1. Home
  2. 社会・教養
  3. オスマン帝国英傑列伝
  4. 150年続いた「兄弟殺し」の習わしとは【...

オスマン帝国英傑列伝

2019.06.10 更新

150年続いた「兄弟殺し」の習わしとは【征服王メフメト2世(1)】小笠原弘幸

およそ600年という史上まれに見る長期間、繁栄を誇ったイスラムの盟主「オスマン帝国」。前代未聞の大帝国を築いたのはどんな人物たちだったのか。
ベストセラー『オスマン帝国』(中公新書)の著者小笠原弘幸氏が、トルコ・中東工科大学に渡り、最新研究をもとにオスマン帝国の傑物10人を考察する新連載。1人目は、中世に終止符を打った稀代の征服王・メフメト2世です。

*   *   *

(写真:(C)Gentile Bellini  (1429–1507) )

ヴェネツィアの画家が描いた、征服王の肖像

ロンドン、ナショナル・ギャラリー。
ヨーロッパの王侯貴族の肖像画が壁面に隙間なく飾られたこの美術館にあって、ターバンをまとったこの人物の肖像は、異彩を放っているようだ。
肖像の人物は、メフメト二世という。オスマン帝国第七代のスルタンであり、征服王の異名をとる。この国を、真の意味で「帝国」たるにふさわしく作り上げた、オスマン帝国でもっとも有名な君主のひとりが、彼であった。

この肖像画は、ヴェネツィアの画家、ジェンティーレ・ベッリーニの手によるものである。

ベッリーニ家は、画家一族であった。父も弟も高名な画家であり、ヴェネツィアにおけるルネサンス美術を牽引した彼は、オスマン帝国とヴェネツィアとの長い戦いが終わった1479年、メフメト二世に招聘されて帝都イスタンブルを訪れた。メフメトは、偶像崇拝を忌避するイスラムの規定を意に介することなく、この異教徒の画家に自身の姿を含めた、さまざまな油彩画を描かせたのであった。ベッリーニがメフメト二世の肖像を描いたのは、1480年のことである。

それから間もない1481年にメフメト二世が死去したのち、王位を継いだ息子のバヤズィト二世は、父王のコレクションを西洋人に売り払った。イスラム神秘主義に傾倒していた彼にとって、父王の西洋趣味は理解できなかったのであろう。その後、ヴェネツィアのコレクターが所蔵していたこの絵を、考古学者としてオスマン帝国に長く滞在した経験のある英国人オースティン・レヤードが1865年に購入、彼が死去すると彼の妻がナショナル・ギャラリーに寄贈したのであった。

伝存するこの絵は、遍歴のなかで傷んだためか、かなりの修復がほどこされている。すくなくともベッリーニその人の筆遣いは、もはや失われてしまった。しかし、メフメト二世の顔かたちそのものは、大きく変わっていないとされている。

突き出た顎と高い鼻梁を持ち、細面で色白のメフメトの絵姿からは、繊細にして怜悧な印象をうける。オスマン王家のもともとの出自はトルコ系であるが、君主たちの母はほとんど非トルコ系、おそらくはセルビア人やギリシャ人であった。してみると、彼の風貌は、アナトリアとバルカン、ムスリムとキリスト教徒が混交したなかで誕生した、この帝国を体現しているといってもよいかもしれない。

メフメトは、ベッリーニがこの絵を描いてから半年もたたぬうちに没した。

およそ400年後、この絵をもとに描かれたメフメト二世像を目にしたスルタン・アブデュルハミト二世(位1876-1909年)は、彼の容貌が自身に似ているのに驚嘆したという。この逸話は出来過ぎとしても、メフメト二世が、のちのオスマン王家の人々にとって強く意識される存在であったことは間違いない。

オスマン帝国の人々からは「征服王」と称えられる一方、ヨーロッパ人からは「第二のルシファー」あるいは「毒竜」と呼ばれ恐れられたメフメト二世は、いかなる人物だったのだろうか。

 

 

誰が本当の母親か

オスマン帝国は、北西アナトリア、イスラム世界の果ての地において、1299年ごろ歴史にその姿を現す。以降、東西に着実にその領土を広げていった。とくに第四代君主バヤズィト一世(位1389-1402年)は「稲妻王」とも呼ばれ、ヨーロッパの十字軍を打ち破った英傑であった。

しかし彼は、1402年のアンカラの戦いにおいてモンゴルの継承者を自任するティムールに敗れ、帝国は滅亡の危機に瀕する。その帝国を立て直したのが、バヤズィト一世の息子メフメト一世(位1413-21年)であった。彼を継いだムラト二世(位1421-44年, 1446-51年)も有能な君主であり、彼の時代に帝国はバヤズィト一世時代の旧領をほぼ取り戻すことに成功した。

