毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

オクテ女子のための恋愛基礎講座

オクテ女子のための恋愛基礎講座
アルテイシア

ズボラが美人に変身するテクニック 「毎日メイクや髪に時間をかけるなんて面倒くさくて気絶しそう」という気持ち、よくわかりますよ。私もメイク記事を読むと「こんな細かいことできるか!」…

2016.03.09

子どもの頃や思春期は「顔面偏差値」で美醜を判断されるため、コンプレックスをこじらせる女子は多いもの。私も「自分みたいなブスは一生恋愛も結婚もできないのでは」とたいそう怯えていまし…

2016.03.05

女子校にもいろいろありますが、私はプロテスタント系の私立の女子校で中高時代を送りました。良妻賢母教育とは真逆の「女性も働いて社会に貢献しよう」的な教育方針で、校則もほとんどない自…

2016.03.02

オクテ女子には女子校マインドをもつ人が多いもの。女子校マインドとは「男にモテるより女に受ける方が嬉しい!」「女同士の方が楽だし楽しい!」「男受けとか意味わかんない、私は私だし!」…

2016.02.27

ブストークが悪いわけではありません。ただトークは場に合わせて使い分けるべき。たとえば「肌のたるみで万有引力を実感するよね!」「わかる~!」みたいな加齢ネタは女(またはオカマ)相手…

2016.02.24

3つめのカギは「単独行動」。口説かれる女子はバーでよく1人飲みとかしています。バーには女と話したい、女を口説きたい男性客が一定数いるため、練習場所にはもってこい。モテ系のコスプレ…

2016.02.20

3つめのカギは「単独行動」。口説かれる女子はバーでよく1人飲みとかしています。バーには女と話したい、女を口説きたい男性客が一定数いるため、練習場所にはもってこい。モテ系のコスプレ…

2016.02.17

異性に口説かれる人と口説かれない人の一番の違い。それは「心の準備」があるかないか。自信のない女子は男から食事に誘われると「単にご飯を食べるだけ」と考えます。一方、自信のある女子は…

2016.02.13

草食系男子が増えつつある今、美人で性格が良くても、受け身だと彼氏が出来ない! そんな風に嘆いてらっしゃる皆さんに朗報です。2月9日に発売になった『オクテ女子のための恋愛基礎講座』…

2016.02.09

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 「日本3.0」時代を生き抜くための必読書
  • からだを若く保つ、整体の知恵
  • 10分以内で作れて、洗い物も少なめ、一皿で食べられるヘルシーレシピ集
神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!