小和田哲男(おわだ・てつお)

1944年、静岡市に生まれる。72年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。静岡大学名誉教授、文学博士。公益財団法人日本城郭協会理事長。専門は日本中世史。特に戦国時代史研究において、主著『後北条氏研究』『近江浅井氏の研究』のほか、『小和田哲男著作集』などの研究書の刊行で、第一人者として知られている。またNHK大河ドラマでは、「秀吉」(1996年)、「功名が辻」(2006年)、「天地人」(2009年)、「江~姫たちの戦国~」(2011年)、「軍師官兵衛」(2014年)、「おんな城主 直虎」(2017年)で時代考証を担当している。他の著書に、『戦国武将の実力―111人の通信簿』(中央公論新社)、『戦国の合戦』『戦国の城』(ともに学習研究社)、『知識ゼロからの日本の城入門』『知識ゼロからの戦国武将入門』(ともに幻冬舎)など多数。

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる