毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

男という名の絶望

男という名の絶望
奥田 祥子

奥田祥子さんが描いた現実を「明日はわが身」と思えない鈍感な人が、「中国・北朝鮮が攻めてきたどうしよう」と心配するアンバランスさとは……。

2016.08.09

「現代の男性の生きづらさは、もはや病(やまい)だ」というジャーナリスト奥田祥子さんの指摘を、和田秀樹さんは精神科医としてどう見るのでしょうか? 

2016.08.02

社会や他者からの〝落伍者〟としてのラベリング、さらに社会的孤立に苛まれた男たちの中には、うつ病を中心とする心の「病」に陥っていた者が少なくなかった。

2016.06.20

経済協力開発機構(OECD)が2005年にまとめた調査報告書“WOMEN AND MEN IN OECD COUNTRIES”の項目“Social isolation”によると、…

2016.06.13

わが子との関係に思い悩むのは、現に家族の一員として存在する父親だけではない。妻の一方的な離婚の申し出によって親権も息子に会う権利も奪われ、血のつながった父親として自責の念を深めな…

2016.05.10

就職難ばかりか、結婚難も乗り切って家族を持ち、母親からはてっきり自立したつもりでいた既婚男性も、自立できないまま、母親に世話をしてもらう暮らしを当然のように送ってきた独身男性も、…

2016.05.03

“婚外恋愛”に夢中になる女性たちへの取材を契機に、何としても、そんな妻に対して何も「できない」男たちの心理と環境的要因に迫りたいと思った。だが、言葉は悪いが、「やっている」妻は、…

2016.04.26

会社ではリストラに脅え、家庭では「夫」として妻との関係に疲弊し、「父」としての居場所を失う。そして、「息子」として母親の呪縛にも苦しめられる……。「仕事」という大事なファクターに…

2016.04.19

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!