毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

マインドフルネスな日々

マインドフルネスな日々
小池 龍之介

数年前にお風呂を改造して、薪で焚くようになったのですが、風呂焚きをしていてある日ふっと、煩悩に気づきました。

2016.04.18

パターン化している口癖の話をしてまいりましたところ、知り合いの編集者のかたが、こんな話を聞かせてくださいました。

2016.04.03

私自身、日頃から、あらかじめ用意していたようなテンプレート的な決めゼリフを、極力、口にしないように気をつけています。ですが……。

2016.03.18

「携帯電話」や「スマートフォン」といったキーワードを目にしたり耳にしたりするたびに、かなりの確率でスマートフォン批判を展開する友人がいます。それが口癖と化しているということは、何…

2016.03.03

私たち人間の心の中には、もともと根深く、劣等感が巣喰っています。とりわけ今は、将来への永続的安心感を持ちにくい社会や政治経済状態であるだけになおさら、「自分はオーケーだ」とのんび…

2016.02.18

「あの店、私たちのこと観光客と思ってたよねー、ムカツク」「ほんとだよ! こっちはどう見ても地元民なのに、見る目ないよね」どうして観光客と間違われるのがそんなに嫌なのでしょう。

2016.02.03

「いやー、本当はやりたくないんだけど、みんながどうしてもって言うものだから、引き受けることにしたんですよ」―この手の発言は、言っている当人としては、「本当はしたくないのにやってあ…

2016.01.18

ええ、みんなみんな、無自覚なままに、自慢したくてたまらないのです。ですから、すれ違ってしまう。

2016.01.03

私たち人間って生き物の行動をよくよく観察してみますと、実はたいていのふるまいや言動は、「いかに自分が素晴らしいか」だったり、「いかに自分が良いことをしているか」などを確かめて、優…

2015.12.18

自分から自慢はしないにしても、他人が自慢話を始めると、へたに自分も同じ分野にこだわりがあったりしようものなら、ついつい対抗意識がわいてきてしまうのが、私たちの基本性質です……。

2015.12.03

最近になって、お寺に修行僧が誕生することになりまして、日々の日課の中に、彼の瞑想状況を報告してもらい指導するという役割が増えました。特定個人をこうして密接に指導するのは久しぶりの…

2015.11.18

常の瞑想において、「呼吸に集中しよう」「身体に集中しよう」と、無意識レベルで集中を「得たい」と欲求しているせいで、多くの人は緊張し力んでしまうもの。そのせいで呼吸も身体もありのま…

2015.11.03

私のところに瞑想を習いに来ている生徒さんが、合宿に参加して集中的に何日間も取り組んでいますと、ほぼ必ず陥ってしまう「罠」があります。

2015.10.18

今回は、私たちを翻弄する痛みや痒みや空腹感といった身体感覚も、「のび太化する」ことによってその支配力を失効させられるさまを、見てみたいと思います。

2015.10.03

本格的に己に対してマインドフルであろうとすると、気づかされるハメになるのです。――いかに己の心が、刻一刻と煩悩を生み出し続けることしか、していないのかを。

2015.09.18

今の世の中では、各種のSNSが、もはや流行というよりは当然の定番として誰もがやるものであるかのように、なりましたね(なってしまった、と申すべきかもしれません……)。

2015.09.03

ママ友同士で交換する名刺に、夫の勤務先のことまで記しているかたがいる、と、ある編集者から教えてもらいました。そこにも、真実の動機と、建て前上の格好をつけた理由のギャップが読み取れ…

2015.08.18

この連載におきましては、私たちが自分に被せている「良い人そうな私」のイメージを剥いで、裏の現実を暴くようなことをしてまいります。「私は人のためを思って」などと、日頃から現実をごま…

2015.08.03

瞑想中にかぎったことでなく、平素の生活においても、自らの内面についてマインドフルに気づきを向けている習慣をつけておきますと、良い意味で自分の思いを裏切るような、おのれの本心が見え…

2015.07.18

私が開いている「坐禅セッション」という瞑想教室に初めて訪れ、マインドフルネスのお稽古を始めた生徒さんたちは、しばしばひどく苛々(いらいら)することになりがちです。 あれー? おか…

2015.07.03

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!