1. Home
  2. 社会・教養
  3. ハイスペック女子のため息
  4. “浅はかな理解”にかみつく快感、楽しむ快...

ハイスペック女子のため息

2019.02.26 更新

“浅はかな理解”にかみつく快感、楽しむ快感山口真由

(写真:iStock.com/SvetaZi)

花田優一のブログが好きだ。あの浅すぎる「センスのよさ」がすばらしい。「お、と、な」というタイトルのもとに書かれた回では、「暇な大人たちに惑わされるな!!!!」と「少年たち」に呼びかけた。果たして、少年たちの何人がこのブログを読んでいるのだろう。雑誌記者とか、私とかじゃん、読者層。その前の「pierrot」には自作の画を載せてらっしゃる。この人の画、私は上手だと思っているのだけれど、妹によると「既視感がある」そう。

夜中に更新されるブログは酔っぱらってらっしゃるのでしょう。そう、信じたい。素面だとは思いたくない。そして、圧倒的な自撮りの数々。自己肯定感と自己愛の強さは素晴らしい。小室圭氏以来、私のレーダーにはじめて引っかかった大物である。

こういう貴重な人材を、世間はいじめすぎないほうがいい。だって、基本的にみんな彼のこと大好きじゃない? SNSの仕組みに卓越した知人は「SNSを長く見てもらうためにいくつもの研究がなされたけど、簡単よ。人は好きなものか嫌いなものしか見ないの」といっていた。好きでも嫌いでもいいのです。人の感情のひだに引っかかるのは、間違いなく一つの才能でしょう。

彼の浅さがいろんな意味で心地よいのには理由がある。とりわけ最近は「浅はかな理解」が深刻な攻撃を呼ぶ社会になっているからだ。

1. 海外で、“こんまりメソッドを批判してはならない理由”がすごいことになっていた

『人生がときめく片づけの魔法』を書いたこんまりさんは、Netflixで新しい番組をはじめたらしい。アメリカ人のお宅を訪れてお片づけを手伝う内容とのこと。大人気の反面、批判もある。英語を話さないこんまりさんについて「超大国アメリカが衰えた」と嘆いたアメリカ人作家バーバラ・エーレンライクさんのツィッターが批判された。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP