1. Home
  2. 社会・教養
  3. オトコ・マンガ/オンナ・マンガの世界
  4. 手塚治虫が作った“少女マンガ”の様式

オトコ・マンガ/オンナ・マンガの世界

2019.08.20 更新 ツイート

第4回

手塚治虫が作った“少女マンガ”の様式中川右介

第1回「マンガには『オトコ・マンガ』と『オンナ・マンガ』がある」はこちら

(写真:iStock.com/art12321)

1947年、手塚治虫の、伝説のマンガ『新宝島』が出版され、40万部が売れたという。以後、手塚治虫は大量の、ストーリーのあるマンガを描き下ろしていく。ほとんどが少年が主人公の冒険ものだったが、なかには、メルヘンもあった。

敗戦直後、手塚治虫のストーリーマンガよりも前に、子供たちが親しんでいたフィクションは、少年小説、少女小説だった。戦前から「少年倶楽部」「少女倶楽部」などの少年少女雑誌があり、そこには挿絵入りの小説が載っていて、人気があったのだ。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

 

※毎週火曜更新

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

オトコ・マンガ/オンナ・マンガの世界

いまや世界を夢中にさせているマンガの世界。その発祥をたどると「オトコ・マンガ」と「オンナ・マンガ」に別れ、男女の壁が当然のように存在する。日本の女性は「オトコ・マンガ」をほぼ読まず、男性は「オンナ・マンガ」を読まずに大人になった。この交じり合わない男女像が、今の男女不理解に影響を与えている……!? マンガ独特の歴史をたどりながら日本社会を語る画期的論考。

バックナンバー

中川右介

1960年生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。出版社IPCの編集長として写真集を中心に美術書を編集、ソ連の出版社とも提携した。後、出版社アルファベータを設立し、代表取締役編集長に(2014年まで)。ドイツ、アメリカ等の出版社と提携し、音楽家や文学者の評伝や写真集を編集・出版。クラシック音楽、歌舞伎、映画、歌謡曲、マンガなどの分野で旺盛な執筆活動を続ける。おもな著書に『十一代目團十郎と六代目歌右衛門』『坂東玉三郎』『カラヤンとフルトヴェングラー』(以上、幻冬舎新書)、『手塚治虫とトキワ荘』(集英社)、『サブカル勃興史』(角川新書)、『1968年』(朝日新書)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP