毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

わたしが挫折したときのこと

わたしが挫折したときのこと

大企業からベンチャー企業へ。そこで人生最大の暗黒期を過ごしたコンサルタントの坂口孝則氏。しかし、それはビジネスとは何か? を深く知る機会でもありました。そして、そこから脱すること…

2016.12.24

本業は調達のコンサルタント。その傍ら、ビジネス書の執筆、講演、テレビの出演と多忙を極める坂口孝則氏。彼の人生最大の挫折は、30代のはじめ、大企業を離れたことの端を発します。

2016.12.17

「人生に挫折はありません」と朗らかに語る中山七里さんが、自分自身をモチーフにして書いた最新刊『作家刑事毒島』。第一線で活躍し続ける秘訣は、誰にも真似できないような特殊な作家生活に…

2016.10.10

「さよならドビュッシー」シリーズをはじめ数々のヒット作を出し、“どんでん返しの名手”と呼ばれる中山七里さん。忙しい会社員生活を送りながらも、48歳の時に文壇デビューを果たすと、た…

2016.10.03

アドラー心理学を早くから選択し、その研究に没頭していたわけではなかった岸見さん。アドラーと出会ってからも、普通の人からすると「挫折かもしれないこと」は続きます。その経験からも多く…

2016.08.04

ベストセラー『嫌われる勇気』とその続編『幸せになる勇気』(岸見一郎、古賀史健著,ダイヤモンド社刊)で、日本であまり馴染みのなかった「アドラー心理学」に脚光を浴びせた哲学者の岸見一…

2016.07.28

—―自分の生き方を肯定するために、自分と違う生き方の人を「挫折」とみなす手段をどう思われますか?酒井 見下すのも、見下されて自虐するのも、一種の娯楽ですよね。

2016.06.02

—―酒井さんは、プロフィールだけを拝見するととても順調で、挫折知らずに見えますが、実際のところはどうなのでしょうか。酒井 たしかに、自慢できるような挫折はなくて、“プチ挫折”くら…

2016.05.26

名監督の堂々たる話しぶりに圧倒されてしまった前回。 教えた結果をすぐに求めてはいけない、ということは肝に銘じるとして、結局、教える側の“挫折”とは何なのでしょうか? 結果に結びつ…

2016.04.14

自身の猛烈な勉強と信念のもと、選手の夜遊びや飲酒を禁止し、自然食を取り入れるといった〈管理野球〉で、ヤクルト、西武の監督時代に日本シリーズで優勝。セ・パ両リーグで日本一を達成した…

2016.04.07

泥酔事件をきっかけとして自分に素直になった結果、180度のイメージチェンジによって、バラエティ番組の常連として復活するまでになった元サッカー日本代表の前園真聖さん。いわば、挫折に…

2016.03.20

メディアでのサッカー解説、子どもたちへのサッカー指導に力を注いできた元サッカー日本代表の前園真聖さん。最近では、2年前に起こした事件を経て、スポーツと直接関わりのないバラエティ番…

2016.03.16

そもそも「生物」にとって挫折とは何なのでしょうか? ご専門の生物学の立場から、「死」や「進化」についてお話をうかがいます。

2016.02.29

「科学界のインディ・ジョーンズ」こと長沼毅先生。挫折などとは無縁に、学者人生をたくましく切り開いてきた……イメージがありますが、じつはここまでの人生、決して順風満帆ではなかったよ…

2016.02.22

「週刊文春」初の女性版「週刊文春 Woman」の編集長は入社16年目の井﨑彩さん(40)。赤裸々エピソードから、女性へのエールまで、編集者魂ですべて語ってくれました。

2016.02.18

「日本の大人は勉強していない」とライフネット生命・出口治明会長。では、どうすればいいのか。その鍵は、「数字・ファクト・ロジック」で考える“算数の視点”にあるようです。

2016.02.01

“ネット生保”という新たな地平を切り拓くライフネット生命。この新進気鋭のベンチャーを還暦というタイミングで開業し、現在も会長として会社を牽引する出口治明さん。多数の著書があり、メ…

2016.01.25

めくるめくような恋愛小説もお書きになる山口さん自身の恋愛はというと……高校の先輩に15年も片想いし続けた後に、お見合いを繰り返すこと43回! いまだ独身を貫く山口さんは「小説と結…

2016.01.17

学生時代から漫画家を志すも断念。就職した会社が倒産し、派遣として働きながら脚本家を目指すも、これも叶わず。「食堂のおばちゃん」をしながら書いた小説『月下上海』が松本清張賞を受賞し…

2015.12.20

探検に出かけていない時には、一児の父として穏やかな家庭生活を送っている角幡さん。子どもが生まれたことで登山に行く回数が減ったことを挫折と語りつつも、子どもの存在を契機に発見した新…

2015.12.11

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!