしっくりこない人がいる。スーツ姿にリュックで出社するあの人、職場でノンアルコールビールを飲むあの人、恋人を「相方」と呼ぶあの人、休日に仕事メールを送ってくるあの人、彼氏じゃないのに〝彼氏面〟するあの人……。古い常識と新しい常識が入り混じる時代の「ふつう」とは? スッキリとタメになる、現代を生き抜くための必読書。

{ この記事をシェアする }

コメント

南田南  不快で仕方ないけど、大切なことを教えてくれた作品|ぼくは、平熱のまま熱狂したい|宮崎智之 - 幻冬舎plus https://t.co/H3PigV4bVm 2日前 replyretweetfavorite

ぼくは、平熱のまま熱狂したい

バックナンバー

宮崎智之

フリーライター。1982年生まれ。東京都出身。地域紙記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。日常生活の違和感を綴ったエッセイを、雑誌、Webメディアなどに寄稿している。著書に『モヤモヤするあの人 常識と非常識のあいだ』(幻冬舎文庫)、共著『吉田健一ふたたび』(冨山房インターナショナル)など。
Twitter: @miyazakid

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP