毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

幻冬舎plus+編集部便り

幻冬舎plus+編集部便り

新しい年度のスタートにあたり、あなたの勇気ある選択をそっと後押しする電子書籍をご案内します。

2017.03.15

仕事をしている人だったら、テレビでウェブで電車で街頭で、「AI」の2文字を見ない日はないのでは? AI時代に必要な能力は「STEM」(Science, Technology, E…

2017.03.12

好きな作品、面白かった作品に出会うと、人と語り合いたくなるものです。なのに、自分の気持ちにぴったりの言葉がうまく出てこないときはないでしょうか。そういうときこそ、読書の達人たちの…

2017.03.11

言葉をうまく使う、写真をキレイに撮る、SNS時代にはそんな技術やセンスが大事です。でもそれは、「いいね!」やフォロワーを増やすためだけにがんばって身につけているのでしょうか?

2017.03.09

先日、携帯電話をなくしてしまいました。なくしたことに気づいたのはとあるライブが終わってすぐのこと。ポケットやカバンの中はもちろん、ライブハウスの客席やトイレなど、置き忘れたり落と…

2017.03.06

老いも若きも、その年齢なりに悩み、苦しむ性の問題。しかし、最近話題になるのは、恋人のいない男女の増加、非婚、絶食化、セックスレス……と消極的なものばかり。今回は、そんな社会の傾向…

2017.03.04

小さい頃、女ではなく男の子に生まれたかった、と思ったことがある女性はどれくらいいるのでしょうか。私はそのタイプでしたが、大人になって変わりました。女って楽しいです。女同士の会話も…

2017.03.02

元気になりたい、と思ったとき、あなたは何をしますか? 美味しいものを食べにいく、映画をみる、旅に出る…etc。楽しいことはいろいろあっても、言葉の力は大きい気がします。先日、私は…

2017.02.28

頭がよくなった、とか、仕事の技術が上がった、などは自分ではわかりづらいもの。その点、体の変化は自分がいちばんよくわかります。そして、年の節目に思うのは、「痩せよう」「運動しよう」…

2017.02.26

清く正しく恋をして、結婚できれば万々歳ですが、現実はそう簡単にいきません。魅力的に見えてしまうのは、既婚者の実力のある男だったり、モテる男だったり……。

2017.02.24

電子オリジナル書籍のレーベル“幻冬舎plus+(げんとうしゃぷらすぷらす)”。2月24日(金)に新たに2作品が刊行されます。

2017.02.23

電子オリジナル書籍のレーベル“幻冬舎plus+(げんとうしゃぷらすぷらす)”。1月27日(金)に新たに2作品が刊行されました。

2017.01.27

週末断食や断食道場など、いつのまにか一般にも普及しはじめた断食。実際、カラダはどんなふうに変化を遂げるのでしょうか? 

2017.01.04

週末断食や断食道場など、いつのまにか一般にも普及しはじめた断食。実際、カラダはどんなふうに変化を遂げるのでしょうか?

2016.12.29

電子オリジナル書籍のレーベル“幻冬舎plus+(げんとうしゃぷらすぷらす)”。12月23日(金)に新たに6作品が刊行されました。

2016.12.27

電子オリジナル書籍のレーベル“幻冬舎plus+(げんとうしゃぷらすぷらす)”。10月28日(金)に新たに3作品が刊行されました。

2016.11.25

現在、放送中の『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』(テレビ東京 毎週土曜日深夜0時20分~)、NHK土曜時代劇『忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~』(毎週土曜日18:10~)、映画『グッ…

2016.10.31

欲しいモノがなくなっている時代。そのなかで潤っているビジネスは何か? 人はどこにお金を落としているのか? 坂口孝則さんは、この問いを電子書籍『日本人はこれから何にお金を落とすのか…

2016.10.31

はあちゅう 今回あおいさんとは初めましてなので、お聞きしたいことがたくさんあるんです。まずあおいさんって、どうして「DJ」なんですか? 「女子高生あおい」でも「長老あおい」でも、…

2016.10.30

10月28日に発売された電子書籍『言葉で心をつかむ。私たちが考えていること、続けていること。 』が発売になりました。

2016.10.28

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!