1. Home
  2. 社会・教養
  3. オスマン帝国英傑列伝
  4. 美貌より快活さが魅力だった【魔性の女ヒュ...

オスマン帝国英傑列伝

2019.07.08 更新

美貌より快活さが魅力だった【魔性の女ヒュッレム(1)】小笠原弘幸

およそ600年という史上まれに見る長期間、繁栄を誇ったイスラムの盟主「オスマン帝国」。前代未聞の大帝国を築いたのはどんな人物たちだったのか。

ベストセラー『オスマン帝国』(中公新書)の著者小笠原弘幸氏がオスマン帝国の傑物10人を考察する新連載。今回は女奴隷から王妃まで上り詰めた、帝国史上最も有名な悪女・ヒュッレムです。

 

ヒュッレム(ティツィアーノ画)(C) Titian ,–1576

*   *   *

皇帝に深く愛された、魔女の肖像

前回につづき、今回も肖像画から始めたい。

色白でふっくらとした女性が、柔らかなまなざしと共に、薄く笑みを浮かべている。簡素だが高級そうな緑のガウンを羽織り、対照的に、その頭にかぶる冠には豪奢な宝石がちりばめられている。


彼女の名は、ヒュッレム。
元キリスト教徒の奴隷身分でありながら、オスマン帝国の黄金時代を現出させた立法王にして壮麗王たるスレイマン一世(位1520-66年)の寵姫となり、のちに正式な后となるまで上り詰めた人物である。スレイマンはヒュッレムを深く愛し、四人まで妻帯を認めるイスラムの教えにあって、実質的な一夫一婦の関係を彼女と結んだ。その華やかなサクセス・ストーリーの陰に、彼女が魔術でもってスレイマンを篭絡し、さまざまな陰謀を張り巡らせライバルたちを排除していったという噂も流れた。西洋にもその名を響かせた彼女は、オスマン帝国史上、もっとも有名な女性であるといってよいだろう。

 

スレイマン一世(位1520-66年)(C) Anonymous after Titian

この肖像を描いた画家の名は、ティツィアーノ。もしくは、ティツィアーノその人ではなく、ティツィアーノが率いた工房の作品だと考えられている。
ティツィアーノは、メフメト二世の肖像を描いたジェンティーレ・ベッリーニやその弟ジョヴァンニ・ベッリーニの工房で修業を積んだ。であるから、彼はある意味ではベッリーニの弟子である。しかし、彼の名声は、師たちをはるかにしのぐ。それどころか、ルネッサンス最大の巨匠のひとりであり、「画家の王者」と称賛される存在である。ヴェネツィア共和国の公式画家であった彼がヒュッレムを描いたのは、1550年ごろであった。すでに名声を確立し、大工房を擁して絵画の制作に従事していた時代の一作である。


ティツィアーノがオスマン帝国を訪れた記録はなく、だから直接、彼がヒュッレムに拝謁してこれを描いたわけではない。ティツィアーノ以外にも、ヒュッレムを描いた同時代の西洋の画家たちがおり、そのなかには、オスマン帝国に滞在経験を持つ者もいた。しかし誰もが、ヒュッレムの顔を直接、拝した経験はないはずである。ハレムの高貴な女性と異教徒の画家が直にまみえることは、当時の慣習からいってあり得なかった。伝存しているヒュッレムの肖像画が、どれも違った容貌のように見えるのは、そのためであろう。ゆえに、ヒュッレムがどのような素顔であったかを、絵画からうかがい知ることは難しい。
とはいえ、巨匠ティツィアーノの手によるこの肖像は、ライバルたちを一掃して王妃としての地位を確立し、壮麗王のパートナーとして充実した時期を過ごしていた彼女のイメージを、十分に伝えているように思えるのである。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

小笠原弘幸『オスマン帝国-繁栄と衰亡の600年史』

オスマン帝国は1299年頃、イスラム世界の辺境であるアナトリア北西部に誕生した。アジア・アフリカ・ヨーロッパの三大陸に跨がる広大な版図を築くまでに発展し、イスラムの盟主として君臨した帝国は、多民族・多宗教の共生を実現させ、1922年まで命脈を保った。王朝の黎明期から、玉座を巡る王子達の争い、ヨーロッパへの進撃、近代化の苦闘、そして滅亡へと至る600年を描き、空前の大帝国の内幕に迫る。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

コメント

幻冬舎plus  \昨日の急上昇連載1位/ 美貌より快活さが魅力だった【魔性の女ヒュッレム(1)】|オスマン帝国英傑列伝|小笠原弘幸 https://t.co/V8t10xzPvn 12時間前 replyretweetfavorite

麻日隆@鉤月のオルタ  教えていただいたのですが記事の末尾に「鉤月のオルタ」も紹介して頂きました!小笠原先生ありがとうございます😸記事もめっちゃ面白いです! 美貌より快活さが魅力だった【魔性の女ヒュッレム(1)】|オスマン帝国英傑列伝|小笠原弘幸 - 幻… https://t.co/z5mfGap3ob 6日前 replyretweetfavorite

幻冬舎新書  美貌より快活さが魅力だった【魔性の女ヒュッレム(1)】|オスマン帝国英傑列伝|小笠原弘幸 - 幻冬舎plus https://t.co/lYeQWaITad 7日前 replyretweetfavorite

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP