毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

ソーシャルメディア中毒 つながりに溺れる人たち

ソーシャルメディア中毒 つながりに溺れる人たち
高橋 暁子

全国でネット依存の可能性がある人は421万人、中高生は10人に一人といわれています。ミクシィの誕生から10年。SNSはコミュニケーションインフラと化した一方で、若者を中心に問題が後を絶ちません。なぜ事件は頻発するのか、なぜ依存してしまうのか。その危険性と不自由さを暴くと共に、SNSを避けて通れない現状とどう付き合っていくべきかを、元教員のITジャーナリストが独自の観点で解き明かす『ソーシャルメディア中毒』。その一部をダイジェスト版でお届けします。(全5回)

ツイッターにすべてを書き込む女子大生がいる。 彼女のアカウントを見ていれば、それこそ何時の何両目の電車で学校に向かい、誰とどんなメニューのランチを食べて、どの教室で何の講義を受け…

2015.04.04

成城墨岡クリニック院長墨岡孝氏によると、ネット依存は次の4種類に分けられる。・オンラインゲーム依存・コンテンツ接触型依存・ギャンブル参加型アプリ依存・きずな依存(ソーシャルメディ…

2015.03.28

フェイスブックの創始者マーク・ザッカーバーグは、『マーク・ザッカーバーグ 史上最速の仕事術』(桑原 晃弥著/SBクリエイティブ)の中で「人間とは、本能的につながりたい生き物なので…

2015.03.21

元々SNSは、人間関係を可視化するサービスとして誕生した。 つながりが見えるため、相手との意外な共通の友人や意外な共通点が分かったり、会いたかった人に会ったり、趣味や興味関心など…

2015.03.18

「こちゃ」「ぐるちゃ」「スタ爆」「スタ連」「ブロック大会」「ペア画」「既読スルー」「未読無視」「ふぁぼ」「りつい」……。 皆さんは、ここに出てきた言葉をいくつご存じだろうか。すべ…

2015.03.14

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!