毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

天皇陛下料理番の和のレシピ

天皇陛下料理番の和のレシピ
谷部 金次郎

 

天皇家の普段のお食事は、贅を尽くしたごちそうではなく、野菜中心のバランスのとれた献立でした。

天皇陛下の長寿と健康を26年間支えた料理人が、宮内庁大膳課で培われた料理のコツと“こころ”とともに、97の和のレシピをご紹介する書籍『天皇陛下料理番の和のレシピ』。この書籍の内容をダイジェスト版でお届けします。

皆さんに是非ともお伝えしたいのが、料理のこころです。大膳課で大切にされていた嗜みをお話ししましょう。一つは「一物全体食」という考えで、食べ物全体を食べることです。野菜は葉も根も実…

2015.05.24

四半世紀あまり大膳課に勤めた私ですが、普段は陛下に直接お目にかかってお話しする機会などまずありません。ですから、お言葉を直接かけていただいた、たった一度のあの時のことは、生涯忘れ…

2015.05.17

天皇皇后両陛下のお食事の時間は、朝食は午前8時半、昼食は正午、夕食は午後6時と決まっていました。私たち大膳の仕事は、朝7時半の出勤から始まります。和食の第一係は、前述の通り早くて…

2015.05.10

宮内庁大膳課とは、天皇陛下や皇族方の日常のお食事や、宮中行事の際に饗宴、茶会などの料理を作る部署で、いわば「天皇家の台所」です。 私が勤め始めたのは1964年、17歳の時のことで…

2015.05.03

天皇家の普段のお食事は、贅を尽くしたごちそうではなく、野菜中心のバランスのとれた献立でした。天皇陛下の長寿と健康を26年間支えた料理人が、宮内庁大膳課で培われた料理のコツと“ここ…

2015.04.26

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
  • 専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!