1. Home
  2. 社会・教養
  3. ハイスペック女子のため息
  4. 精子バンクをめぐる、女と男と子どもの言い...

ハイスペック女子のため息

2019.04.19 更新

精子バンクをめぐる、女と男と子どもの言い分山口真由

1. 慶応大学の精子提供事業が危ぶまれているわけ

例えば、精子が欲しい場合、それも夫とか恋人ではなく、見ず知らずの他人から。不穏な話でもなんでもなくて、不妊って女性の側に原因があることもあれば、男性の側にあることだって当然あるのだから。そのときどうしたらいいのだろう? 

(写真:iStock.com/Elen11)

日本の精子ドナーは、慶応大学病院が一手に引き受けてきた。歴史は古い。1948年ころから慶応大学医学部の安藤畫一教授のグループが、学部の男性学生をドナーとする精子提供を実施してきた。慶応大学の医学部ですよ。私大の最高峰ですよ。文句の言いようもない。

ところが、今、この精子提供が危機に瀕している。慶応大学病院が同意書に一文を加えたのだ。2017年6月に、将来的に精子ドナーの個人情報をレシピエントに開示する可能性がありますと明示した。病院としては匿名を守る考えは変わらないと記していたにもかかわらず、11月には新たな精子ドナーを確保できなくなり、翌年8月に新規の依頼の受入れを停止した。そして、いまや事業の継続が危ぶまれてる。精子ドナーっていうのは、そんなに個人情報を開示されたくないものなんですね。

2. 医学部のイケメンは精子ドナーの最有力候補

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連書籍

山口真由『東大首席・ハーバード卒NY州弁護士が実践! 誰でもできる〈完全独学〉勉強術』(SBクリエイティブ刊)

桁違いの実績を実現したものこそ、「教科書を7回読む」という著者ならではの方法論。実際、塾に通ったり家庭教師についたりしたことは過去一度もなく、1冊の教科書にこだわり7回読み抜いてきたのです。そのシンプルにして合理的、かつ安上がりな独学法のすべてを惜しみなく公開。

関連キーワード

関連書籍

永田夏来/pha/藤沢数希/山口真由/酒井順子『「結婚・妊娠・出産」って最後の宗教みたい』

「子どもを持って初めて成長できる」。 印籠のようなこのセリフを否定するつもりはありませんが、でも、誰もが当たり前のように結婚して、子どもを産む時代は終わりに近づいているように思います。 それでも、非婚も子ナシもまだまだマイナーな選択なのでしょう。 王道のライフコースを選ぶ人生と選ばない人生。 そこにうずまく不安、安堵、諦念、自由……。 気鋭の学者、作家たちが、「結婚」と「出産」にまつわる社会の本音をあぶりだします。

{ この記事をシェアする }

ハイスペック女子のため息

バックナンバー

山口真由

1983年、札幌市生まれ。東京大学法学部3年生時に司法試験、4年生時に国家公務員1種に合格。全科目「優」の成績で2006年に首席で卒業。財務官僚、弁護士を経て、ハーバード大学ロースクールに留学。2017年にニューヨーク州弁護士登録。 『エリートの仕事は「小手先の技術」でできている。』(KADOKAWA/中経出版)、『いいエリート、わるいエリート』(新潮社)、『ハーバードで喝采された日本の強み』(扶桑社)など著書多数。『東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』(PHP研究所)の文庫版も出版された。 山口真由オフィシャルブログはこちら

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP