毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

インカメ越しのネット世界

インカメ越しのネット世界
自撮り女子・りょかち

某IT企業で働きながら、自撮ラー(自撮り女子)としてネットで人気急上昇中の「りょかち」が真面目にネット世界について語ります!

SNSが広がり、個人がソーシャル上でも情報の集合体となったときから、「ブランディング」という言葉は、個人が持ちうる言葉となった。はあちゅうさんが『自分の強みをつくる』『半径5メー…

2017.05.17

MixChannelをはじめとして、中高生の間でスマホでの動画作成が流行していると聞いて、動画を作成してみることにしたことがあった。しかし、実際に作ってみるとわかるが、このスマホ…

2017.02.28

「カワイイ」は女の必殺技だ。だからソレには飛距離がある。私は男女問わないドルヲタで、幅広くアイドルをYouTubeで見ては幸せな気分になるのが作業中の癒しのひとときだが、アイドル…

2017.01.31

若い子のTwitterの使い方を見ていて、大人たちがよく驚いていることがある。それは、「アカウントの数」だ。

2017.01.18

私の妄想のひとつに、「もし現実世界にドラえもんが生まれたら、それは広告媒体としてなのではないか」というのがある。ドラえもんは未来のロボットだ。そして、のび太くんの一番の理解者で、…

2016.12.28

私の大好きな友達の一人に、スケッチブックで会話する子がいる。ちなみに彼女は日本人。いつもスケッチブックをカバンに忍ばせていて、最初は口頭で会話していても、「うーん、ちょっと待って…

2016.12.14

24歳、バリバリ働く女子が集まる食事会で必ず挙がる話題がある。それは「結婚」だ。大人気漫画「東京タラレバ娘」はアラサーの恋愛がテーマになっている漫画だが、この漫画の影響力は、同じ…

2016.11.28

いまや、SNSのタイムラインを見れば、可愛い女の子たちが犬やら猫やらに変身して手を振りながら微笑んでくれる動画で溢れている。自撮り文化はこの2年間、少しずつ進化しながら、"新しい…

2016.11.14

最近、何でも価値が透けすぎてて、つまらない。デートで連れて行くお店の話題で「そこは『食べログ3.0だからダメだよ』」というセリフを聞く。先輩が持っているリュックは、アマゾンレビュ…

2016.10.31

私にとって自撮りは、「アバター遊び」だといつも言っている。ゲームなどで最初に設定する、自分を表すキャラクターである「アバター」。自分に似ているけれど、自分じゃない。自分の理想を着…

2016.10.24

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 「日本3.0」時代を生き抜くための必読書
  • からだを若く保つ、整体の知恵
  • 10分以内で作れて、洗い物も少なめ、一皿で食べられるヘルシーレシピ集
神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!