足立紳(あだち・しん)

1972年生まれ、鳥取県出身。日本映画学校卒業後、相米慎二監督に師事。助監督、演劇活動をへてシナリオを書き始め、第1回松田優作賞受賞作「百円の恋」が2014年映画化される。同作にて、第17回シナリオ作家協会「菊島隆三賞」 、第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。ほかに第38回創作テレビドラマ大賞、第4回市川森一賞受賞作品「佐知とマユ」、「お盆の弟」(2015年劇場公開)などがある。「百円の恋」と「お盆の弟」で第37回ヨコハマ映画祭脚本賞を受賞。

記事一覧

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる