フランク・レーヴェカンプ(Frank・Rövekamp)

1963年生まれ。ルートヴィヒスハーフェン経済大学教授、同東アジアセンター所長。90年ケルン大学卒業後、自動車部品メーカーに勤務。98年ケルン大学経済学博士を取得後、化学メーカー勤務を経て2009年から現職。専門は財政学、金融システム、比較政治学。2015年、菅直人著『東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと』(幻冬舎新書)のドイツ語翻訳を手がけた。

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる