毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

男という名の絶望

男という名の絶望
奥田 祥子

奥田祥子さんが描いた現実を「明日はわが身」と思えない鈍感な人が、「中国・北朝鮮が攻めてきたどうしよう」と心配するアンバランスさとは……。

2016.08.09

「現代の男性の生きづらさは、もはや病(やまい)だ」というジャーナリスト奥田祥子さんの指摘を、和田秀樹さんは精神科医としてどう見るのでしょうか? 

2016.08.02

社会や他者からの〝落伍者〟としてのラベリング、さらに社会的孤立に苛まれた男たちの中には、うつ病を中心とする心の「病」に陥っていた者が少なくなかった。

2016.06.20

経済協力開発機構(OECD)が2005年にまとめた調査報告書“WOMEN AND MEN IN OECD COUNTRIES”の項目“Social isolation”によると、…

2016.06.13

わが子との関係に思い悩むのは、現に家族の一員として存在する父親だけではない。妻の一方的な離婚の申し出によって親権も息子に会う権利も奪われ、血のつながった父親として自責の念を深めな…

2016.05.10

就職難ばかりか、結婚難も乗り切って家族を持ち、母親からはてっきり自立したつもりでいた既婚男性も、自立できないまま、母親に世話をしてもらう暮らしを当然のように送ってきた独身男性も、…

2016.05.03

“婚外恋愛”に夢中になる女性たちへの取材を契機に、何としても、そんな妻に対して何も「できない」男たちの心理と環境的要因に迫りたいと思った。だが、言葉は悪いが、「やっている」妻は、…

2016.04.26

会社ではリストラに脅え、家庭では「夫」として妻との関係に疲弊し、「父」としての居場所を失う。そして、「息子」として母親の呪縛にも苦しめられる……。「仕事」という大事なファクターに…

2016.04.19

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!