酒井順子(さかい・じゅんこ)

1966年東京生まれ。高校在学中より雑誌にコラムを執筆。立教大学社会学部卒業後、広告代理店に就職。その後執筆業に専念。『負け犬の遠吠え』で第4回婦人公論文芸賞と第20回講談社エッセイ賞をダブル受賞。その他著書に『下に見る人』『裏が、幸せ。』『中年だって生きている』『おばあさんの魂』『芸と能』(清水ミチコ氏との共著)など多数。最新刊は『子の無い人生』。

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる