毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

この俺もようやく本気になれるぜ、ビジネス書

この俺もようやく本気になれるぜ、ビジネス書
コグマ部長

まだ肌寒かったのは覚えている。四ツ谷駅近くの土手に適当な場所を見つけ、ブルーシートを広げると新入社員のコグマは先輩たちが来るのを待っていた。周りでは近所の上智大のラクロスだかなん…

2016.04.02

「おい、ゼロックス取ってくれ」「やっぱり『君がいるだけで』っていい歌だよな」、○○君のポケベル鳴らしてくれ」「タクシー(会社)がつながらないから、裏番(号)にかけたよ」……。

2016.03.02

コグマのような都会で働くビジネスマンは移動や通勤の時間も無駄にしない。簡単な内容のメールだったら出先でもスマホで返信。スケジュールで今日の予定を確認したら、タスク管理アプリでTO…

2016.02.03

忘年会は2次会まできっちり付き合うのがコグマのモットー。今夜はカラオケボックスにいる。部下A「コグマ部長、いつもの入れてくださいよ~」コグマ「いやいや、若い人で歌えよ」部下B「い…

2015.12.31

早朝のスターバックス。コーヒーの香りが鼻腔をくすぐる。いつものシートに腰を下ろす。タブレットを立ち上げて英字サイトにざっと目を通すと、グランデサイズのカフェミストを一口飲む。アラ…

2015.12.02

サラリーマンをしていると、誰でも怖い思いをしたことがあるはずだ。「上司や取引先に怒られる」といったリアルに怖い話や、「絶対に遅れてはいけない会合に遅れる」「間違えてはいけない先方…

2015.11.05

タクシーが止まったのは静かな路地の突き当たりにある小料理屋の前。運転手に「お釣は取っておいて」と言ったあとで、緊張ぎみの部下たちに「おう、ここはオレの店だ。今日は好きなだけ飲んで…

2015.10.02

寡黙な男にずっと憧れてきた。口数が少なくて、たまに発する言葉は的を射ていて、ふと見せる笑顔がチャーミングで……、そんな高倉健みたいな男になりたかった。だが、実際のコグマはまったく…

2015.09.02

「人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた」のは敬愛するみうらじゅんさんの名言。コグマは、「人生の3分の2はモテたいと考えてきた」。みうらさんの「いやらしい」のもコグマの「モテ…

2015.08.02

会議がだいぶ長引いているなぁ。結論が出ないまま話があっち行ってこっち行っている状態だ。うなずく振りをしながら周囲を見回すと、みんなもうんざりしているようだ。スマホで何かやっている…

2015.07.02

某高級ホテルの最上階のバー。目の前には社員数一万人を超えるウチの会社の中でも屈指と言われる美人秘書嬢。シャンパングラスごしにほのかにピンク色をした頬が映る。頭の中ではさっきからあ…

2015.06.02

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!