メフメト二世はそのムラト二世の王子として、1432年3月30日、当時の首都であったエディルネで生まれた。

彼の母が誰かについては、ふたつの説がある。

ひとつめの説は、1435年にムラト二世と政略結婚をしたセルビアの王女、マラ(マリア)がメフメトの母であるというものである。

この説は、即位後のメフメト二世が彼女について「わが母」と記している勅令があることから、根強い支持がある。しかし、彼女が結婚した年にはすでにメフメトは生まれていたことから、彼女がメフメトの実母ではないのは明らかである。およそ16歳で輿入れしたマラは評判の美女であったというが、ムラトは彼女と子をなそうとはしなかったとも伝えられる。

生母でないとはいえ、メフメトは幼少のころからこの女性と親しくしていた。さきの「わが母」という呼びかけは、メフメトがこの義母に深い親愛の情を寄せていたためである。メフメトがコンスタンティノポリス攻略を思い立ったのは、彼女が幼いメフメトに、この町の地図を見せたゆえであったともいわれる。メフメトが即位するとマラは故郷に隠遁するが、メフメトとの交流は続き、セルビアやヴェネツィアとの外交に仲介役を果たすこともあった。

実際にメフメトの生母であったのは、ヒュマー・ハトゥンという女性である。

その身分は、おそらく奴隷であった。「ヒュマー」という彼女の名(楽園に住まう鳥を意味する。「ハトゥン」は女性への敬称)は、しばしば奴隷に与えられるものだったゆえである。彼女の父がキリスト教徒らしいことも、この仮説を補強している。

イスラム世界の王朝において、君主は子をなす相手として、しばしば奴隷を選んだ。奴隷と聞いて、現代の日本人は違和感を覚えるかもしれないが、イスラム世界における奴隷の立場は、われわれがイメージする奴隷とはかなり異なっている。イスラム法において、奴隷は一定の権利を保障されていたし、なにより正室の子も奴隷の子も、等しい権利を持っていた。また奴隷は親族による後ろ盾を持たないことから、国政に介入する外戚の存在を排除できるという利点があった。そのため、奴隷が母であるということは、オスマン王家にとってなんら瑕疵のない、むしろ有利なことであった。

メフメトの実母であったヒュマーが、どのような人物であったかはほとんどわかっていない。やや後代の史料には、フランス人、あるいはイタリア人だったという記述もある――のちにオスマン帝国とフランスが同盟を結び、フランスに交易特権(カピチュレーション)が与えられたのは、オスマン王家にフランス人の血が混じっていたからであるともいわれた。しかしこの説には根拠がなく、無責任な噂以上のものではなかったようだ。

オスマン帝国の旧都ブルサにある彼女の墓が1449年に建てられていることから、彼女はメフメトの本格的な即位を待つことなく早世したらしい。メフメトが義母マラと親しくしていたのは、実母を早く亡くしたことも理由のひとつであったかもしれない。

さて、幼いメフメトは、教師の言うことを聞かない、わがままな王子であったようだ。父王ムラトが任じた教師たちは、メフメトの癇癪に手を焼き、次々と辞任していった。

そのメフメトを変えたのが、当代一流のイスラム学者、アフメト・ギュラーニーである。ブルサのイスラム学院で教鞭をとっていたギュラーニーは、厳しい態度で王子に接した。ムラト二世から与えられた杖を手にして、ギュラーニーはメフメトに言ったという――「従わなければ、父王が与えたこの杖で殿下を打ち据えますぞ」と。厳格なギュラーニーを師父としたメフメトは、ムスリムの君主としてふさわしい教養を身に着けていった。

メフメトは即位後、かつての師を宰相に任じようとしたが、ギュラーニーは「軍人・政治家として陛下に仕えている者が宰相になるべきであり、私が宰相に就くのは秩序を乱すものです」と、それを固辞した。代わりにギュラーニーは、イスラム学者として高位の法官職を歴任し、メフメトの治世を支えた。

またメフメトは、イスラム的な学問だけを学んでいたわけではない。メフメトは、トルコ語のみならず、ギリシャ語やセルビア語も流暢に話したという。メフメトがヨーロッパの言語や文物に興味を示したのには、前述の義母マラが与えた影響は大きかったであろう。

元キリスト教徒の奴隷(カプクル)を組織


こうして成長したメフメトは、1443年、マニサの太守に任じられる。この時代の王子たちは、長じたのちは宮廷を離れ、地方の太守の職に就くのが慣習であった。任地では、王子は「ミニ宮廷」とでもいうべき組織をつくり、統治の経験を積むのである。
王子メフメトの側近には、ザガノス・パシャを筆頭として、身分的には奴隷の、元キリスト教徒の改宗者が集っていた。こうした奴隷身分の臣下を総称して、「カプクル(王の奴隷)」と呼ぶ。これまでのオスマン帝国の重臣たちは、大宰相チャンダルル・ハリル・パシャに代表される、自由人ムスリムの名士たちが占めていた。しかし、メフメト二世の時代以降、君主により忠実な臣下として、急速にカプクルたちが台頭してくるのである。

