毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

サイレント・ブレス

サイレント・ブレス

この夏、父を亡くした。暑い日が続き食欲が落ちてきたからと、実家近くの病院へ点滴をしに行ったのが7月4日。「念のため」と受けた血液検査で腫瘍マーカーの異常値が見つかり、そのまま入院…

2016.09.17

本書では終末ケアのための在宅医療だけでなく、病院からの束縛を逃れ、自分らしく生きたいと願う患者たちへのサポートの様子も描かれる。死ぬか死なないかより、もっとよく生きるためにはどう…

2016.09.13

生とは何か。死とは何か。答えの出ない問いを繰り返す私にとって、本書『サイレント・ブレス』は一つの灯りのような一冊だった。

2016.09.11

医師が主人公、医療がテーマという小説は数多くあります。 命を救いたいと奮闘する医師と、もっと生きたいと願う患者たち。読み手は彼らに思いを馳せ、ある人は希望を抱き、またある人は喪失…

2016.09.08

いつか巡りくる死をどんなものにしたいか、どんな姿が理想なのか――。この小説が、読者の皆さんが心の準備を始める小さなきっかけになればと願っています。

2016.09.06

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!