1. Home
  2. 生き方
  3. ぼくは、平熱のまま熱狂したい
  4. 朝顔が恋をしているのは、いったい誰なのか...

ぼくは、平熱のまま熱狂したい

2019.09.02 更新 ツイート

朝顔が恋をしているのは、いったい誰なのか。切ない宮崎智之

日常生活を平熱のまま見つめ、言語化することを得意とする宮崎智之さん。なにげない日々のなかには静かな熱狂が埋まっているのです。

最近よく転ぶ。2回目は部屋の中で盛大にひっくり返り、数日間の痛みが残った。腰も肩も首も痛いし、常に頭痛がする。催促状に気がつかなかったのか、払っていたと思っていた去年の国民保険料を払っておらず、延滞税を取られた(今年度の分はきっちり収めていたのに)

なぜこんなに嫌なことばかり続くんだろうとあれこれ考えていると、ふと大切なことを思い出した。そうだ、今年は朝顔を育てていないんだ。朝顔は毎夏に育てることが何年か続き、一度は中断したものの、去年の夏に栽培を再開した、はずだった……。

その朝顔を今年は育てていない。去年は成長記録をiPhoneで撮って、まったく人気がなく需要もないのに、わけのわからない朝顔成長日記までSNSに投稿していたではないか。そんな大切な朝顔を育てていないなんて、嫌なことがあっても仕方ないな、と反省した。

そもそも朝顔を好きになったのは、『万葉集』に出てくる、ある朝顔の和歌が好きだからである。好きだからである、と生ぬるい表現を使ったが、その和歌を見たとき、ぼくは正直、脳天を叩き割られたような衝撃を受け、すっかり度肝を抜かれてしまった。

その和歌はこんな作品だ。

展轉(こいまろ)び恋ひは死ぬともいちしろく色には出でじ朝貌の花

歌意:身もだえして恋に苦しみ、死ぬようなことがあろうとも、はっきり態度に出して人には知られまい。朝顔の花のようには。(※)

作者不詳の作品である。なんてことだ。なんて想像力なんだ。朝顔のようには、恋心を態度に出さない。それはつまり、朝顔の花は恋心が色に出てしまっている、ということでもある。

もちろん、ぼくにだって花から、なんらかの感情を沸き起こすことはある。梅、桜、あじさい、いやもしかいたらバラにだって感じるかもしれない。それにしたって、まさか朝顔を見て、「恋心が色に出てしまっている花」と感じる人がいるとは。これは、都市文明に生きているぼくたちには、容易には気づくことができない自然の表情なのかもしれない。しかし、昔の誰だかわからない作者は、道端の朝顔を見て、そのような感情を抱き、和歌にしたためたのである。

そう言われてみれば、そんなふうに見えないではない。赤、青、紫といろいろな色があるが、色によって恋心が少し異なって見えるような気もする。そう感じているうちに、朝顔に並々ならぬ愛着がわいてきた。恋心が色に出てしまっているなんて、なんて愛らしい花なんだ、と。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

宮崎智之『モヤモヤするあの人 常識と非常識のあいだ』

どうにもしっくりこない人がいる。スーツ姿にリュックで出社するあの人、職場でノンアルコールビールを飲むあの人、恋人を「相方」と呼ぶあの人、休日に仕事メールを送ってくるあの人、彼氏じゃないのに〝彼氏面〟するあの人……。古い常識と新しい常識が入り混じる時代の「ふつう」とは? スッキリとタメになる、現代を生き抜くための必読書。

{ この記事をシェアする }

ぼくは、平熱のまま熱狂したい

バックナンバー

宮崎智之

フリーライター。1982年生まれ。東京都出身。地域紙記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。日常生活の違和感を綴ったエッセイを、雑誌、Webメディアなどに寄稿している。著書に『モヤモヤするあの人 常識と非常識のあいだ』(幻冬舎文庫)、共著『吉田健一ふたたび』(冨山房インターナショナル)など。
Twitter: @miyazakid

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP