毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

日本の軍歌 国民的音楽の歴史

日本の軍歌 国民的音楽の歴史
辻田 真佐憲

軍歌は戦時中の生活に根差した大衆の娯楽であった。「音楽は軍需品なり」。一人歩きしたこと言葉の通り、音楽業界は総力戦体制に飲み込まれていく。1940年代、「軍歌大国」は引き返せない…

2015.09.02

一九四一(昭和十六)年一月、東条英機陸軍大臣から「戦陣訓」が示達された。「生きて虜囚の辱めを受けず」という一節が、のちの玉砕や自決の原因になったと批判されるあの訓令である。

2015.08.23

軍歌とは、軍部が上から押しつけたおそろしい音楽だと思っている人がいるかもしれません。しかし、実は、軍歌は、日本史上、最も国民の心を掴んだ音楽だったのです。国民にとっては生活に根差…

2015.08.13

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!