毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

歌のち歌、ときどき旅

歌のち歌、ときどき旅
歌う旅人・香川 裕光

自宅まで買ったものを配達してくれる、生協のお兄さん。香川さんは20代の頃に、生協のお兄さんをしていたそうです。自宅まで週1で訪れる「生協さん」は、町の顔だったのでしょうね――。何…

2016.10.21

母校。せつないような、懐かしいような、思い出したくないような、恥ずかしいような、そんな響きがします。母校の体育館でライブをやってほしいと依頼があった香川さん。今の自分を、10代の…

2016.10.14

ライブツアーのため、車を運転して、日本中を巡る日々。今回は、海岸で夕日をバックに、海の家のテラスで歌えるという。がしかし、会場に着くなり、準備もそこそこに、バナナボートに乗せられ…

2016.10.01

広島カープ優勝しましたね。25年ぶり。どれだけ嬉しいことでしょう。おめでとうございます!カープファンの感動と喜びは、広島にいなくても、伝わってきます。さて、広島出身のミュージシャ…

2016.09.17

「温泉」と聞いて思い描くのは、だいたいが温泉宿の温泉でしょうか。では「海中温泉」と言われたら、どんな光景を思い浮かべますか?屋久島には、潮が満ちているときは海に沈んでいるが、引く…

2016.09.10

東日本大震災があったのは、ついこの間のように思えるが、もうどんどん時は過ぎている。言葉にできないような経験をした地元の人たちが、大人が、子供たちが、どんなふうに暮らしているのか。…

2016.09.03

「京都」といえば、世界中の憧れの都。でも、香川さんにとっての京都は、どうってことないカフェだったりバーだったり。そんな「ふつーの場所」にこそ、感動が生まれたり、人とのつながりがで…

2016.08.27

メダルを獲った人の笑顔は、言葉にしたらもったいないくらい、とにかく輝いている。オリンピックに出てメダルを獲ることは、ほとんどの人には夢のまた夢だけど、自分だけの「夢」を持ったって…

2016.08.19

お盆です。帰る“田舎”があるというのは、羨ましいものです。なんといっても、香川さんの「故郷」は、延々と田んぼが広がり、蝉がミンミン鳴く、数年前まで携帯もスマホも使えなかったという…

2016.08.12

あの大きな大きな楽器、コントラバスをこよなく愛する知り合いのミュージシャンは、女の人を愛撫するようにその音を奏で、原付バイクを停めるようにコンビニの前に置き去りにする。そんな“愛…

2016.08.05

東京は大都会。ものすごく大勢の人がいますが、もちろん、ほとんどの方が地方から来ています。しかし、大人たるもの、都会なんかに怖気づいていてはいけないのです。そうして選んだ、香川さん…

2016.07.29

夏です。夏と言えばフェスの季節です。ロックンローラーに憧れる、シャツのボタンは第二ボタンまできっちり締めるミュージシャンの香川さんは、ある田舎のフェスに誘われました。そこで、設営…

2016.07.22

沖縄・宮古島の旅。海はきれいだし、食べものは美味しい。お酒も美味しい。これぞ楽園。ところが、ふと思い出しました。ここにはライブするために来ていたことを! 島唄酒場で楽しく飲んでい…

2016.07.15

宮古島で、ソーキそばの美味しさを知りました!ジューシーな三枚肉の乗ったソーキそばに、薫り豊かな島豆腐。あの美味しい香りが漂ってきそうな、今回のエッセイ。お腹が空いてる人は、ぐーと…

2016.07.08

何もかもが美しい宮古島。歌はさておき、バカンス気分100%です。今日は何をして遊ぼうか。宿の庭で、「チキン」という名の犬と戯れながら、次なる計画を立てます。果てしなく青く美しい海…

2016.07.01

梅雨が明ければ、もう夏はすぐそこ! 行きたいなー。沖縄の白い砂浜! 青い海! ライブツアーのために、沖縄の宮古島まで出かけた香川さんは、美しい大自然のロマンに呑みこまれる――。大…

2016.06.24

旅先では、いろんな出会い、いろんな出来事があります。香川さんがコスメのお店でライブをさせてもらったときに、お礼として美顔エステをしていただいたとか。似合わぬ高級美顔エステを受けた…

2016.06.17

誰もが、一度は使ったことがあるんじゃないでしょうか。青春18きっぷ。これは、18歳以上になっても使えます(笑)。香川さんが、鈍行列車を乗り継いで、3日もかけて広島から仙台まで出か…

2016.06.10

東京で出会った美人が、新潟県村上市に住んでいると聞いて、村上市に行こう!と決めた、香川さん。さて、そこで、驚くべきミュージシャンに出会うのです。

2016.06.03

香川さんがなぜモンゴルへ旅だったか? それは、360度いっぱいの星空が見るため。ついに、その目的を果たす時が――。まさかの爆笑アリ、人との触れ合いに胸があったか~くなる、モンゴル…

2016.05.27

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • シリーズ累計13万部のベストセラーの第二弾!
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 不確かな未来と冒険の物語を、その情熱で捕まえて、前へ進め!!
  • 「もう、冒険者やめたほうがいいんじゃないですか?」
  • ワケあり男女がシェアハウスに!
  • 人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。
映画『彼女がその名を知らない鳥たち』ジャパンプレミアに3名様をご招待
裏切り、襲撃、誘拐と、手に負えない困難ばかり……。ドキドキ青春サスペンス
清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方
全商品ポイント50%還元中<電本フェス>
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!