1. Home
  2. 社会・教養
  3. いま気になること
  4. 歴史となった「少女マンガの革命」 ~竹宮...

いま気になること

2019.03.26 更新 ツイート

歴史となった「少女マンガの革命」 ~竹宮惠子カレイドスコープ展へ行って中川右介

3月9日土曜日の午後、川崎市市民ミュージアムへ行った。「竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary」が開かれており、この日は竹宮惠子のトークイベントがあったのだ。

この展覧会は、タイトルの通り、竹宮惠子の画業50周年を記念してのもので、2017年10月の北九州市漫画ミュージアムを皮切りに、三沢市寺山修司記念館、徳島県立文学書道館、新潟市マンガ・アニメ情報館と開催されてきた。川崎の後、京都国際マンガミュージアムで4月27日から9月8日まで開催される。

 

竹宮惠子が「画業50周年」と知って、クラクラする。「花の24年組」も、もう70代になろうとしているのか。

竹宮惠子作品を初めて読んだのは、高校時代の1976年、いまはない「月刊マンガ少年」という月刊誌に連載されたSFマンガ『地球(テラ)へ…』だった。この雑誌は76年8月に9月号で創刊され、目玉は手塚治虫の『火の鳥』だった。創刊間もない77年1月号(76年12月発売)から『地球へ…』が連載されたのだ。

 

『地球へ…』より「星のうまれるところ」 (C)竹宮惠子

竹宮惠子作品を読むのはこれが初めてだった。その前に読んでいた少女マンガは、萩尾望都の『ポーの一族』、池田理代子の『ベルサイユのばら』くらいだった。

『地球へ…』の連載開始から半年以上が過ぎた77年秋から、「週刊少年チャンピオン」で光瀬龍のSF小説『百億の昼と千億の夜』が、萩尾望都によってマンガ化された。

1977年は、竹宮惠子と萩尾望都の2人が相次いで、「少年誌」に「SFマンガ」を連載した画期的な年だった。SFを描いたこともさることながら、「女性マンガ家が少年誌に連載する」ことが、画期的だったのだ。

この2人にそれが可能だったのは、SFというジャンルであることと、絵柄が手塚治虫系だったからだろう。2人とも、手塚マンガを読んでマンガ家になろうとした、手塚チルドレンである。だから、私のような高校生男子でも、ストーリー的にも絵的にも、違和感なく、『地球へ…』や『百億の昼と千億の夜』を読めたのだ。

以後この2人は、私にとって、新刊をチェックする対象の作家となった。

だから『風と木の詩』のことも知っていたが、読んだのは、80年代後半、20代の終わりだった。SF以外には手が出なかったし、少年としては、少年愛には興味がなかった。

「革命」でなければならなかった世代

川崎市市民ミュージアムでの竹宮惠子のトークイベントでは、90分のなかで、生い立ちから最近の仕事までが語られた。

話された内容の大半は、竹宮の自伝的エッセイである『少年の名はジルベール』(小学館)や、この展覧会の図録も兼ねている『竹宮惠子 カレイドスコープ』(新潮社)にもあるが、とくに印象に残ったのは「革命」という単語だ。

『少年の名はジルベール』にも「少女マンガに革命を起こす」という強い意思があったことが繰り返し記されていたが、トークイベントでも、「革命」という単語が繰り返された。

この「革命」とは、単に「少年愛」とか「同性愛」「児童虐待」を1970年代に描いたことを言うのではない。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

いま気になること

各界の最前線でアンテナを張り、独自の視点で切り込んで新たな形で発信する仕事師たちに聞く「いま気になること」。胎動する“何か”が見つかる!

バックナンバー

中川右介

1960年生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。出版社IPCの編集長として写真集を中心に美術書を編集、ソ連の出版社とも提携した。後、出版社アルファベータを設立し、代表取締役編集長に(2014年まで)。ドイツ、アメリカ等の出版社と提携し、音楽家や文学者の評伝や写真集を編集・出版。クラシック音楽、歌舞伎、映画、歌謡曲、マンガなどの分野で旺盛な執筆活動を続ける。おもな著書に『十一代目團十郎と六代目歌右衛門』『坂東玉三郎』『カラヤンとフルトヴェングラー』(以上、幻冬舎新書)、『手塚治虫とトキワ荘』(集英社)、『サブカル勃興史』(角川新書)、『1968年』(朝日新書)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP