毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

ミサキア記のコソダテ記

ミサキア記のコソダテ記

NEW

ベビーバス。いつごろまで使ってましたか?育児関連のサイトなんかを見て見ると、ベビーバスでの沐浴は一か月頃まで。遅くとも三か月頃で、ベビーバスの使用をやめるって家庭が多いみたいだ。…

2017.03.30

「心理テストを出してもいいですか?」まだ結婚前の付き合っている頃、まだ妻ちゃんではない妻ちゃん(以後、ビフォアー妻ちゃん)が、ドライブ中に心理テストを出題してきた。そうそう、あの…

2017.03.23

「んあーーーーっ。うんぶーーーーーっ!」おもちゃが詰まった棚の前にお座りしたノホホンが、「もう、このおもちゃ飽きたのっ!」って不満げな声を出す。

2017.03.16

オーボールって知ってますか?ポリウレタン製の網目状のボールで、中味がすかすかだから重くもなくって赤ちゃんでも握りやすいし、あたってもケガをしない。普通のボールだったら、赤ちゃんに…

2017.03.09

夫さんも妻ちゃんも、それほどこだわりのある人生を送ってこなかった。例えば夫さんは、今までの人生で、ただの一度も、テレビ番組を録画したことがない。はまって毎週観ていた番組があって、…

2017.03.02

夫さんはノホホンと一緒に、朝夕二回、必ず散歩に出かける。朝は七時から三十分間だ。「さあ、ノホホン、散歩に出かけるよー」その日は、朝から横殴りの雨が降りしきっていた。だけど、どんな…

2017.02.23

おじさんってのは、どんなに若ぶっても、言葉のはしばしに、年寄り臭さがにじみ出るもんなんだ。夫さんが若い頃なんかも、ハンガーを「えもんかけ」と呼んだり、タートルネックを「トックリの…

2017.02.16

ロディ。知ってるよね? イタリア製の、空気を入れて膨らませるカラフルな馬の玩具だ。ビビッドカラーでオシャレだし、子どもが乗って遊ぶのに最適ってことで、誕生祝いの定番グッズになって…

2017.02.09

誕生から一か月ほど経った頃、ノホホンは、夜中にパッチリとおめめを開けて眠らない「夜の女」になって妻ちゃんを困らせていた。夫さんが、金八先生のように「このばかちんがぁ!」と叱りつけ…

2017.02.02

夫さんは、職業柄、常に座り仕事なので、仕事が立て込んで運動ができなくなると、途端に腰に不具合が生じる。まだ、「ぎっくり腰」的なものになったことはないが、常にその予兆は感じているの…

2017.01.26

同じマンションの六階に、小学生になったばかりのお姉ちゃんがいる。弟クンはノホホンと同じ病院で、ノホホンよりも半年ほど早く産まれた。将来はノホホンの同級生になる予定だ。

2017.01.19

ノホホンとパパとのお散歩は、まだまだ続く。お散歩の間じゅう、ノホホンは常に、「おばあちゃんシフト」で前向き抱っこされているので、当然のことながら、おばあちゃんに発見されやすい。

2017.01.12

犬って、お散歩が大好きなんだってね。いつも散歩に連れてってくれるご主人様が散歩用の上着を着ただけで、「お散歩だ!」って大喜びして、部屋中を走り回って飛び跳ねるワンちゃんもいるらし…

2017.01.05

「お前、将来、何人になりたいんだ?」ってのは、サンドウイッチマンの定番ネタだが、親として、生まれてきた赤ちゃんが、将来どんな職業につくかってことに、興味がない人はいないだろう。も…

2016.12.29

夫さんと妻ちゃんは、いろんなところで正反対だ。たとえば夫さんは、「暑がりで、ご飯派で、寝つきがすごく悪い」んだけど、妻ちゃんは、「寒がりで、パン派で、寝つきがすごくいい」。そんな…

2016.12.22

ノホホンの両足を「むんず!」とつかむ。思いっきりガニ股にさせたのち、夫さんは顔を近づける。そうして、ノホホンの足の裏を、夫さんの頬っぺたに激しく打ち付ける。 ノホホンの側からすれ…

2016.12.15

仕事場にしているレンタルオフィスで、仕事をするふりをしつつぼーっとしていると、妻ちゃんからメールが届いた。――ノホホンが39度の熱を出したので、すぐに病院に行きます――「すわ! …

2016.12.08

ノホホンは愛想がいい。道端で出会った通りすがりのおばあちゃんにすら、にたーって笑って愛想よく振る舞うんだ。夫さんは、ノホホンを抱っこして散歩していて、ノホホンを構ってくれそうなお…

2016.12.01

「この注射の跡、なかなか無くならないねー」 ノホホンが生まれたばっかりの頃の話だ。 ノホホンの手の甲のところにある、青いあざみたいになってる注射跡が、全然消えないんだ。

2016.11.24

相変わらず、外を歩いていると「おばあちゃんホイホイ」状態のノホホンは、いたるところでおばあちゃんの視線を絡め取る。小型ブラックホールにでもなったみたいに、おばあちゃんを片っ端から…

2016.11.17

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!