毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

京都のぜいたく、小さな暮らし

京都のぜいたく、小さな暮らし
永松 仁美

京都祇園生まれ、祇園育ちの著者が見つめる、古都に息づく暮らし、装い、美味、心とは。そして「上質」とは、何なのか?
日々の幸せは、毎日の生活を整えることから。本当にいいものを長く大切に暮らすために必要なことを、丁寧にひもとく。

プチプライスのものが溢れる私たちの生活は、確かに便利です。壊れたら捨てればいい、なんてのは当たり前で、「飽きたら捨てればいい」と思ってしまいがち…。でも、ものを大事に使わないそん…

2016.11.06

出汁(だし)――。日本での食事には必須といっていい、大切なもの。しかし、現代社会で生活する我々は、ついつい「だしのもと」などの便利調味料で、手を抜いてしまいがち。しかし、出汁は毎…

2016.09.21

季節を感じる生活を、なんて、言葉にするのは簡単だけど、実行するのは難しい。旬をいただくことが、いちばんの贅沢になってたりする。京都のすごいところは、あんな“都”なのに、川も山もす…

2016.09.07

自分の生活空間に、木のものはたくさんある。テーブルや椅子、本棚……。多くの場合、「無垢材」であるかどうかより、デザインや値段で選んでしまいがち。そこをあえて「素材」にこだわるのが…

2016.09.04

今や、多くの人にとって、LINEにFacebookにと、SNSは生活の一部。だって、便利ですから!でも、便利じゃないところにある「小さな幸せ」を、京都の人は知っているのです。それ…

2016.08.31

あらゆるものがどんどん現代化していく中で、古き良き姿を残している京都。小さな島国にある小さな都が、世界中から憧れを集めている理由は、この街の持つ”雅な贅沢さ”にあります。そんな京…

2016.08.28

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!