毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

リンカーンの医者の犬

リンカーンの医者の犬
上原 隆

心にグッとくるエピソードを求めて、東へ西へ南へ北へと歩き続けて靴底を減らす上原隆さんの新連載始動!

 

今回が最終回です。いままで読んでいただいて本当にありがとうございました。この連載は、タイトル変更のうえ、4月(予定)に幻冬舎文庫として出版されます。

2005.01.15

男が入ってきた時、近所のおじさんがのぞきに来たのかなと思った。白のカッターシャツにグレーのズボン、それにサンダルをつっかけてという格好だったからだ。

2004.12.01

社長、クーラーつけっぱなしで帰ったなと思ったら、靴があったんです。マンションだから靴脱ぐんです。なんだ来てんのか、じゃあ、コーヒー飲みに行ったのかなと思ってはいったら、首を……

2004.11.01

「そのスカーフきれいですね」橋本一樹(56歳)がいう。彼としては意を決していってみたのだ。少し顔が赤くなる。「そうですか」高田康子(55歳)は首に巻いたスカーフを手で整えると、「…

2004.10.01

「ふーっ」山野妙子(34歳)は台所で洗い物が終わった時に思わずため息をついた。 ドン! テレビゲームをしていた夫の照夫(31歳)がそばにあったゴミ箱を蹴飛ばしたのだ。〈しまった〉…

2004.09.01

遺伝子や生育史の中に自分をダメにする要素があり、それが自分の中でうごめいていると感じる時、どうやって自分を保ったら良いのだろう。

2004.08.01

地下鉄麹町駅で待ち合わせをしている。大学4年生の片岡睦子の就職活動に付き添う約束をしたのだ。メールのやりとりだけなので、まだ本人に会ったことはない。 6月15日、午前9時45分。…

2004.07.01

1メートルほどの高さのビンの中に太いひものようにコブラが浮かんでいる。となりのビンにはハブ、そのとなりはマムシ。黒田救命堂「へびや」。吉田勇也と山下光喜はウィンドウをのぞいている…

2004.06.01

拙著『上野千鶴子なんかこわくない』を読んだという人からメールが届いた。この本は私が夫婦生活の悩みを正直に書いたものだ。メールを送ってきたのは31歳の女性で、夫との関係で悩んでいた…

2004.05.01

3年前に引っ越した。知り合いのYさん(女性)が結婚するので誰かに自分のマンションを売りたいと思っているという話を彼女の友人のSさん(女性)が私に知らせてくれた。一度見に行って気に…

2004.04.01

「兄はここに倒れてたんです」山田光男(28歳)は両手で部屋の隅を示す。「頭がこっちですか?」私がきく。「ええ、警察が現場検証をして、凍死だといいました。寒くても起きないくらいだか…

2004.03.01

〈あっ、またきた〉と思った。 このひと月あまり、北山さなえ(33歳)を襲ってくるものがある。それは突然にやってくる。ひと仕事終わってパソコンの前に座っている時、台所で洗い物をして…

2004.02.01

数年前のこと。恋人が私の家に泊まり、翌日の朝早く、近所の寺町を散歩した。空は晴れわたり、小鳥のさえずりがきこえていた。歩いている人はあまりいない。と、いきなり彼女は私の手を取り、…

2004.01.15

7年前に「容貌」という文章を書いた。それは顔が美しくないから、15年間も男性と2人で話したことがないし、母親からは「美容整形に行く?」といわれるし、一生ひとりで生きていくと決意し…

2003.12.01

さきほどからずっと、小津安二郎の映画の中にいるような感じがしている。 相手の女性の話し方が小津映画に出てくる女性たちの言葉づかいに似ているからだ。小津映画のセリフは、シナリオライ…

2003.11.01

新幹線で京都に向かっている。 ギタリスト小柴康夫(53歳)について知りたいと思ったからだ。『40's「普通」が見えてくる日記マガジン』(四谷ラウンド刊)という雑誌に小柴の日記がの…

2003.10.01

「社長は、驚くべきことに一円も稼ぐ気がない人なんですよ」浅利ゆう子がいう。25歳の浅利は四谷ラウンドという出版社の中で一番若い社員だ。彼女は社長の田中清行(46歳)を尊敬している…

2003.09.01

塚本の彼女「ねえ、だれ? この人たち」塚本「ディービーフォー」健吾・隼人・功司・正平「ディー・ビー・フォー?」塚本の彼女「ものまねの?」隼人「それはビージーフォーです」塚本「童貞…

2003.08.01

「私が入会した時は、新日本文学会の会館って新宿にあったの。新宿にあったっていったって、いまの会員の方は、ああそうかってなもんですよね。当然だよ。人間、経験したことのないことという…

2003.07.01

数年前に見たテレビのドキュメンタリー番組が印象に残っている。経営者が投げ出した会社を、従業員が自分たちで管理するという内容だった。 その後、あの人たちはうまくやっているのだろうか…

2003.06.01

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!