毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

巨人への遺言

巨人への遺言

もともと素直な工藤は「分かりました。そうします」といっていたが、工藤が監督として真価を問われるのは2年目だ。球団が豊富な資金力を生かして有効な補強を続け、王や秋山が鍛え上げたV2…

2016.03.19

ヤクルトの優勝には、さまざまな記録と話題がついている。真中満が監督就任1年目の快挙だったこと。ホームラン王・山田哲人、首位打者・川端慎吾、打点王・畠山和洋が史上初の同一チーム打撃…

2016.03.17

 1993年(平成5年)に長嶋茂雄が2度目の巨人監督になったとき、私は「いつまでも君が監督を続けるわけではないのだから、在任中に次の監督を育てておけよ。次期監督は、サードで4番と…

2016.03.15

 日本ハム・大谷翔平投手の進化が止まらない。21歳で3年目を迎えた大谷は15勝5敗、勝率・750、防御率2・24の3タイトルを獲得して2015年のシーズンを終わった。

2016.03.12

再びの賭博問題で激震が続く野球界、清原覚せい剤使用、原・巨人の敗因、高橋新監督の課題……巨人復活、野球界生き残りの道は、いったいどこにあるのか?

2016.03.09

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!