毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

<気持ちのいいことが、好き。> 植島啓司×湯山玲子対談

<気持ちのいいことが、好き。> 植島啓司×湯山玲子対談
植島 啓司,湯山 玲子

性的な適齢期が20歳ずれてきた 植島 最近、若い女の子よりも30代から40代の女性のほうが魅力的になってきてると思う。AKBみたいなのはあるけれど、あれはイロモノだから。普通に女…

2014.02.08

私の恋愛は性欲だった!植島 湯山さん、年齢的に性のピークの40代を過ぎたとはいえ、いまはそういうような欲望とか、感じることはないんですか。

2014.02.06

男であることの喜びって何? 植島 ぼくには、いま風俗的に言われてるようなセックスレスも草食男子も、みんな女性化社会に向かっている一里塚のような気がするんですよね。男性って面白いこ…

2014.01.29

教養のないセックスはつまらない植島 『快楽上等!』の中で、IT企業とかに勤めている情報優先の男性たちは、圧倒的に文化的な教養が足りないって書いてましたね。

2014.01.19

あまりに官能的だった次郎の寿司植島 湯山さんとは今日はじめてお会いするのですが、これまでお互いに会わなかったことが不思議なぐらいですよね。湯山 共通の知り合いが多いですよね。植島…

2014.01.14

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!