ところでメフメトには、腹違いの兄がいた。名をアラエッティンといい、アマスヤの太守を務めていた。父王ムラト二世は、アラエッティンを王位継承者として見込んでいたというが、そのアラエッティンが、ふたりの息子とともに殺害されるという凶事が起こる。下手人は彼の側近のひとりであった。王位継承のライバルである弟王子メフメトの教唆によるものだという説もあるが、これは単なる憶測にすぎない。

最愛の王子の死を悲嘆したムラト二世は、1444年、王位をメフメトに譲り隠遁する。オスマン帝国史上、例をみない生前退位である。ムラトは退位にあたり、周辺諸国との和平を結ぶなど周到な準備をしていた。しかし、わずか12歳で即位したメフメトの最初の即位は、長くは続かなかった。ムラトの退位を好機とみて、和平を破ったハンガリーやワラキアの侵攻や、王としてメフメトを役者不足とみたイェニチェリ軍団の騒擾をへて、1446年にムラトが復位することとなる。

玉座を降りたメフメトは、ふたたびマニサにもどり太守を務める。父王の訃報が届いたのは、その五年後であった。1451年、ムラト二世の死去にともなって帝都イスタンブルに戻り二度目の即位を果たしたメフメトは、まず、彼の即位直前に生まれていた、まだ乳児であった弟アフメトを処刑させた。王位継承争いの芽を摘む「兄弟殺し」の法は、こののち150年間、オスマン帝国王家の習わしとなる。
 

(続く)
 

<~もっと知りたい方へ~ 読書案内>

メフメト二世の伝記については、日本語でつぎの本が刊行されています。やや古いですが、詳細で魅力的なエピソードを豊富に含んでいます。

アンドレ・クロー、岩永博(他訳)『メフメト二世――トルコの征服王』法政大学出版局、1998年

英語では新旧ふたつの伝記をご紹介します。どちらも注が十分でないのは残念ですが、詳細で読みやすい良書です。

Franz Babinger, Ralph Manheim (trans.), Mehmed the Conqueror and His Time, Princeton University Press, 1992 (reprint).

John Freely, The Grand Turk: Sultan Mehmet II: Conqueror of Constantinople, Master of an Empire and Lord of Two Seas, I.B. Tauris, 2009.

 

ひとりひとりは短いですが、簡にして要をえた、そして歴史上の偉人たちの「悪」の側面に焦点を当てた伝記集。専門の執筆者が最新の研究を踏まえて書いており、一般書ながら信頼性の高い記述が魅力です。オスマン帝国関係では、「メフメット二世」「スレイマン一世」「マフムート二世」(以上、鈴木董)、「セリム一世」(齋藤久美子)、「ムスタファ・ケマル」(粕谷元)が収録されています。

 鈴木董(編)『悪の歴史 西洋編 上・中東編』清水書院、2017年

 

コンスタンティノポリスの征服については、古典的なランシマンの著作と、ビザンツ帝国側から詳細に説明したハリスの著作があります。

ランシマン、護雅夫(訳)『コンスタンティノープル陥落す』みすず書房、1983年

ジョナサン・ハリス、井上浩一(訳)『ビザンツ帝国の最期』白水社、2013年

 

フィクションでは、紹介するまでもないほど有名ですが、塩野七生さんの小説をお勧めします。

塩野七生『コンスタンティノープルの陥落』新潮文庫、1991年

 

最後に、メフメト二世と同時代のヨーロッパを舞台にしたコミックもご紹介します。どちらもまだメフメト二世は出てきていませんが(続く刊での登場が期待されます)、素晴らしい絵で時代の雰囲気が良くわかります。

大窪晶与『ヴラド・ドラクラ』(1)(2)〔以下続刊〕、ハルタコミックス、2018-19年

日之下あかめ『エーゲ海を渡る花たち』(1)〔以下続刊〕、メテオCOMICS、2019年

小笠原弘幸『オスマン帝国-繁栄と衰亡の600年史』

オスマン帝国は1299年頃、イスラム世界の辺境であるアナトリア北西部に誕生した。アジア・アフリカ・ヨーロッパの三大陸に跨がる広大な版図を築くまでに発展し、イスラムの盟主として君臨した帝国は、多民族・多宗教の共生を実現させ、1922年まで命脈を保った。王朝の黎明期から、玉座を巡る王子達の争い、ヨーロッパへの進撃、近代化の苦闘、そして滅亡へと至る600年を描き、空前の大帝国の内幕に迫る。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

オスマン帝国英傑列伝

バックナンバー

小笠原弘幸

1974年北海道生まれ.九州大学准教授.2005年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学.東京大学博士(文学).
著書に『オスマン帝国-繁栄と衰亡の600年史』 (中公新書)など。 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP