田口壮(たぐち・そう)

オリックス・バファローズ

1969年生まれ、兵庫県西宮市出身。関西学院大時代に通算123安打のリーグ記録を樹立。この記録は現在でも破られていない。91年、ドラフト1位でオリックス・ブルーウェーブに入団し、95年、96年のリーグ連覇(96年は日本一)に貢献した。ゴールデン・グラブ賞5度、ベストナイン1度を獲得。2002年FA宣言でメジャーリーグ、セントルイス・カージナルスに入団。6年間在籍したのち、フィラデルフィア・フィリーズ、シカゴ・カブスでプレーした。メジャー通算8年間で、ワールドシリーズに3度出場し、06年(セントルイス)、08年(フィラデルフィア)にはワールドチャンピオンに輝く。10年、日本球界に復帰後、肩の手術を経て12年に引退を表明。NHKの野球解説者として3年間を過ごしたのち、16年から古巣オリックス・バファローズで二軍監督を務めている。現在日経新聞電子版にて「2軍監督 田口壮!」、ほぼ日刊イトイ新聞にて「はじめての二軍監督」を連載中。著書に『何苦楚日記』(主婦と生活社)、『タグバナ。』(世界文化社)、『脇役力』(PHP新書)、『野球と余談とベースボール』(マイナビ新書)、『田口壮の少年野球コーチング』(学研パブリッシング)がある。趣味は料理と釣り。

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる