森下えみこ(もりした・えみこ)

マンガ家

静岡県生まれ。第4回コミックエッセイプチ大賞でデビュー。
著書に、30代・独身・彼氏なし・・・という日常を描いた『独りでできるもん(全3巻)』『本日も独りでできるもん』『あせるのはやめました。』、女社会のあれこれを赤裸々に描き出した 『女どうしだもの(全3巻)』、お弁当女子の日常を描いた『今日も朝からたまご焼き』、その他に、『森下えみこの 私の敬語正しいと思ったいたけれど。』『まんぷく名古屋』(共著)(すべてKADOKAWA メディアファクトリー)などがある。

著者HP<森下えみこの部屋>
http://emiko.petit.cc/

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる